旅行鞄にクリスティ

海外旅行とアガサ・クリスティのブログ 最近はマイリトルボックスレビュー・コスメ・ファッションに侵食されぎみ

Top Page > タグ: 名探偵ポワロ

29

2017

オリエント急行でティータイムしてきました@箱根ラリック美術館LE TRAIN(ル・トラン)

いつかオリエント急行にのって旅がしたい、というのは多くのアガサ・クリスティファンの夢見ることでありましょう。本物のオリエント急行は残念ながら運行を終えてしまったようですが、その復元バージョンでいいので、それに乗ってヨーロッパを横断したい…。しかししかしそこは「レールの宮殿」「列車の貴婦人」と称された豪華寝台列車、お値段もそりゃもう豪華なもので夢のまた夢。宿泊なんて贅沢なことは言わないから、ほんのち...

27

2017

富士屋ホテルとオリエント急行でタイムトラベルしてきました【アンティークで大正浪漫な箱根旅行記】

インスタの方ではちょくちょく上げていましたが、5月に両親と箱根旅行に行ってきました。久しぶりの親子旅行、両親ももう年なのでホテルで休む時間を多めに取り、観光地をいろいろ回るよりも、ホテル自体が楽しめるような雰囲気のある良いホテルでのんびりしよう…ということで、まず登録有形文化財で日本のクラシックホテルの代表の一つ、箱根・宮ノ下の富士屋ホテルに泊まることから決定。今回はエースJTBを使用宿が決まったら申...

14

2017

【ドラマ】名探偵ポワロ『三幕の殺人』 ―舞台的演出が良い

『三幕の殺人』原作は主要登場人物が受け付けずずっと苦手で、最近はわりとそこまで嫌ではないもののいまだに苦手意識の残る作品。なのでドラマはどうかな~と心配して見ましたが、これはドラマの方が好き。あらすじはNHKオンラインより― ポワロは友人の元俳優サー・チャールズが開いたパーティーに招かれる。そこにはチャールズの親友の精神科医ストレンジなど、さまざまな人が集まっていた。だが、その席上で老牧師がカクテルを...

04

2017

【ドラマ】名探偵ポワロ『第三の女』 ―オースティン・パワーズな孔雀デイビットが見たかった

『第三の女』あ~やっぱりオリヴァ夫人好き。原作でも好きだったオリヴァ夫人のお目覚めシーン、ドラマはセリフはだいぶ変わっていましたが、それでもここの掛け合いは大好きですね。「大丈夫、こういう人なんです」w ちなみに、原作でのオリヴァ夫人の目覚めの第一声は、「孔雀を買いましょう、頭をぶんなぐれ!」です。孔雀というのはデイビットのことも指していて派手な恰好が孔雀に似ているのでオリヴァ夫人が名付けたのです...

18

2017

【ドラマ】名探偵ポワロ『鳩のなかの猫』―鳩のなかの猫が犯人、鳩の中のペンギンはポワロ

『鳩のなかの猫』タイトルの『鳩のなかの猫』は場違いな人間のいることを表す言葉のようです。この猫というのは、名門女子高に紛れ込み女子学生の膝を観察する小太りのおじさんのことですかね? ポワロさん、原作だと緑に光る眼がよく猫のようだと例えられているし…いや、ポワロさんはペンギンか。以前『なぞの盗難事件』 の感想で、ポワロさんってペンギンに似ているという感想を書いたことがあったのを思い出しました。私にもま...

22

2017

【ドラマ】名探偵ポワロ『ひらいたトランプ』―ストッキングのシーンのみを楽しみに見る

『ひらいたトランプ』原作読んだ時、国籍不明で悪魔的容貌に見えるシェイタナというのがどうも想像しにくかったのですが、ドラマはイメージぴったりですね!しかしそれも外見のみで、中身は真逆…?とりあえずあらすじを、NHKオンラインより引用。シェイタナは犯罪芸術を集めているという謎めいた男だった。彼の屋敷で開かれたディナーに、ポワロを含め8人が招待される。食後、2組に分かれてブリッジをすることに。ポワロはミステ...

09

2017

【ドラマ】名探偵ポワロ『青列車の秘密』 ―勢いで乗り切る

『青列車の秘密』土曜の再放送も終わってしまったし、あとは水曜の再放送に間に合う程度にゆっくりと感想を上げていこうと思っていたらあっという間に水曜の再放送に追いつかれてしまったわ。ということで今週の再放送前に慌てて視聴した『青列車の秘密』ですが…ん?これは青列車の秘密か?というほどガラッと大きく変わっています。変わっていないのは犯人と列車の名前と…ぐらいの勢いで改変されており。原作は著名な宝石を巡る殺...

04

2017

【ドラマ】『オリエント急行の殺人』、そしてドラマ「名探偵ポワロ」シリーズ全体の感想

『オリエント急行の殺人』『(オリエント急行殺人事件)さてさて、ドラマ『オリエント急行の殺人』の感想です。『オリエント急行の殺人』は原作も大好きで、しかし原作では一度も泣いたことはないけれども、ドラマはもうこれは見るたびに泣いてしまう。ちょうど本日『カーテン』の再放送をしていますが、『カーテン』の方ではロクな感想を書かなかったので、そちらも含めてドラマ全体的な感想も書いていきたいと思います。なので『...

21

2017

貴婦人のハンカチでアガサ・クリスティごっこを ―近沢レースのレースミニタオルハンカチ

いつかブログにも載せたいと思っていたMy 貴婦人のハンカチ近沢レース、『オリエント急行の殺人』の感想の時にちらっと書いたので、ついでにご紹介。関連エントリー:【本】『オリエント急行の殺人』(アガサ・クリスティ/ポアロ)-探偵側で、犯人側でアガサ・クリスティ作品を読んでいると出てくるのが取り調べを受ける容疑者達の古き良き時代的なアンティークな持ち物の描写で、私はこれを目当てに読んでいると言っても過言では...

12

2017

【ドラマ】名探偵ポワロ『複数の時計』 ―この諜報員なら私でも騙せるかも…!

『複数の時計』つらい。原作のできがあんなんだったものでドラマも恐る恐る見ましたが、やっぱり90分見続けるのが苦痛でした。なので止めては休憩を挟み止めては休憩を挟みで細切れに見ていてあまり筋も把握できてないし、感想もほっぽりだして旅行行ったしでもうよく覚えていないよ…。第11シリーズからは原作が酷い出来の物ばかりなので、ドラマ作る人も大変なんだな、そんな話。冒頭、なんだこのひげもじゃと思ったら、推理小説...

20

2017

【ドラマ】名探偵ポワロ『ハロウィーン・パーティー』-全体的にイメージが違う

『ハロウィーン・パーティー』な~んて美しい庭!あれがドレイク家個人の物とは!しかし原作の、石切り場を自然そのもののように綿密に計算し造り変えた、ニンフや半獣のいそうな美しい隠し庭園というのとはだいぶイメージが違いますね。どちらかというと、その対比として示されていたベルサイユ宮殿系の幾何学的庭園に似ているような。原作と大筋は変わっていませんが、こまごまとした設定・イメージが変っています。そういえば原...

07

2017

【ドラマ】名探偵ポワロ『五匹の子豚』 ―アミアスの絵は映らないの?!

『五匹の子豚』とても大好きな原作のドラマ化は、やはりとても大好きな作品に。ドラマだと最初から人物が映ってしまうので、事件記録という被告・原告といった記号的で無味乾燥な人物像が、関係者の手記を通じてブワッと目の前に広がり十数年前に戻ったかのように生き生きと蘇ってくる原作のような圧倒される感覚はないのですが、でもその代わり、もう戻れない幸せな時代の最後の数日、といった全編に漂うノスタルジックな哀愁はド...

02

2017

【ドラマ】名探偵ポワロ『死との約束』 ―ポワロ物じゃなくてもいいんじゃない…?

『死との約束』冒頭から、えっ?なんで発掘?これ『死との約束』だよね、というかこれ本当に「名探偵ポアロ」だよね?いややっぱりインディージョーンズかハムナプトラか?ん?(どっちも見たことないけど)と言いたくなるぐらいの一大お宝発見スペクタクル感と素晴らしい映像美。どこの発掘映画だよ、これがドラマとは…。もう話は原作と全然違いますね。まずあの一家、父親生きてるし、母親は刑務所看守じゃなくてウォール街の重...

13

2016

【ドラマ】名探偵ポワロ『マギンティ夫人は死んだ』 ―ミス・マープルシリーズみたいな映像

『マギンティ夫人は死んだ』第11シリーズに入り再放送も終わりが段々近づいてきました。ここらでスピードあげて抜けているドラマ感想や「そして誰もいなくなった」の感想をあげたいのですが、なかなか書きたいことが多くそこまで手が回らず。年末年始でちょっとは埋まるかな…。【送料無料】 アンティーク風 ウッデン・トランクボックス 2点セット 【COVE...さて『マギンティ夫人は死んだ』、ドラマでは新聞に載った過去の殺人事件...

04

2016

【ドラマ】名探偵ポワロ『満潮に乗って』 ―ローリーが受け付けない

『満潮に乗って』 ドラマではこの話でやっとジョージが初登場。ジョージは原作ではもっと前から登場しています。ミス・レモンより登場回数は多いか?ちょっとそのへん定かではありませんが。初め原作を読んでいた頃はもっとお年を召した細い(じいやみたいな)執事を想像していたため初めて見た時はそのいかつさに違和感があったけど、もう慣れてきたか。薄手 カシミヤ混 超大判ストール タータンチェック <スチュアートイヴ > ...

23

2016

【ドラマ】名探偵ポワロ『葬儀を終えて』―ワータシハ馬鹿ナオンナー!!!!

『葬儀を終えて』怖い…!!!これはサスペンスですかね?サイコホラーですかね?あんまりに度肝を抜かれたので、最後の種明かしのシーンを何度も巻き戻して英語に替えたり日本語吹き替えにもどしたりして繰り返し見てはまた悶え。もう何回でも見れるわ。とりあえずあらすじはNHKオンラインより引用兄の葬儀の翌日に妹が殺された!相続人たちの隠された秘密とは…?資産家のリチャードが急死する。彼には子どもはなく、お気に入りだ...

04

2016

【ドラマ】名探偵ポワロ『ホロー荘の殺人』 ―皆ちょっとずついい人になってる ※ただしジョンを除く

『ホロー荘の殺人』ヘンリエッタが美人~!!今まで出てきた女優さんの中で1・2を争う美人さんではないだろうか。あんなオーバーオールなんて色気のかけらもない酷い恰好をしているというのに、あの魔性度。ジョンもあんなデレデレ嬉しそうに包帯巻かれて、ほんとはわざと転んだんじゃなかろうな?そんなジョンを演じるのはジョナサン・ケイク、ミス・マープルの「蒼ざめた馬」 に出てた人だ~…なんて見てたら、マープルさん来た...

01

2016

【ドラマ】名探偵ポワロ『ナイルに死す』 : (ジョニデ+スネ夫)÷2+パンチ3回=ティム

『ナイルに死す』これはwww 相当ドタバタ劇になっています。しかし面白い。あれだけの長さの作品をやるとなるとかなり駆け足で、情緒も1/10以下になってしまって様々な思い入れもすっ飛びました。もうね、原作感想で書いたしんみりポイントなんて何一つ出て来やしない!びっくりだよ。ですが、それでも面白かったですね~。原作感想時に書いたように個人的に好きな作品ナンバー1からは落ちたものの、やっぱ『ナイルに死す』の...

08

2016

【ドラマ】名探偵ポワロ『白昼の悪魔』 ― ポワロのスチーム蒸し いら草ジュース添え

『白昼の悪魔』『エッジウェア卿の死』に引き続きまたまたこの話は大好きです。そして先週(メソポタミア殺人事件)に引き続き無理だろシリーズ。こっちはずいぶん力技トリックで。この辺に関する感想は原作感想時に書いていて、ドラマも犯行部分は大体の所原作と変わりないのでこちらでは犯行に関する感想は省きます。☆【あす楽】パイルバスローブタオル地 /男女兼用ナイトウエア/ルームウエア/ガウ...犯行部分は変わらないものの...

05

2016

【ドラマ】名探偵ポワロ『エッジウェア卿の死』 ―私のクラドック警部が…!

『エッジウェア卿の死』のーーーーん!私のクラドック警部が、変態エッジウェア卿だなんて…!あんまりだわモナミ!と衝撃の幕開けだった『エッジウェア卿の死』ですがしかし面白かった!原作の中で一番お気に入りポイントだったジェーン・ウィルキンソンの人物像が全然違うことになっていましたがだがしかし面白かった!ミス・マープル [完全版] DVD-BOX 2 [ ジョーン・ヒクソン ]エッジウェア卿を演じているのは、同じくアガサ・...

30

2016

【ドラマ】名探偵ポワロ『メソポタミア殺人事件』 ―やっぱり無理

『メソポタミア殺人事件』原作は退屈だった印象しかなく、いつものイギリスのお屋敷や重厚な調度品もないしアンティークムードのかけらもなくてつまらんと思っていた話ですが、ドラマになると異国情緒あふれるロケ先に映像を見ているだけでも楽しいですね。中東には行ったことがないので、見ていると行ってみたくなります。しかし夜ごと蚊との死闘を繰り広げ、まとわりつくハエを追い払わなければならないようで。う~ん。あらすじ...

20

2016

【ドラマ】名探偵ポワロ『アクロイド殺人事件』 ―アクロイドさん殺人事件になっておる

『アクロイド殺人事件』※原作を読む前にドラマを見ようとしている人がいたら、先に原作を読むことを強く強くお勧めします。その有名さゆえに、多くの人がどこかでネタバレを食らってしまうミステリーの2トップが『オリエント急行の殺人』と『アクロイド殺し(アクロイド殺人事件)』。この2つを、全くネタバレ食らわず事前情報なく読めたら、宝物の経験になるよね。もしこの『アクロイド殺し』を知らず、ドラマで始めて見るよ、有...