旅行鞄にクリスティ

海外旅行とアガサ・クリスティのブログ 最近はマイリトルボックスレビュー・コスメ・ファッションに侵食されぎみ


ハンズフリーで使える海外対応アレティ モイストヘアケアドライヤーKozou使ってみました

アレティ モイストヘアケアドライヤーKozou(D1621)


「髪のうねり、生え際のくせをとるには、髪の根元をしっかりブローする必要があります。クルクルドライヤーではダメです。ブローブラシにしっかり髪の毛を絡ませてテンションをかけながら、ドライヤーを使って云々」…これは何かの修行ですか?

まず右手にドライヤー持つよね?左手にブラシ、じゃどうやってブラシに髪絡ませるの?前髪とか片手じゃうまく絡ませられないし。温風ゴーゴーいいながらモタモタやってたら、辺りにあるものに温風当たって飛んでったり温まっちゃったりしそうだし。かといって一回一回止めては置いて、髪絡ませて、スイッチ入れてまた止めて…ってやるの?朝の忙しい時間に?

という疑問を美容師さんに投げ掛けては困らせていた不器用&くせ毛の私が、商品コンセプトを読んだ瞬間に飛びついたドライヤーがこれ、アレティ モイストヘアケアドライヤーKozouです。このドライヤー、なんとハンズフリーで使えるのです。これなら、いつも手グシで適当に誤魔化してブローしてた私でも、ブラシが使えるかも…!ということで、Aretiのモニターで使わせてもらうことができました。


Areti(アレティ) モイストヘアケアドライヤーKozouの特徴


Aretiはシンガポールを拠点に30年以上にわたり、ヘアサロンで使用するプロ仕様の理美容機器の開発・生産を行ってきたグローバルメーカー。様々なヘアケア・スキンケア美容家電を取り扱っていますが、今回使ったのはこれ↓

アレティ モイストヘアケアドライヤーKozou(D1621)

アレティ モイストヘアケアドライヤーKozou(D1621) 14,800円

主な特徴は以下の通り

  • ハンズフリーで使える
  • 赤外線LEDとマイナスイオン搭載
  • 6段階の風量調節
  • かさばらないスリムなボディ
  • 海外対応


アレティ モイストヘアケアドライヤーKozou(D1621)

ドライヤーで赤外線LEDというのは初めて聞いたのですが、熱ダメージを軽減し潤いを守りながら、根元からすこやかな髪へ導くとのことです。


様々なモード切替


マイナスイオン・赤外線LED・6段階風速×温冷風の組み合わせで、30通りの風から選べるようになっています。すごい細かい!赤い丸が電源ボタン。温風・送風の切り替え、そしてLED赤外線マイナスイオン切り替えはすべて青い丸いボタンで行います。

アレティモイストヘアケアドライヤーKozou

青丸長押しで送風に。そして青丸の軽押しの回数でモードが切り替わります。今どのモードで乾かしているかは、吹き出し口のランプが点灯で識別できるようになっており。

マイナスイオンON(青ライト)→LED赤外線ON(赤ライト)→マイナスイオンLED赤外線ON(青・赤ライト)→両方OFF

アレティモイストヘアケアドライヤーKozo

LED赤外線とマイナスイオン搭載というのが珍しいし面白いです。ただ、つまみの位置でモード切替をするタイプではなく押した回数でするので、自分が今どのモードで乾かしているのかは吹き出し口の光を見て確認するしかなく、そしてその色がどのモードかを覚えなくてはいけないので、最初はちょっと戸惑います。でもすぐ慣れるし、私は大抵両方ONにしてそんなに切り替えないのでさほど不便はなく。

アレティモイストヘアケアドライヤーKozou

パワーの調節は6段階なので、一般的なドライヤーに比べてかなりきめ細かく調節できます。横に付いているダイヤルで、風速は180w~900wまでそれぞれ温度や風速もことなる6段階に変動。私は普段髪を早く乾かしたいので大きめのパワーの強いドライヤーを愛用しているのですが、これもレベルをマックスにすれば細身の見た目に反してまずまずのパワーが出ます。風量が強いと早く乾くだけでなくて、キューティクルが寝やすいのか髪の手触りがツルッとするよね。

パワー調節が6段階、それとマイナスイオン・赤外線LED、温冷風の組合わせで30通りの風が選べます。どれを選んでいいか迷ってしまいますが、私が気に入っているのはLED赤外線とマイナスイオンに関しては両方onで固定、乾かし始めは風量マックスで使いだし、細かくスタイリングする時に風量を下げていく使い方です。これだとほぼダイヤル調整のみで直観的に操作しやすく、難しいことはありません。


ハンズフリーで使える


そして私がとても楽しみにしていたハンズフリー機能!

アレティ モイストヘアケアドライヤー Kozou

平面にそのまま置いて倒れないので、両手を使ってブローできます!両手なら前髪のように短くブラシに絡ませづらい毛も、しっかり巻き込んで伸ばすことが出来るし、なにより早いです。髪が長くて乾かすのに時間のかかる人は、乾かしている間ドライヤーをずっと手で持っていると重くて疲れてくるし、置いて休んだり何かをしながらついでに髪を乾かす、ということもできる。

アレティ モイストヘアケアドライヤー Kozou

首の角度も、こんな風に好きな具合に調節しておけます。当てる場所を動かしたい時は、ドライヤーではなくて自分が首振って動く感じになるので、乾かしている姿はちょっとシュールですが、そんなものハンズフリーの快適さ・便利さに比べたら小さいもんですよ。

クルクルドライヤーだと前髪にはどうしても大き目だし、プラスチックなのでツルツル滑ってしまって髪をつかみづらく、しっかりテンションかけられないので癖が伸びない。私は特に顔周りの生え際の癖が強めで、ブラシで片手でブローして毎朝なおしすのに苦労しているので、ブラシが簡単に使えるのはすごく良いです!


携帯性&海外対応


もう一つ気に入っている点が、海外対応のドライヤーなこと。100~240Vの自動電圧調整機能付きなので、海外でも変圧器なしでそのまま使えます

ホテルについてるドライヤーだと風量が弱く乾くのが遅いし癖も伸びにくい。変圧器を持って行けばいつものドライヤーも使えますが、海外旅行持ち物リストにも書きましたが実際に変圧器を海外で使おうとするとかなり挙動が不安定で、ものすごく風量が弱くなってしまったりしてあまり使い勝手がよくありません。そして他メーカーから出ている海外対応ドライヤーを私も持っていますが、小さくて風量が弱いものが多く、これだったらホテルについてるものとほとんどかわらない。なのでこの風量で海外対応は素晴らしいですね。

アレティ モイストヘアケアドライヤーKozou(D1621)

細身で比較的場所も取らなないので携帯しやすいし、こんなラバーシリコンマットもついている。

アレティ モイストヘアケアドライヤーKozou(D1621)

このマットは、平置き時に下に敷いて振動軽減にもつかえます。とはいうものの使っていて気になるほどの振動はありませんが、これを敷いておけばちょっと揺れても倒れにくそうではある。


旅行では写真をとる機会が多いので、くせをしっかりブロー出来るというのは嬉しいです。特に前髪・顔周りのはえグセの伸ばし易さといったら!もちろんいろんな人に便利なドライヤーだと思いますが、特に私のような軽いはえグセに悩んでいる人は持っているとすごく助かると思う。



プレミアム美容家電 Areti.【楽天店】
Areti アレティ モイスト ヘアケア ドライヤー Kozou

関連記事

 美顔器・美容家電,