旅行鞄にクリスティ

海外旅行とアガサ・クリスティのブログ 最近はマイリトルボックスレビュー・コスメ・ファッションに侵食されぎみ


伊豆大島サンセットパームラインで快晴サイクリング!【大島椿×島ガールコラボ伊豆大島の旅】

伊豆大島でレンタサイクル


ホテルをチェックアウト後は椿の草木染めをする予定でしたが、残念ながら予約がいっぱい。陶芸なら開いているとのことでしたあが陶芸だったら他の場所でもできるし、せっかくの快晴…ということで―

サイクリング

hey!ママチャリ。サイクリングへGO!


サンセットパームライン


伊豆大島には、サンセットパームラインという海沿いのサイクリングコースがあります。名前からもわかるように夕日の沈む様子が見れる絶景コースですが、昼間の時間帯だって素晴らしい景色。元町港から島の北端の野田浜海水浴場まで、片道で5キロぐらい(?)、潮風と波の音を聞きながら走り抜ける爽快なコースです。

伊豆大島 サンセットパームライン サイクリング

昨日行った「ぶらっとはうす」の方まで行くようで、サイクリングの休憩がてらに大島牛乳を使った作りたてのソフトクリームを食べにぶらっと寄ったりも出来る。トライアスロン大会のコースに利用されている道で、自転車用の道も整備されているためとても走りやすい。だから私たちみたいな素人ママチャリライダーだって平気。


レンタサイクル


とか言いながら、急きょ決めたのでサイクリングコースがどんな感じかも何も知らず、何があってどこまで続いているのかも何もわからないけど、すごく気持ちよさそうだからサイクリングいっちゃえ!というノリで添乗員さんに教えてもらった「らんぶる」というレンタサイクル屋さんへ。もうこの2日目のプランは、添乗員さんに何から何までお世話になりっぱなしでしたね。

「らんぶる」はかなり朝早くからやっているようです。お店の前で写真撮っていると、何かのご飯を作り途中のお母さんが出てきてくれました。めっちゃ家庭的。

伊豆大島 レンタサイクル らんぶる

らんぶるレンタサイクル
100-0101 東京都大島町元町1-16-2

マウンテンバイクが多いですが、シティサイクル・ママチャリもあるよ。私たちはもちろんママチャリ。そういえば私、レンタサイクルをするのは初めてかも。

帰りの船に乗るには14時元町発のバスに乗らなければならいないので、その前にお昼を元町で済ませることも考えて3時間でレンタル、1000円でした。大きな荷物をお店に置かせてもらえたので(自転車置き場の床にボーンと直置き状態なので、貴重品は置いていってはダメですよ)、登山用に持ってきていた防災リュックを置いて、身軽になって出発です。


自転車でGO!


サイクリング 伊豆大島

さて、出発~!

サンセットパームライン サイクリング

赤い道が自転車用。特にゴールも決めず、行けるところまで行ってみます。自転車でひたすらす~いすい、と言いたい所ですがしかし、途中色々気になるものが多すぎて降りたり漕いだり降りたりこいだりでなかなか進まずw 溶岩でできた岬なんかもあったり―

伊豆大島 海岸

伊豆大島の人は結構話しかけてくれます。すれ違う親子と挨拶したり、おじいさんにどこまで行くんだと話しかけられたり。おじいさんの話で、サイクリングロードの先には昨日行った「ぶらっとはうす」があることをここで初めて知る。しかし結構遠そうだ。その思いが顔に出ていたのか、おじいさんはそこまで車で乗っけて行ってやろうかと言ってくれましたw サイクリングじゃなくなってしまうのでそれは断りましたが、島の人は親切ですね。この先にあるアカハゲという何かが人気なんだだそう。それでは、せめてそこまでは行ってみよう!

サンセットパームライン サイクリング

見晴らしのよい海岸線を走っていたかと思えば、両側背の丈以上の植物に囲まれたり。

サンセットパームライン サイクリング

椿の垣根を通り越して―

椿 伊豆大島

ところどころ軽いアップダウンもありますが、基本平坦でそこまできつくはない。

サンセットパームライン サイクリング

…と思っているとだんだんと登りになってきて、大地の断面もなんか赤くなってきた…?

サンセットパームライン サイクリング

なんかこの先、良いものが見られそうな予感の風景が見えてきたけど…

サンセットパームライン サイクリング

もう漕げませんw 

サンセットパームライン サイクリング

最早サイクリングではなく、ハイキングか…そういえば私たち、登山するつもりだったわ、丁度いいではないか。というより、この程度の坂でヒーヒー言っているような体力で登山するつもりだったとか。

などと反省しながら歩いていると(もう漕いでいない)見えてきたものは…

サンセットパームライン サイクリング


?!!!何これ??

赤禿(あかっぱげ)
大島西海岸サンセットパームライン沿いにあり、今から3,400年前の水蒸気爆発で出来た側火山で、火口近くに赤色のスコリアが厚く積もりました。赤い色のスコリアは溶岩に含まれている鉄分が高温でゆっくりと燃焼し、酸化した証です。沈む夕日は一服の絵画です。

引用元:伊豆大島ジオパーク・データミュージアム>赤禿(あかっぱげ)

これがおじいさんが言っていたアカハゲか。確かにこれは見たいかもw このお剥げ地帯の後には、さらに上り坂が。

サンセットパームライン サイクリング

両端赤い土に囲まれたサイクリングロードは、大地を感じるとてもワイルドな雰囲気。ここは火山でできた島なんだ。

坂を登りきると見えてきたものは―

サンセットパームライン サイクリング

海岸線まで一直線の下り坂!これは爽快!

サンセットパームライン サイクリング 自転車

思わずヒャッハー!的な歓声をあげて駆けおりる。上り坂のご褒美に、こんな爽やかな風景。サイクリングにしてよかった。海沿いを爽快に走り抜けます。

しばらく漕ぐと、また海岸に降りられるところがありました。

伊豆大島 海岸

ここの石も溶岩だけど、かなり波に削られているのか最初の所のようにゴツゴツしてない。

伊豆大島 海岸

さて、海も堪能したので、また丘に戻って―

サンセットパームライン サイクリング 自転車

二つ並んで主を待つ自転車、なんか可愛くない?さて相棒、もうヒトはしりだ。

サンセットパームライン サイクリング 自転車

1時間ぐらいは経ったかな?いい感じに疲れてきて、なんだか温泉に入りたくなってきました。さらには、海岸沿いの石畳のようなところで海岸までおりた一人のお間抜けが、すてっと転んでダウンを海苔まみれにするという珍事もあり。足元のつるつる滑る何かに足をとられてひきつった笑いを浮かべながらゴロゴロ転がる不審者に向かって、「それ、海苔だから」と冷静に教えてくれた地元の人という絵面がシュールだわ~と思いながら、助けに行って私も足とられたら嫌だしとか薄情なことを思いながら私は遠巻きに見ていました。

サンセットパームライン サイクリング

そんなこんなで東屋みたいな休憩所が見えてきたところで、ゴールとしましょう。

サイクリング 東屋

あの岬のところまで行くのだ、みたいなポーズに見えますが、そんな気はさらさらありませんよ。正確な位置はわかりませんが、サンセットパームラインの3/2ぐらい来たのかな?



いっぽん内側のコースもあるようですが、海沿いが気持ちいいし迷っても嫌なので、同じ道を通って元町へ戻ります。行きに下った分はもちろん登らなければなりません。黙々とペダルをこぐ。

サンセットパームライン サイクリング

ちょっと脇にはこんな風景も。

サンセットパームライン

風景がくるくる変わるので飽きません。同じ道でも、向きが違うせいか日の傾きが変わってきているのか、行きより海が太陽の光を反射してキラキラしていました。

伊豆大島 サイクリング

寄り道しながら元町まで戻って来て、全部で2時間ちょっとのサイクリング。さて、体も動かしたことだし温泉へ…いやその前に、混んでくる前にお昼に行ってしまおう!

【利用ツアー】
大島椿×島ガールコラボ企画 「大島椿発祥の地をぐるっと巡るプレミアムツアー」
 大島椿ブランドサイト
 島ガール.com



follow me♪
 Instagram:mugi_mugi333
 twitter:@mug_333


海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】
関連記事

 伊豆大島,