旅行鞄にクリスティ

海外旅行とアガサ・クリスティのブログ 最近はコスメ・ファッション・マイリトルボックスレビューに侵食されぎみ


ふわっふわの雲の上のタオル 白雲 - HACOON フェイスタオル買いました

白雲 (HACOON) 雲の上のタオル


ふわっふわのタオル、その名も「雲の上のタオル」を買いました。なんかちょくちょく見かけるな~と思って買ったのですが、これは何年か前にテレビに取り上げられたとか有吉がまとめ買いしたとかで話題になったタオルだとかなんとか。全然知らなかった。ギフトにも人気のようですね。

白雲 (HACOON) 雲の上のタオル

雲の上のタオル白雲 - HACOON フェイスタオルicon(今治タオル) 1,200円

綿花が本来持つ柔らかさや吸水性を引き出し、究極の肌触りを追求したタオルです。 今治のタオルづくりの伝統に最新技術を取り入れ、さらなる高品質を求める「ものづくり」への思いが「白雲」という形になりました。
引用元:白雲 - HACOON

今治タオルの一つ。優れた吸水性を有することを最大の特徴とした、今では高品質のタオルの代表格の今治タオルですが、以前はそんなに名前を聞いたことはなかったよね?と思って今更ながら改めて調べてみると、今治は古くから世界に誇る最高品質のタオルを生む一大産地であったものの、20世紀後半ごろから安価な外国製タオルにおされ始め、生産量が激減。ピンチを迎えたところに、経済産業省と地域とが一体となって再生プロジェクトを組み、今治タオルブランドを確立させたということのようです。なるほど。

ちなみに今治タオルは単に愛媛県今治(いまばり)産のタオルというだけでなくて、その中でも独自に定めた品質基準に合格したタオル商品のこと。最大の特徴である「吸水性」、これを保証するため、タオル片を水に浮かべたとき5秒以内に沈み始めるかどうかという「5秒ルール」や、その他脱毛率・パイル保持率等の基準を設けているようです。

白雲 (HACOON) 雲の上のタオル

フワッフワ。触って、「わ~」と言いたくなる柔らかな触り心地。ちょっと毛足が長めなのか、ほんの少し肌に張り付くような感触がしますが、嫌なほどではありません。これは全身包まれたいのでバスタオルが欲しくなるな。ただし見た目より薄手です。厚手でしっかりという感じではないので、手荒く扱うとあっという間にピーッとツれそう…?と思いましたが、何度も洗っても今のところは平気。ホテルのようなふっかふかの分厚いタオルに包まれる感触を想像しているとイメージが違うかも。結構へにょへにょっとしています。

でも厚いタオルは高級感があるけれどもしまう時にかさばるし乾きにくいので、日常的に使うにはあまり使い勝手が良くなく、薄くてもフワフワで肌触りの良さがカバーできる白雲タオルはなかなか良いです。洗濯して糸の根本がよじれて固くならないよう、今治タオルは撚りの強い糸を使用しないとかで、何度か洗濯していますが今のところ硬くなる気配はなく。

ふんわり優しい肌触りなので、顔用、と決めて使っています。ちなみに、今まで顔用に限定して使っていたタオルはこれ↓ 頂き物です。こっちは吸水性がさらに抜群、糸が密集していて分厚くて重いです。

VOGA(ヴォーガ) タオル

VOGA(ヴォーガ) スマートハンド・ビューティタオル 5,400円

顔用というか、顔・髪以外にはとても使えない。こっちは今治タオルではなく、ものづくり日本大賞経済産業大臣賞を受賞したこともある浅野撚糸が、「肌と髪の美しさをタオルでサポートする“ビューティケアタオル”」をコンセプトに開発したプレミアタオル。適当にゴシゴシするのにつかっちゃ勿体ないというか。肌や髪(頭皮)への刺激を極力抑え、余計な水分を素早く吸収する。ほんとそんな感じで、髪も肌もフワッと挟むだけで良い。素晴らしい吸水力。その分、値段も高いです。

柔らかさでは白雲、給水力ではヴォーガ(VOGA)。vogaのタオルの方が、より肌には理想的な気がする。しかし私にはこれを日常使いにして何枚も揃えるのは無理なので、替わりのものを探していたところ。なかなか気に入ったのでとりあえず顔用中心に白雲タオルで揃えようと思っています。

雲の上のタオル白雲 - HACOON フェイスタオルicon

follow me♪
 Instagram:mugi_mugi333
 twitter:@mug_333

関連記事

 ギフト・プレゼント,