旅行鞄にクリスティ

海外旅行とアガサ・クリスティのブログ 最近はコスメ・ファッション・マイリトルボックスレビューに侵食されぎみ


GINZA SIX カフェ ディオール バイ ピエール エルメに行ってきました ― ギンザ シックス内覧会

カフェ ディオール バイ ピエール エルメ

一流ブランドの旗艦店がひしめくギンザ シックス(GINZA SIX)、周っても周っても見どころが見きれずそろそろ一休みを…と入りたくなる魅惑のレストランももちろん沢山、しかしその中でも一際女性が気になるお店はやはりこれでしょう! GINZA SIX内の地下1階から4階までの5フロアにまたがってオープンした、世界最大級のディオールの新店舗「ハウス オブ ディオール ギンザ」、その4階に展開する「Cafe Dior by Pierre Herme(カフェ ディオール バイ ピエール エルメ)」です。

ハウス オブ ディオール ギンザ

カフェは4階ですが、入り口は地下または1階から、ハウス オブ ディオール ギンザ内にあるエレベーターを通って行きます。4階から直接は行けません。

4階には、日本初上陸となるホームコレクションを展開するラインの「ディオール メゾン」も入っています。

ディオール メゾン

ディオール メゾン

これらの食器を使って頂けるのが、ピエール・エルメ・パリ(PIERRE HERMÉ PARIS)によるスイーツ。カフェ ディオール バイ ピエール エルメの名前のとおり、このディオールのカフェはピエールエルメによる華麗なるデザートをディオールの世界観とともに味わえる、なんとも贅沢なカフェなのです。

カフェ ディオール バイ ピエール エルメ ginza SIX

内装は意外と近代的でカジュアル。パルテル系の可愛らしい明るい店内です。

カフェ ディオール バイ ピエール エルメ ginza SIX

この日はオープン前の内覧会だったので大行列というほどでもなかったですが、それでも常に数名は並んでいる状態。

カフェ ディオール バイ ピエール エルメ ginza SIX

メニューはタブレットで。デセールは全部で7種類、季節によって変わるようで、今の時期はマンゴー、スイカ、メロンがメイン。ざっくりとした値段を書くと、飲み物は1000円台~2000円台、デザートは2000円台~といったところがボリュームゾーンのよう。ちなみにアルコールもあったような気がしますが、私はお酒に全く興味がないのでそちらの値段はチェックしておらず。

どれも食べたくなってしまうぐらい非常に悩ましくも幸せなオーダー決め、悩みに悩んで私はクープ グラッセ ムロン エ フランボワーズ、つまりはメロンとフランボワーズのソルベにしました。

クープ グラッセ ムロン エ フランボワーズ ディオール

棒状のものはマカロンです。ソルベにマカロンに果物、それぞれ単体でも美味しいのですが、 ピエール エルメは素材の組み合わせに非常にこだわっているのでぜひ一緒にお召し上がりください、とのこと。

口に入れた瞬間にしゅわ~と溶ける、とてもなめらかなソルベ。もちろんとても美味しいです。口の中がとても幸せ、思わず目をつぶって無言で食べてしまうぐらい。なお、上の写真の奥に見えるオリーブオイルのマドレーヌは内覧会の日限定サービスで、普段は提供されていないようです。

coupe melon ディオール

店内は8割がた女性でしたw やっぱり来たくなるよね。

ちなみにこのワンピースはコントワー・デ・コトニエ(Comptoir des Cotonniers)iconプリントワンピースicon。早速着ていきました。気合入りすぎず「お嬢さん」っぽい印象のあるコトニエの服は、ちょっと小ぎれいな恰好したい時にぴったり。


ディオール カトラリー

カトラリーにdiorの文字。使われている食器は全部ディオール メゾンのもの。

coupe melon ディオール

ついつい気になって他の方の所にきた他のメニューも覗いてしまったり。どれも目にも鮮やかで、とても美味しそうでした。またメニューが変わってしまう前にぜひ行きたいな。


follow me♪
 Instagram:mugi_mugi333
 twitter:@mug_333




三越・伊勢丹オンラインストア 
関連記事