旅行鞄にクリスティ

海外旅行とアガサ・クリスティのブログ 最近はコスメ・ファッション・マイリトルボックスレビューに侵食されぎみ


ニューヨーカー2017年秋冬展示会に行ってきました ―上質なものを長く着たい大人女性のためのファッション

ニューヨーカー 2017年秋冬展示会 

ハイクオリティを背景に、ベーシックでありながらも時代の空気やトレンドのエッセンスをプラスしたスタイル提案を行なっている「NEWYORKER(ニューヨーカー)」の、2017年秋冬展示会に行ってきました。暑くなる前に秋冬とはファッションの世界は早い…と思いながらも、実際に見たら早くも秋が待ち遠しくなる恰好良いアイテムばかりでした!

NEWYORKER公式通販[NY.online]

ニューヨーカー 2017年秋冬展示会 

2017年秋冬のテーマは『Tomorrow Knows Yesterday』。NYはジャズの街であること、そしてジャズのスタンダードのカバーアルバムのように古くからあるもの:トラッドを今風に取り入れる、そういった部分がニューヨーカーと相通じるところのあるテーマになっています。

ということで、別注品のこの格好いいコートの周りには楽器が飾られ雰囲気もばっちり。

ニューヨーカー 2017年秋冬展示会

トラディショナルをベースに、自分らしさを素直に、そして自由に表現するワードローブコレクションには、各月ごとにジャズの名曲がテーマに掲げられています。

8月:'S Wonderful
9月:Autumn In New York
10月:Fly me to the Moon
11月:Night And Day

会場中央に飾られたマネキンは、前から順に月ごとに深まっていく季節に合わせた着こなしを提案。

ニューヨーカー 展示会

ニューヨーカー 展示会

着るだけで理想の女性像に近づけそうな素敵な服ばかりでしたね~。その中でも、この展示会を通じて私が特に印象に残ったのが「大人の女性らしいプリントアイテム」と「上質な日常ニット」です。


大人の女性のプリントアイテム


まずは会場でひときわ目を引いていたのがこちら!

8月 プリントスカート

鮮やかな黄色のフラワープリントと黒のコントラストが大人っぽく、そしてとても印象的な素敵なコーディネート。

8月 プリントスカート

これは8月の「S Wonderful」をテーマにした、おしゃれが楽しくなる秋の始まりをドラマディックに表現したコーディネートの一つです。暑さの続く中にあえて黒などの暗い色味を持ってくるのがポイントとのことで、8月のゾーンは早くも秋を感じさせる色味がずらっと。

ニューヨーカーNEWYORKER 秋冬展示会

合わせている小物も素敵だったんですよ。サッシュベルトのような形の皮のベルトがおしゃれ。

8月 プリントスカート

音楽に合わせてフワッとスカートを翻らせたいような、大人の可愛らしさも感じる組み合わせ。30代になってからは、花柄のプリントを着る時ともすると若作りになったり、または逆に老けて見えたりとそこらへんの按配がなかなか難しいなと思うことがあるのですが、これは恰好良さと知的な雰囲気の甘すぎない華やかさががあって、大人の女性としてお手本にしたいコーディネート!これ丸ごと一式持って帰りたいぐらい、とても好みな組み合わせです。

大人っぽい柄物と言えば、こちらも凄く気になりました。たしか10月のゾーンにあったと思う。

ニューヨーカー 秋 ワンピース

素敵でしょう!千鳥格子のようなクラシックな幾何学模様をポップな色合わせにしたワンピース。こういうレトロな柄大好きです。これにも黒やベーシックカラーのカーディガンが合わせてあり。こうすれば大人っぽい柄物の着こなし方ができるのね。リボンで結ぶタイプのカーディガンも大人の女性の余裕のような物を感じさせるアイテム、一つ持っていたらとても着回しが効きそうです。

ニューヨーカー 秋

人目はひくものの小さな柄なのでそこまで派手ではなく、ボウタイなので上品さもあり。これを着た日は絶対誰かに褒められるだろうな、そんな妄想をしてしまうワンピース。これも発売が待ちきれない。

ちなみに、6月の比較的すぐ発売される予定のゾーンにも、レトロな幾何学模様のワンピースがありました。

ニューヨーカー 6月

どこか懐かしさをかんじさせる模様。柄物は色合わせがし易くて着回しが効いて便利なんですよね。今の時期はベーシックなカーディガンを羽織って、暑くなったら1枚で、長く楽しめそうなワンピースです。


上質なベーシックニット


もう一つ印象に残ったものは上質なニット達。中でも日常使いに非常に役に立ちそうな、その名も「Days Knit(デイズニット)」が登場。

Days Knit(デイズニット)

とても柔らかな手触りの、見るからに上質そうな生地です。そしてこんなに柔らかな風合いなのになんと自宅で洗えて、しかも毛玉ができにくい抗ピリング加工がしてあるという。

ベーシックなニットこそ上質なものを着たい、とは思うものの、パソコン等デスクで作業をすることが多い方なら買ったばかりのニットを仕事に着て行ったらあっという間に腕の下面部分が毛玉になってしまったという経験は、1度と言わず何度も経験があるはず。ニットは日々消耗していくものと割り切るしかなかったわけですが、デイズニットなら買ったときの風合いがずっと長持ちします。

Days Knit(デイズニット) 抗ピリング加工

しかもこのニットのどこがすごいと言えば、生地の柔らかさ。通常こういった加工をすると生地がゴワゴワしてしまうものですが、加工前と加工後の生地があったので触って比較してみたところむしろ加工後の方法が柔らかいと感じるぐらいの手触りの良さです。

Days Knit(デイズニット)

写真で伝わるでしょうか、この柔らかいトロっとした質感とツヤ感。色もキレイですね。

また、毛玉ができにくいだけでなく、くたっとしやすいボウタイ部分も自宅で洗ってもへたりにくいようになっているのだそう。

Days Knit(デイズニット) ボウタイ

買ったときの上質で柔らかな風合いのまま、毎日着ても長くきれいな状態を保つことができるニットになっているわけですね。長く着れる上質な物、このあたりがとてもNEWYORKER(ニューヨーカー)らしいと思う。

形は、オン・オフで着られて着回ししやすいこの4デザイン。

Days Knit(デイズニット)

ポロカラー、リボンタイ付き、そしてボトルネックには2種あってAラインのシルエットと、ゆったりとしたシルエットです。ゆったりとしたシルエットの方のボトルネックは、ニットの編み方が変わっていて↓のように横線が入って見え、ちょっとカジュアルな雰囲気がします。

Days Knit(デイズニット

ベーシックな形ながらちょっとした遊び心を感じさせる雰囲気がとても素敵で、私はこのゆったりとしたシルエットのボトルネックに一目ぼれ。今回これを申し込んできました!10月上旬発売予定なので届くのはまだまだ先なのですが、届いたらまたレポートします。ちなみに各デイズニットの発売予定は―

ポロカラー、ゆったりとしたシルエットのボトルネック:10月上旬
リボンタイ、Aラインのシルエットのボトルネック:11月上旬

カラー展開はそれぞれ異なりますが、どちらかというと10月上旬発売の方が濃くはっきりとしたカラー、11月上旬のほうが淡い明るい色味になっています。コートに暗めの色を持ってくる人が多いので中を明るく、という狙いもあるようで、マネキンもそういったコーディネートを↓

Days Knit(デイズニット) Aラインのシルエット

これはAラインのシルエットのボトルネックのグリーン。淡い色味が本当に素敵です。リボンタイも女性らしく上品だったし、デイズニットは色違い型違いでたくさん揃えたい。このに上の大人のプリントアイテムを合わせたら最強じゃない?

また、デイズニットの他にも気になる上質なベーシックニットが沢山ありました。9月のゾーンには大人のこなれ感漂うこんなニットも。

ニューヨーカー 展示会

中央でマネキンが着こなしていたニットで、ドルマンスリーブになっています。

ニューヨーカー 展示会 2017秋冬

アーガイルニットは、去年はダークな色味で発売されたそうですが、今年は明るく優しい色味になって登場。とても可愛いです。

ニューヨーカー アーガイル ニット

そして見ただけでも伝わってくる、ニットの上質感。

ニューヨーカー 展示会 アーガイル

触るとしっとりなめらかな感触。着たら気持ちがいいだろうな。

ニューヨーカー 展示会 ニット

このほかにも、上質なものを日常的にまとう喜びを感じられそうなニットが沢山あり、どれも発売がとても楽しみです。8月から順次発売されます。

さて、冬のファッション主役コート類と冬小物は次の記事でご紹介!

NEWYORKER公式通販[NY.online]

関連記事