旅行鞄にクリスティ

海外旅行とアガサ・クリスティのブログ 最近はマイリトルボックスレビュー・コスメ・ファッションに侵食されぎみ


私がPOLA(ポーラ)B.Aセラムレブアップをずっとリピートしている理由

セラムレブアップ

POLA B.A の美容液セラム レブアップ、使い切ったのでリピートしました。これもう何本目になるかな。私の最愛の美容液です。いま一番好きなスキンケアブランドであるPOLA(ポーラ)の中でも、一番好きなアイテムで、改めて振り返ると最近ここまでリピートしているアイテムは無いと思います。

これを使い続けてちょうど1年ほどたったので、改めてリピートして使い続けている理由を考えてみました。


ポーラ最高峰ブランドらしい極上の使用感と肌実感


そもそも私がセラム レブアップにはまったのは、前提としてこの美容液が出る前の2015年にB.A シリーズ全体のトライアルセットを使って、B.A シリーズ自体にハマっていたというのがあります。それまでポーラについては、美容雑誌でよく絶賛されているのを見てはいたもの、個人的にはエステのイメージしか無くちょっと敬遠していたブランドでした。どこで買えばいいのかわからないし、なんか押し売りされそうな感じもして。

POLA 新B.A

でも実際に使ってみたら、これがもうプロの施術を受けているかの様な心地よいテクスチャーに、使い続けて肌に感じる実感。それまで使っていたスキンケアとは全然違う、これが最高峰の力か!みたいな感じでコロッとPOLAにハマりました。それにプラス、エステに行かなくてもネットの公式サイトで買うことができるというのを知って、一気にハードルが低くなったのもある。そんな具合で、2015年の時点でマイベストコスメに、B.A 化粧水を選んでいます。

【POLA】公式通販サイト

ポーラB.A ザ・ローション

ただ、B.A シリーズはわりととろ~り濃厚な使用感で、特にクリームは私には重くここまでの保湿は年齢的にまだ早いかなと感じ、ライン使いの化粧水まででとどめる感じでした。

が、B.A シリーズの登場から1年ほど遅れ2016年に発売になったこのセラムレブアップは、まさにドンピシャ。ラインの他のアイテムと比べるとみずみずしく軽いテクスチャーだったのでちょっとびっくりしたのですが、でも極上の使用感、そして使って感じる肌のハリツヤはそのままに、これぞ求めていた美容液!と感動する使い心地でした。

POLAポーラB.A セラムレブアップ 使用感

POLAポーラB.A セラムレブアップ 使用感

30代の肌悩みに照準を合わせてきた美容液


それもそのはずで、後から見てみたらこれはキャッチコピーが30代からはじめる美容液ということで、30代以降の女性をターゲットにしたもの。ちょうど私の年代の、もう残念ながら20代の様な肌ではなくなってきて、今より良くと言うよりはだんだんと現状維持を目指してくようになる30代の肌悩みに照準を合わせてきた美容液だったので、こんなに私にはまったのでしょう。

しかも、この30代から気になり始める肌の感触変化の悩み(ハリのなさ、カサつき、ゴワつき)について、たんに既存の理論・原料を組み合わせたのではなく、あのポーラの研究機関による研究から新たに開発されたものである、ということが次に上げるポイントに関係して来ます。


世界でもトップレベルの研究から生まれた科学的なスキンケア


ポーラは単なるコスメブランドというだけでなくて、独自の皮膚科学研究機関を持っています。そしてブログでも何度か書いていますが、このポーラの皮膚科学研究機関が世界でもトップレベルなのです。始めは〇×賞受賞といってもモンドセ〇クション系のバラまき受賞かなと軽く考えていたのですが、そうではなかった。

世界中の化粧品技術者・研究者がその場で発表、受賞をすることを目指す「IFSCC (国際化粧品技術者会連盟)」で何度も最優秀賞を受賞している世界有数の肌科学研究機関だったわけです。エイジングケア・ホワイトニング領域の基盤研究から開発研究を行い、従来の概念を超える独自素材の開発を自社で行うことで、世界的な学会においても研究成果と技術力が高く評価されている、とのことで、調べれば調べる程このポーラの研究についてはすごい結果が出てくるんですよ。やはりこういう科学的な裏付けがあると、信頼度がグッと増して使い続けるモチベーションになる。

POLAポーラB.A

研究機関のないブランドは他の研究機関が考えた理論を参考にするしかなく、独自成分は作れず既存の成分の組み合わせのパターンを変えているだけなのか、なんだか他のブランドでも目にしたような目新しさの感じない商品説明が目立ち。それは決して悪いことではないけれども、使っている身からするとブランドがどこまでその理論を理解し使いこなしているのかも不明だし、その効果が科学的にどこまで根拠があるのかも不安が残り。

一方でポーラのアイテムは、世界に客観的に評価される理論とそれに基づいた独自成分をつくれるだけの科学力のある機関が生み出したスキンケアなので、それだけでもう信頼度が段違いなわけです。

セラムレブアップ

じゃあこの美容液がどんな研究によるものかと調べてみると、「自浄サイクル」機能に着目し生み出した「スピーディーバイオアクティブ理論」から、健やかな肌とハリ感をサポートするポーラオリジナル複合成分SBフレッシュを開発し配合したもの。

肌にとって大切なヒアルロン酸は日々劣化と再生を繰り返しており、この肌みずからに備わっている自浄サイクルが順調に回ることで肌はみずみずしいハリを保てる、逆に言うとハリがなくなった肌は肌の自浄サイクルが停滞しているわけです。その肌の自浄サイクルが停滞する要因をPOLA生命科学研究が世界で初めて解明し新たに作ったのが、このセラム レブアップ。

20160812_144525_0033.jpg

POLA B.A
セラム レブアップ

40mL ¥13,500(税込¥14,580)
リフィル ¥13,000(税込¥14,040)

ということで、科学的な根拠のお墨付きがしっかりある美容液なだけあって、使っているとやっぱり違います。私はいろいろコスメを試すのも楽しいし、やっぱりちょっとポーラ高いので他ブランドの美容液もちょくちょく使うのですがwこの美容液を使っていない期間は肌のハリ感とツヤにちょっと満足いかず。少し疲れたような印象になるのが気になってしまう。老けたとは言いたくないのですが、30代になると、何もせずに満足いく肌印象でいるのは難しいですね。なので結局レブアップに戻ってくるのを繰り返しています。気のせいとかでは無くてちゃんと実感させてくれるところが、科学的な実績に根差したコスメならでは。

出来てしまった深いシワやらたるみは、多分スキンケアで消すのは不可能でしょう。そうなる前に、初期の内にどれだけ踏みとどまるかでのちのちの肌や見た目年齢が変わってくると思っているので、私は他を我慢してもスキンケアには重点をおいていこうと思っています。そして一般的にスキンケアアイテムの中で一番機能がつまっているのは美容液なので、私は何は無くとも美容液は重視しお金をかけると決めていて、ずっとPOLA B.A のセラム レブアップを選んでいます。


ポーラB.A セラム プリズルミナと併用中


という具合にはまりにはまってリピートしているセラム レブアップですが、ちょっと前にもあげたとおり今は同じくPOLA B.Aシリーズから新しく登場した美容液 セラム プリズルミナと両方使っています。2個重ねるのではなく、朝はセラムレブアップ、夜はセラム プリズルミナ。

ポーラB.A セラム プリズルミナ レブアップ 比較
(左)POLA B.A セラム プリズルミナ 20,000円、リフィル19,000円
(右)POLA B.A セラム レブアップ 13,500円、リフィル13,000円

成分的に見て、エイジングケアを重視するならセラムレブアップ、肌色のケアを重視するならセラム プリズルミナかなと思ったのですが、実際に双方しばらくの間試してみて、個人的には肌のハリ感はレブアップもプリズルミナも同じぐらい感じられました。なので、ハリ感のケアで選ぶならどちらでもOK、あとは値段が高くなっても肌色のケアをプラスしたいかどうかで選べ場良いのではないかなと思います。

私は、やはり夏の終わりはちょっとくすみ等肌色が気になるので、上記のとおり両方使っています。朝はよりみずみずしくてメイクの邪魔にならないレブアップ、夜は比較的とろみがあるプリズルミナ。でもどっちもみずみずしいし保湿力もしっかりあるので、別にセラムレブアップを夜使っても保湿感は十分だし、プリズルミナもメイク前に全く問題なく使えます。あくまで2つの間で比べると、という感想。セラム プリズルミナだけにしないのは、値段の問題もありw 冬になって肌色が気にならなくなったら、値段的にも続けやすいレブアップ一本に絞るかもしれません。

そうそうセラム レブアップは、ポーラの最高峰ブランドと言われ値段もなかなか最高峰なB.Aシリーズの中では比較的手に取りやすい価格なのです。でも良いものがギュッと詰まっていて使っていて実感もできるので、POLA B.Aを使ったことがないのでとりあえず試してみたいという人に、ファーストB.Aアイテムとしてもおすすめ。これ使ったら、多分ハマッて他のも使いたくなると思いますがw 私はもうどっぷり、今はメイクアイテムの方まで手を伸ばしてB.Aシリーズにはまっています。

POLA B.A プロテクター

POLA B.Aプロテクター

夏場はこのUVとファンデーションにお世話になりました。メイクもスキンケアも、たまにもっとお手頃ラインのRED BAシリーズ等にも目を向けたりしながら、継続して使い続けるつもり。特にこのセラム レブアップは、この先長いこと使い続けると思います。

【POLA】公式通販サイト


関連記事

 ポーラ(POLA),エイジングケア,使い切り,