旅行鞄にクリスティ

海外旅行とアガサ・クリスティのブログ 最近はマイリトルボックスレビュー・コスメ・ファッションに侵食されぎみ


トロットロの泡でしっとりクリーミー、でもクレイでさっぱりの洗顔料「オリリー クリーミィ エッセンス フォーム」

クリーミィ エッセンスフォーム

7月に新たに発売された、オリリーの洗顔料をモニターで使用してみました。オリリー という名前はチラッと聞いたことがあったものの、あまりなじみがないブランドで使うもの初めて。なので使う前は期待半分不安半分だったのですが、実際に使ってみたらこれが良かった!洗顔後のツッパリに悩んでいる人にすごくお勧め。


オリリーとはどんなブランド?


オリリーの原点はアザを目立たなくするカバー力を持った「肌の魔術師」と呼ばれる、アメリカ生まれのファンデーション。それは、ただ肌を美しく見せるだけにとどまらず、肌を深い悩みから救う新しい価値をもった化粧品―(以下略)


この精神を受け継ぎ、日本で誕生したブランドがオリリーということで、どっかで聞いたことがある話だな…?と思ったら、そう、カバーマークですね!

元々カバーマークはオリリー化粧品の商品だったのが、今は百貨店向けにカバーマーク、オリリーはサロン専売、という風に分担しているようです。


オリリー クリーミィ エッセンス フォームの特徴


オリリー クリーミィ エッセンス フォーム

オリリー クリーミィ エッセンス フォーム 120g・3,000円
ボトル:日比谷花壇のヒーリングボトル(関連記事:日比谷花壇のヒーリングボトル、探し回ってやっと買えました!

左の白い丸いものが気になりますが、まずはこのフォームの特徴を。ざっくりとまとめると、以下の3点になります。

  • モロッコ産の高級クレイである「ガスール」を、特殊な製法により効果を最大限に発揮できる「生きた状態」で配合

  • 豊富なミネラル成分が肌のバリア機能をサポートし、肌本来の水分保持力をフォロー。

  • 専用スポンジで泡立てることで、厚みのある独自の泡膜を形成。界面活性剤が肌に直接触れるのを防ぎ、肌が自ら持つうるおい成分(NMF)を保護。


その専用スポンジというのがこの白い物体。

オリリー クリーミィ エッセンス フォーム

この状態で箱に入っていたので、初めこのままコロコロするのかと思いましたがw、もちろんそうではなく、取り外して使います。


使い方と使用感


スポンジに十分水を含ませ、適量(2cm程度)を取ります。半径がちょうど2cmなのが分かりやすくて便利、

オリリー クリーミィ エッセンス フォーム

スポンジを両手で軽く挟み、少し泡が出てくるまでお団子を丸めるようにくるくるとなじませます。そして軽く握ると、非常にきめ細かくトロットロのクリーミーな泡が!

オリリー クリーミィ エッセンス フォーム泡 使用感

生クリームのようです。それで肌を包み込むと、もう心地良いのなんのって。もうこの時点でかなり感激しましたが、洗い流してさらに感激、ツッパリ感がないのです。これが特徴にあった、「肌が自ら持つうるおい成分(NMF)を保護」ということなのだろうか?

使い終わったスポンジは、またチューブの上に挟めば水切りも完了。便利w

オリリー クリーミィ エッセンス フォーム

クレイと言ってもきめ細かなクレイ特有のクリーミーさで、安価なクレイにありがちなパサパサ感はなく、泡に包まれると非常に気持ちが良い。

そしてブログでたまに書いていますが、私は顔や体を洗うと、乾燥して酷いと湿疹ができてしまうことがあるので、洗顔料で潤いが落ちてしまうのが切実な悩みです。かといって潤い成分配合みたいな洗顔料だと、なんだか被膜感があって洗った感じがせず好みではなく。でもこれは突っ張らないのに、クレイのさっぱり感もあって、凄く好み&潤いを落としすぎない洗い上がりです。

使用感も洗い上がりも、とても気に入りました。買える場所が美容院のみというのが、普段行く場所に無いのでちょっと買いづらいですが、それでもこれは使い続けてみたいなと思える洗顔フォームでした。

*オリリー株式会社のモニターに参加しています*

ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

関連記事

 洗顔料,