旅行鞄にクリスティ

海外旅行とアガサ・クリスティのブログ 最近はマイリトルボックスレビュー・コスメ・ファッションに侵食されぎみ


POLA(ポーラ)B.A セラム プリズルミナ―肌色もエイジングケアも、というお年頃の為の美容液

ポーラB.A セラム プリズルミナ

これ!これ良いわ~!!ブログで何度も書いている気がしますが、私がここ数年一番信頼して使い続けているスキンケアがPOLA(ポーラ)。中でもその最高峰ブランドのB.Aは、一昨年と昨年の個人的なベストコスメにも挙げているぐらいド嵌まりしているスキンケアブランドです。

そのB.Aから8/1に新たな美容液出たので、もうドキドキしながら使ってみましたよ!新商品が発売されると聞いて、毎回こんなワクワクして待つスキンケアブランドはPOLAだけですね。

【POLA】公式通販サイト


ポーラが好きな理由


私がポーラを気に入っているのは使用感が極上ということもありますが、もう一つ大きな理由があります。

ポーラと聞くと、まずスキンケアブランドなりエステなりといった側面が思い浮かぶと思いますが、ポーラは研究機関としての側面も持っています。そして実はこの研究所が凄いのです。化粧品に関する科学領域で最も賢威ある研究発表会で、世界中の化粧品技術者・研究者がその場で発表、受賞をすることを目指す「IFSCC (国際化粧品技術者会連盟)」で何度も最優秀賞を受賞している世界有数の肌科学研究機関でもあります。誰でも取れるようなモン○セレクション系の賞とは違う、世界的に権威のある賞です。

POLA 新B.A

ポーラのアイテムは正直価格が高めの物が多いですが、単に人気のスキンケアブランド・お高くてパッケージに凝った高級路線のスキンケアというのではなくて、エステ事業で蓄積された実際の肌データを元に、科学的に実証された理論を用いて世界的な研究機関で作られた最新のスキンケアが、このポーラの商品であるわけです。値段だけの物はある。個人的に、スキンケアで迷ったらPOLAを選んでおけば間違いないと思っています。

そのポーラの最高峰ブランドがB.Aから、この8/1に新たに登場した美容液がこれ↓。これまでB.Aの美容液セラムレブアップを気に入って何度もリピートして使ってきたので、この新しい美容液はどう違うのか、期待しながら数週間ほど試してみました。


ポーラB.A セラム プリズルミナの特徴


ポーラB.A セラム プリズルミナ

ポーラ(POLA)B.A セラム プリズルミナ(医薬部外品)
20,000円、リフィル19,000円(【POLA】公式通販サイト

見てくださいよ、この多面体の美しさ。この美容液の特徴を1文で言うと、これまでの美容液にあったくすみの原因を「取り除く」ケアに、自ら輝きを「生み出す」ケアが加わった、新しい肌色ケアの美容液です。

細かい理論や成分を素人が聞きかじりて解説するのもあれなので、気になる方は公式通販サイトの商品ページを見て下さい。これまでのB.Aシリーズ共通の、糖化に着目した成分やB.A独自の複合成分BAコアリキッド等はひきつづき配合されており、その上で、「ルミカン」という物質の働きに着目して作られた美容液になっています。


生命感ある明るい肌をめざすため「ルミカン」に着目


ルミカンというのは真皮のコラーゲンのまわりに存在するたんぱく質で、肌の弾力性に寄与することが知られており、さらに光を操る物質でもあることがPOLAの研究により発見されました。

ルミカンについてごくごくザックリと説明すると、まず、色をつかさどるのが光の波長で、それを操る物質であるのがルミカン。同じ肌色でも、「多彩な光の量」によって生命感あふれるイキイキとした「肌色」に見えるという研究結果がありますが、それを突き詰めたところ肌内部に入ってきた光を様々な波長の光に変える物質であるこのルミカンの量によって、人が肌の色に受ける印象が変わってくることが発見されたのです。生命感あふれるイキイキとした「肌色」の秘密は、ルミカンにありということですね。

「ルミカン」は年齢と共に減少してしまうのですが、このルミカンの産生を促す働きがあるエキスを開発し、配合したのがこの美容液です。


ポーラB.A セラム プリズルミナの使用感


使用方法は、ローションの後、適量(1~2プッシュ)を手にとり、顔全体に優しくなじませます。

ポーラB.A セラム プリズルミナ
フラワーボトル:【日比谷花壇】Healing Bottle「Happy & Oasis」2本セット
 (⇒関連エントリー:日比谷花壇のヒーリングボトル、探し回ってやっと買えました!


乳白色の乳液状。同じくポーラB.Aから出ている美容液「セラムレブアップ」はとろみのある化粧水に近いような、かなりみずみずしいテクスチャーでしたが、こちらはさらにとろみがあって乳液にちかいテクスチャーです。

ポーラB.A セラム プリズルミナのテクスチャー

でも肌に伸ばすと、指が引っ掛かる感じなくみずみずしく伸びる。グリーンフローラルの爽やかないい香りが広がります。

ポーラB.A セラム プリズルミナのテクスチャー

ポーラ最先端の処方化技術「スピーディ&グロー浸透処方」がされているとのことで、実際に広げてみると肌馴染みはすごく良いです。ベタつきは感じません。ポーラB.Aシリーズは、本当に使用感が極上ですね~。大好きです。

使って1週間ぐらいは、ハリ感は感じるものの肌色に関してはあまり良くわからなかったのですが、使い続けているとやっぱり肌の印象が違います。たぶん、この美容液を使っているからと言って別にシミが薄くなったり色が白くなったりということはないのだと思う。でもツヤのせいなのかなんなのか、透明感が出る気がする。鏡を見ながら、私の肌、なんか神々しい…という我ながらアホなことを思ってしまうぐらい。これは取りあえず1本使い切るまで試してみる価値あると思う。


ポーラB.A セラム プリズルミナとレブアップの比較


さて、ポーラB.A からは、私がこれまで何回もリピートして使ってきたセラムレブアップという美容液も出ています。

ポーラB.A セラム プリズルミナ レブアップ 比較


そちらと比較するとどう違うのか。商品特徴の差は【POLA】公式通販サイトのプリズルミナ商品ページ中段あたりのリンク先で比較されているのでここでは省き、実際に使った感想のみに留めます。気になる方は公式サイトをチェックしてみてください。

使う前は、商品説明を読んだ限りハリ重視ならセラムレブアップ、肌色重視ならセラム プリズルミナかなと漠然と思っていました。ですが使ってみるとセラム プリズルミナもピンとしたハリ感が感じられます。上記の説明にも書いたようにBAコアリキッド等はひきつづき配合されているので、セラム プリズルミナもエイジングケア的要素はしっかりしているんですよね。なので、個人的にハリ重視の人がこちらを選んでも構わないと思いまう。そしてテクスチャーは結構違えど、どちらもメイク前でも使いやすく朝も晩も心地よく使えるので、この2つのさはとにかく肌の色が気になるかどうか、という1点だと思います

ポーラB.A セラム プリズルミナ

肌の色もケアしたいという人にはやはりセラム プリズルミナです。もうとにかくこの透明感ね。セラムレブアップに限らず、他の美容液とは一味違うよね。ハリ重視ならどちらでもOK、あとはお財布と相談して…という感じでしょうか。

正直な所、セラム プリズルミナは高い! 朝晩使うのはつらいです。しかしもう私も30代で、若いころは色々試して安くていいもの探して…という時間的余裕もありましたが、もう今は現実的に年と共に肌が良くなることはなく年々老化していくのみというのは自分でもわかっているところ。妥協して適当なスキンケアを使っている余裕はないわけです。その年代にあった美しさがある、とは分っているものの、いざ自分となるとできるだけ抗いたいんだ!というのが本音で。

スキンケアのどのアイテムに重点を置くべきかと言ったら、やはりいろいろな機能がつまっているのは美容液。他を多少我慢してもここにはお金をかけようと思っています。なのでやはり値段も気になるけれども、できればセラム プリズルミナを使いたい。悩ましいですね。くすみや紫外線の影響の気になってくる夏~秋の間はこっちで、冬はまたセラムレブアップ一本でという使い方もいいかも。私は今は取りあえず、朝はセラムレブアップ、夜はセラム プリズルミナで2本並行して使っていこうと思います。

【POLA】公式通販サイト



関連記事

 ポーラ(POLA),