旅行鞄にクリスティ

海外旅行とアガサ・クリスティのブログ 最近はマイリトルボックスレビュー・コスメ・ファッションに侵食されぎみ


ルンバ980の月一お手入れの仕方

ルンバのお手入れ

※今回はルンバお手入れ記事で、写真に埃・ゴミ等が映りますのでご注意を!

しばらく前からうちに来て、毎日毎日文句も言わず黙々とゴミを食べてくれているオオムギさん(≒ルンバ980)。アイロボット ファンミーティングでモニターに参加し数か月借りているのです。毎日することと言ったらオオムギさんが通れるよう、家具の隙間を開けておくことぐらいで、あとは全自動で掃除してくれます。

しかも、吸引口がブラシではなくてゴムのローラーなので毛が絡まったりしないため、日々のお手入れはほぼ無いようなもの。掃除するたび、あるいは数回に1回することはと言えば、ダスト容器にたまったゴミを捨てることと、フィルタ―のごみを振って落とすことぐらい。本体からフィルタ―取るのも楽で、手のかからないお利口な子。

フィルタ―

しかしそうはいっても使っていくうちに全体的にゴミが挟まってくるので、月一程度でルンバのお手入れをしなければなりません。なんせ相手はロボットです。高機能な分お手入れも大変なのではないか、へんに扱うと壊れてしまうのではないかと、使う前はちょっと不安に思っていたので、ルンバの手入れの仕方についてまとめてみました。説明書読んだ時はこんなにやるのかと思ったのですが、ちょこちょこ細かい部分にわかれているだけで、ブラシに絡まった毛と格闘しなければならない普通の掃除機と比べたら全然楽、あっという間に終わります。




2週間に1回のお手入れ


2週間に1回やることが推奨されているのが、ゴミセンサーを拭くこと。

ルンバダスト容器 ゴミセンサー

ダスト容器を外した奥に、写真の丸で囲ったところにあるようなゴミセンサー左右に1本ずつあるので、ダスト容器外してゴミ捨てるついでにフキフキすればよろし。…と言いながら私、以下のお手入れと一緒に月一でしかしていなかったわw 月一で良いと思っていたのだもの。ちゃんと説明書読まないとダメですね。とりあえずいまのところ不調は起きていません。


月に1回のお手入れ


月に1回すべしと推奨されているお手入れは、数にすると結構あります。が、どれも一度やれば基本そこまで大変ではなく。取りあえず順にみて行くと―

前輪部のお手入れ


前輪部をつまみ、本体から引き抜きます。

ルンバ前輪部のお手入れ

…抜けない。ちょっと力を入れても動かん。大変ではないと言いながらいきなり引っかかってしまったわ。なんせモニターで借りものなので、こんな高額なもの力いっぱい動かして壊してしまったらと思うと、力を入れる踏ん切りがつかず。

どうしたもんかと、ふとネットで検索してみると―

ルンバの前輪部のお手入れ

ありました!公式のお手入れ説明ページ、しかも動画付です。動画を見てみると、普通に上に引き抜けばよいようです。ということで勇気を出して引っ張ってみる。

ルンバ前輪部のお手入れ

スポっと抜けました。こんな所にゴミが溜まるのか…?と疑問でしたが、取ってみると細かな埃や糸が絡まっている。

ルンバ公式サイト【よくある質問】


エッジクリーニングブラシ


ルンバが動いている時に、はたきのようにテイテイッと動かしながら埃を叩き落としている、触覚みたいな部分です。ここはドライバーが必要なのでちょっと面倒。

エッジクリーニングブラシ

ドライバー等道具が必要なのはここだけ、あとは道具要らずで取り外せます。ここはゴミ、というかブラシのナイロン繊維が消耗して取れたのが巻き込まれている感じ。あれだけ高速でテイテイ叩き落していれば、やっぱりこのブラシ部分は消耗が早いですね。


段差センサー


これ!このルンバの周りをぐるっと取り囲むようにある段差センサーのお手入れは、きちんとやった方がいいと思う。たとえ他の部分は数か月に1回で手抜きしようとも!

ルンバ段差センサー

というのは、ルンバを開発しているアイロボット社の方によると、このセンサーが汚れて効きが悪くなると、段差が感知できず落ちてしまうとのこと。玄関程度ならまだどうにかなりそうですが、階段上で使っている時なんか、2階から落ちてきたら確実に壊れますよね。なので階上で使う場合は、段差センサーだけにたよらず念のため階段入り口にバーチャルウォールをつけておいて、2重に備えをしておいた方が良いそうです。。

バーチャルウォール

バーチャルウォールとは、これを置いておくとそこから直線状、あるいは円状に、ルンバが侵入できない壁を作ってくれる魔除けのお札的な道具です。


充電用接続部


充電用接続部もササっと拭く。特に注意点無し。

ルンバ充電用接続部

ちなみに、拭いている布は、Freddy Leckiconの非売品ハンダナです。ドイツのランドリーブランドFreddy Leckicon、おしゃれな洗濯用具が多くて好きなんですよ。


フロアトラッキングセンサー


フロアトラッキングセンサーに関しては、化学ぞうきんか柔らかい布で、とありました。なので上みたいに適当な布でやってはダメですね。

フロアトラッキングセンサー

フロアトラッキングセンサー以外は、特に布の指定はありません。


エクストラクター


最後が吸引口。やっぱりココが一番汚れています。

エクストラクター


エクストラクター

吸い込んだ髪の毛はブラシに絡まず、エクストラクタの横の部分ににスポッと丸まって入るようになっている。なのでこの黄色いキャップをとって髪をつまめば、どこにも引っかからずスポッと抜けます。ブラシに絡まった毛をむしる作業と比べると雲泥の差ですね。取り外した本体の方も拭いて。

なお、2本とも外しちゃうとどっちが上でどっち向きに入れるのかわからなくなってしまいがちなのですが、これが良くできてるんですよ。

ルンバ ローラー

四角と六角形。この形に合うところに入れればよい。地味に良くできてる。


わからない時はネットで調べる 


以上!項目として並べるといっぱいあるように思えるかもしれませんが、エッジクリーニングブラシ以外は、さっと振るか拭くかすればいいので、全部で10分もかからないと思う

…というか、多分今までの普通の掃除機も、本当はこうやってちょっとずつ取り外して手入れするべきだったのよね、きっと。なんとなく面倒で必要最低限しか手入れしていませんでしたが。ルンバだと、毎日自分で動いて掃除をしている姿を見るとなんか情がわくし、やっぱりかわいいので、ちゃんとお手入れしようという気にもなる、という思わぬ効果もw

ルンバ980

お手入れのポイントとしては―

水には弱いので、からぶきで水洗い厳禁


ルンバは水にはとても弱く、濡れるとエラーを起こして止まってしまいます。場所によってはウェットティッシュで拭いても大丈夫なようですが、私は故障が怖いのでからぶきで。


わからない時はネットで調べると大抵載っている、しかも公式にも動画が有り


お手入れが分からない時や、ルンバがエラーで止まった時など、説明書出して読むよりもネット見たほうが詳しいです。お手入れの仕方は動画で乗っていました。でもお手入れについては一度やれは、もう覚えますね。


ルンバはやはり高価なので、こまめにお手入れして故障を防ぎながら使っていきたいところです…と言いながら、そろそろモニターしたルンバさんの返却期間が近づいてまいりました。そう、今後も使っていくということは、購入検討中ということです。一度このさっぱり感と楽さを体感してしまうと、ルンバ使う前の生活には戻れん。なのでルンバ980890のどちらを買うか迷い中。まんまとアイロボット社の術中にはまったような気もしますが。

ルンバと犬

ルンバは可愛いので、手入れもそんなに義務的にならずに、はいはいゴミ取って欲しいのね的なノリで済ませられるのが良いです。そしてこれまでの掃除機のように、ブラシに絡まった毛をむしり取る作業がない分非常に楽です。女性が数名いる家庭なんかものっすごい実感すると思う!ブラシに絡まないだけで、手入れに欠ける労力もさることながら、掃除への乗り気が全然変わってきます。

数か月使い続けて感じたルンバの良い所気になるところは、また後でまとめてアップしようかと思いますが、特に感じたのが床の埃がちゃんととれていると舞い上がるほこり量がかわるので家全体がさっぱり気持ちよなりく、そしてなにより掃除への負担感・嫌々感がなくなったこと。もうルンバはうちの必需品、というかお利口なペットみたいな感じですね。


公式サイトでルンバ980の性能をチェック

ルンバ取り扱いショップ
ルンバロボット掃除機ルンバ公式サイト
ルンバYAMADAモール



ルンバを買うなら保証・サポート万全の国内正規品を。<公式サイト>

関連記事