旅行鞄にクリスティ

海外旅行とアガサ・クリスティのブログ 最近はマイリトルボックスレビュー・コスメ・ファッションに侵食されぎみ


100年前の織機を使った工房織座の「お麻とボタニカルオーガニックの節糸マフラー」@壱ポイント

麻とボタニカルオーガニックの節糸マフラー

興味のあるものを気の向くままに書いているこの雑記ブログ、テーマはあってないような物ですが、書く時に自分なりにある程度意識している枠組みはあります。価格や利便性だけにとらわれず、歴史のあるものや作り手の想いの込められたアイテム、背後に物語の感じられるものなど、手に取るだけでドキドキし愛着が湧くかどうかをキーにレビューすること。要は自分が気に入っているものについて書く、ということですね。

私が昔からかなり惹かれるものの一つが、伝統的でクラシックな物。当初海外旅行ブログとして開始したこともあってこのブログではあまり書いてきていませんが、私は特に和文化が好きです。幼いころからから洋菓子より和菓子派、洋な習い事よりも”道”系の習い事、大人になってはアンティークの着物を買いあさったり時代小説を読んだりと、基本的に日本と日本文化が大好き。

アンティーク着物

なので、生活の中でもなるべく日本の文化を意識して取り入れようとはしているのですが、しかししかしそれがなかなか難しい。和雑貨を売っているお店はたくさんあれども、素敵ではあるものの今の日本のファッションや住宅に取り入れてもいまいち合わずおしゃれさにかけていたり、すごく高かったりでなんとなく現代の生活に取り入れづらいところがあり。

しかし今回レビューする商品を扱ってる「壱ポイント」という伝統工芸品・和雑貨のセレクトショップは、比較的取り入れやすい、生活に馴染んだものが扱われているんですよ。割と手に取りやすい価格帯の物も揃っており。伝統工芸品であるので大量生産品に比べたらそりゃ多少高めではあるものの、丁寧な商品説明が書いてあるので、それだけの理由があるなと見ていて納得できる。デパート等でもときおり催事をしているようです。



その壱ポイントで女性への贈りものとして人気の「工房織座 麻とボタニカルオーガニックの節糸マフラー」を、モニターで使わせてもらうことができました。


工房織座


このマフラーを生産している工房織座は、昔から綿織物の産地として栄え、タオル産業で有名な今治市にあります。織機の復元・改良から全く新しい織りの開発まで手掛ける生粋の職人である父と、支える娘の二人三脚から始まったこの工房の特徴は、100年前の織機「着尺一列機」を使っていること。

希少な機を全国から探し集め、分解し、使える部品を丁寧に磨きあげ、数台から1台を復元したものだそうで!非常にワクワクする設定ですね。どんなものか気になって調べてみたら、youtubeに動画がありました。恰好良いですね~。



こういうのは何時間でも見ていられそうですw

糸にストレスをかけずにやさしくゆっくりと織ることで肌になじむあたたかみのある風合いと、他にない美しい模様を描くことができるのだそう。

工房織座のタグには、100-yea-old-loon,つまり100年前の織機の文字と共に織機のイラストが。

麻とボタニカルオーガニックの節糸マフラー

これまでものづくり日本大賞 経済産業大臣賞、グッドデザイン賞等を受賞、経済産業省が推進するクールジャパンによる地域活性化推進プロジェクトとしてスタートした「The Wonder 500」にも選出されている実力派工房です。


麻とボタニカルオーガニックの節糸マフラー


さて、今回のモニターしたマフラーがこれ。

麻とボタニカルオーガニックの節糸マフラー クチナシ

工房織座 麻とボタニカルオーガニックの節糸マフラー ¥5,184  6色
サイズ:約380mm × 1700mm (フリンジ込み)
素材:綿85%、麻15%
織り:平織り

お花で染められた“ボタニカルオーガニック”と、“スラブ糸”、“杢調リネン”の3種類の糸で織られていて、色は花の染料によってカーネーション、クチナシ、ヒマワリ、パンジー、ローズの5種類あり。



私のはクチナシです。最初ウェブ上で見た時はくすんで見えたので、ちょっと地味な色かな~とも思っていたのですが、実際に見ると透明感のあるブルーグリーンで綺麗な色でした。

広げると大きさはこのぐらい。

壱ポイント 工房織座
インナー:LANDS' END コットン・ジャージー・スタンドネック/ノースリーブicon

透け具合はこんな感じ。

麻とボタニカルオーガニックの節糸マフラー 透け感

ざっくり織られているし麻なのでハリのある硬めな素材なのかと思っていましたが、実際に手に取ってみると柔らかく肌当たりは優しいです。

麻とボタニカルオーガニックの節糸マフラー

でも適度なハリと厚みがあるので、巻いた時にヘニョッとせず恰好悪くならない。

麻とボタニカルオーガニックの節糸マフラー 工房織座
パンツ:【PLST】ウォームリザーブスティックパンツ

麻とボタニカルオーガニックの節糸マフラー 着用画像
ニットワンピースとバッグ:どちらもGILT

ちょうど今ぐらいの時期、冷え込んできたものの本格的な冬支度にはまだ早い、という気温の時期には薄手のマフラー・ストールが活躍しますね。しかし薄手のストールの難点は、薄いのでいざ首に巻くとボリュームが無く見た目が貧弱になってしまったり、バッグに入れて持っているとしわになりやすいこと。

でもこのマフラーはペラペラではなくて厚みがあるので、首元にしっかりボリュームがでます。私はマフラーの恰好良い巻き方とか知らないので何にも考えずに適当にまいてフリンジを押し込んだだけですが、それなりに見えてる、気がする。

麻とボタニカルオーガニックの節糸マフラー 着用画像
ニット:ニューヨーカー 【Days Knit】ボトルネック ニットプルオーバー

朝急いでバッグに突っ込んで出ても、バッグの中身に潰されてしまっても、そんなにしわにならないところも日常使いしやすいですw 手洗いもできるし。人工繊維などと比べると静電気が起こりにくいのも良いですね。

麻とボタニカルオーガニックの節糸マフラー 着用画像
スカート:natural sense コットンフレアーロングスカート

無地ののっぺりとしたマフラーと違って織り方に表情があるので、かしこまりすぎない恰好であれば割となんでも合わせやすいです。

ちなみに、工房織座のアイテムにはこんな専用のギフトボックスがつけられます。

壱ポイント 工房織座

しっかりしたつくりのぬくもりあるボックスなので、これは確かにギフトに良さそう。そんなに服装を選ばずに合わせやすいし、普段買うのよりもちょっと良い物・大事にしたくなるもの、ということで女性向けのプレゼントに人気なのもわかります。

麻とボタニカルオーガニックの節糸マフラー 壱ポイント工房織座

工房織座のアイテムは、このほかにもストールや、柄の入ったものなどいくつか壱ポイントで扱われていますが、このマフラーが一番手に取りやすい価格。しかし見ているといろいろ欲しくなって困るわ。

合わせやすいし使い勝手が良いので、届いてからかなり頻繁に使っています。手に取った時にどことなく温かみを感じるマフラー、大事に使おう。

工房織座 麻とボタニカルオーガニックの節糸マフラー -クチナシ-

関連記事