旅行鞄にクリスティ

海外旅行とアガサ・クリスティのブログ 最近はマイリトルボックスレビュー・コスメ・ファッションに侵食されぎみ


富士屋ホテル「ザ・フジヤ」でのフレンチディナー【アンティークで大正浪漫な箱根旅行記】

富士屋ホテルのメインダイニングルームの夕食

間があいてしまいましたが、箱根旅行の夕食について。富士屋ホテルにはいくつかレストランがあります。皇室の宮ノ下御用邸として造営された由緒ある純日本建築「菊華荘」での会席、そして気楽に食事を楽しめるカジュアルな「ウイステリア」での洋食など。しかしやはり夕食はメインダイニングルームでとりたい、ということで「ザ・フジヤ」でフレンチのコースに。

富士屋ホテルメインダイニングルーム「ザ・フジヤ」

「ザ・フジヤ」は、昭和5年(1930年)、日光東照宮本殿をモデルに建てられたメインダイニングルーム。5.5メートルもの高さのある、高山植物や花鳥が描かれた見ごたえのある格天井と彫刻が素晴らしい、和と洋の融合した雰囲気の圧巻のダイニングルームです。クラシカルな雰囲気の中、創業当時から代々受け継がれてきたフランス料理が頂けます。

メインダイニングルーム「ザ・フジヤ」天井

時間は、17:45~/20:00~の2部制で、私たちは17:45~の回を予約していました。まだ明るい時間ですが、お昼がお蕎麦で軽かったのでおなかが空いています。

富士屋ホテルメインダイニングルーム「ザ・フジヤ」

机には、本日のメニューが。どれどれ。

富士屋ホテルメインダイニングルーム「ザ・フジヤ」

スープはポタージュとコンソメ、メインの肉料理はビーフシチューとローストビーフから選べたので、私はポタージュとローストビーフに。また、別途チーズの盛り合わせも頼めるようで心惹かれましたが、絶対に食べきれないのが目に見えているので無しに。

案内された席が、ちょうど宿泊している花御殿が目の前に見える席でした。

富士屋ホテルメインダイニングルーム「ザ・フジヤ」

お酒を頼んで乾杯―

富士屋ホテル ザ・フジヤ ディナーコース

と言いたいところですが、これは母のグラスで私はジュースですw お酒の美味しさが全くわからない…。

グリンピースのムースとホワイトアスパラのブルテに海の幸

ザ・フジヤ フレンチディナーコース  前菜

さて、まずは前菜。これがものすごく美味しかった!この日のコースで一番おいしかったのをあげるなら、断然これです(他のももちろん美味しかったですが)。私は今までグリンピースもホワイトアスパラも特段美味しいと思ったことはないけれど、これはブルテソースが絶品だったのかな?いや全部美味しかったな。一口食べた瞬間に感動する味、食べ終わってしまうのが本当に惜しかった。あぁ。もう一度食べたい。

本日のポタージュ

本日のポタージュ

たしか人参のポタージュだったと思う。自然な甘みで。私はポタージュが好きなのでいつもの癖でこっちを頼んでしまいましたが、よく考えたら富士屋ホテルなんだから看板メニューの一つ、コンソメスープを頼むべきだったか。明治時代の味をずっと守り続けているという、1週間かけてつくる伝統のコンソメスープ。

真鯛のブレゼノイリーソース

真鯛のブレゼノイリーソース

メインの魚料理。ソースもアスパラも、何もかもが美味しい。

富士屋ホテル フレンチディナーコース
ワンピース:Comptoir des Cotonniers(コントワー・デ・コトニエ)icon
腕に巻いたネックレス:NEWYORKER

ぼかしの下はまだにこやかな表情で食べているけれども、このあたりからかなり雲行きが…。そう、お腹の空き容量が無くなってきております。女性にはフルコースは多いよね。

そうそう、この日は一日ワンピースだったため、夕食のためには着替えたりはしていません。NEWYORKERのロングネックレスを、ブレスレット代わりに腕に巻いたぐらい。この生地は伸縮性があるし、コトニエのワンピは着ていて楽なので特に旅行と相性が良く、結果いつも旅行時は何かしらコトニエ着ている。動きやすいし、沢山食べてもウエストが締め付けられないところが良いw 

富士屋ホテル夕食

「ザ・フジヤ」は特にドレスコードは無く、そんなに堅苦しい感じではありません。全体的にはみなそこそこ綺麗目の恰好が多かった印象ですが、宿泊者が多いからそこまでキメキメでもなく、「部屋からちょっとそこまで来ました」的なリゾートホテル独特の緩やかな感じがあります。私もバッグはMy Little Boxのミニエコトートバッグにホイッとカギとカメラ入れてきたし。

 関連エントリー:毎月のマイリトルボックスの感想一覧

そんな感じで、ザ・フジヤでのディナーのために特に着替えが必要な感じでもなく。ドレスコードは、清潔感のある服装ならOKだと思う。

ローストビーフ グレイビーソース

メイン ローストビーフ

グレイビーソースというと、アガサ・クリスティの『パディントン発4時50分 』の中で子供たちがクリスマスのごちそうを作るスーパー家政婦ルーシーに、グレイビーソースはうんとつくってね!と頼む可愛い場面が思い浮かんで、思わず私もつい「たっぷりかけてくださいたっぷり」と言いそうになるw

 関連エントリー: 【本】ミス・マープル『パディントン発4時50分』―キュートなクリスティ作品 

ザ・フジヤ フレンチディナーコース メイン

魚より肉派なので、これが本日のメイン中のメイン。お腹が…と言いながらもちろん残さずいただきました。

苺と牛乳のコンポジション

ザ・フジヤ ディナーコース デザート

ラスト、コッテリしたデザートでなくてよかった。苺と牛乳の優しい味の、冷たいデザート。もちろん完食。食後はやっぱりコーヒー。

コーヒー

ローストビーフを頂いている時から暗くなり始めた空も、コーヒーを飲むころにはすっかり真っ暗に。

お腹が限界かも、と感じてからのメインでしたが、それでも絶対残さない!と思うほど全てが美味しかった。そして部屋でほんの少し休んだ後、このディナーでパンパンに膨らんだお腹をかかえたままプールへ行って水着になるという暴挙に続く。

宮ノ下温泉 富士屋ホテル【楽天トラベル】

follow me♪
 Instagram:mugi_mugi333
 twitter:@mug_333


関連記事

 箱根,家族旅行,