旅行鞄にクリスティ

海外旅行とアガサ・クリスティのブログ 最近はマイリトルボックスレビュー・コスメ・ファッションに侵食されぎみ


人気モデルが厳選された2017年秋冬のクロックスブーツ、一挙試し履きしてきました

クロックス2017ブーツ着用レビュー

以前はクロックスと聞いて思い浮かべる靴の中には無かったものの、数年前新作発表会に行くようになってから毎年楽しみにするようになったアイテムがあります。それがクロックスのブーツ。クロックスというとサンダルに代表されるいわゆる「靴」タイプのイメージしかなかったのですが、ブーツが意外にもシルエットがきれいでとても可愛いものが出るんですよ。きれいめに合わせられるものから、リラックス系、そしてちょっとしたアウトドアにも行けるものまで。

ということで、ブーツを楽しみに2017年秋冬クロックス新作発表会に行ってきました。そこで感じたのは、今年のブーツは去年から引き続き発売になっているものが多い。というより、2017年秋冬のクロックス全体が、これまで沢山あった種類・色を絞って、人気のある商品だけに絞ったラインナップになったようです。そこで、その荒波を乗り越え厳選された人気ブーツ達の中でも、特に気に入ったものを着用画像と共にいくつかピックアップしてご紹介します。



通勤対応、レイ スエードシリーズ


まずは、会社にも履いていける綺麗目シンプルなスエードシリーズ。クロックスの歩きやすさはそのままに、約6センチのウェッジヒールですらっと美脚に見える一押しのシリーズです。今年は2パターン出ています。このシリーズは、クロックスには珍しく0.5cm刻みのハーフサイズ展開がされています。


レイ シンセティック スエード ウェッジ ブーティ


そんなレイ スエードシリーズの一つ目は、去年も出ていた美脚ブーツ。なので去年撮った写真も織り交ぜてあります。

leigh synthetic suede wedge bootie w レイ シンセティック スエード ウェッジ ブーティ 着用画像

レイ シンセティック スエード ウェッジ ブーティ(leigh synthetic suede wedge bootie w)icon
カラー:黒、茶

去年と大きな変更点はなく、相変わらずシンプルに足がすらっと見えます。

クロックス レイ シンセティック スエード ウェッジ ブーティクロックス

内側にジッパー付き。素材はフェイクスエードなのでお手入れが楽です。

この写真だと分かりにくいですが、次の同シリーズのレイ スエード ミックス ブーティの後ろから見た写真を見ると分かるようにウェッジが細めなので、ウェッジソールにありがちなゴツさを感じません。

leigh synthetic suede wedge bootie w レイ シンセティック スエード ウェッジ ブーティ クロックス

ラバー素材のアウトソールで、グリップ力があって滑りにくい。そしてウェッジで安定感があるので、これ履いて走るのもできましたね。


一押し美脚ブーツ レイ スエード ミックス ブーティ


レイシリーズ2つ目、これが私の大本命ブーツです。可愛いでしょう!

レイ スエード ミックス ブーティ

レイ スエード ミックス ブーティ(Leigh Suede Mix Bootie)icon
カラー:黒、グレイ 

上のレイ シンセティック スエード ウェッジ ブーティと同じくつま先、ウェッジのすっきりとしたキレイ目シルエットで、足長効果あり。ラバー素材のアウトソール等、主な機能等は上のものと同様です。開閉もファスナーで。

レイ スエード ミックス ブーティ Crocs Leigh Suede Mix Bootie 着用画像

それに加えて、これは上のより見た目に高級感があります。

レイ スエード ミックス ブーティ

スエードとファブリックのコンビネーションで、装飾も細いタッセルに。凝ったデザインがきれいです。履いた時の女らしさ、可愛らしさは、これが一番ではないでしょうか!素材も、アッパーがリアルスエードになっているところも、高級感の一因。

なので他のクロックスに比べるとちょっと高めではあるのですが、それでも普通の本革ブーツに比べたら安いです。なお、履く前の防水スプレーは忘れずに。


歩きやすいロッジポイントシリーズ


クロックスで買うならカジュアル感重視、という人には、これ。歩きやすいペタンコタイプのロッジポイントシリーズ。このシリーズはアウトソールにラバー素材を使用しているので、滑りにくく頑丈な点もポイント。なのでちょっとした雨・雪の日も安心


ロッジポイント シンセティック スエード ブーティ


ロッジポイントシリーズ一つ目は、シンプルなこちら。

ロッジポイント シンセティック スエード ブーティ

ロッジポイント シンセティック スエード ブーティicon

アッパーにシンセティックスエード(人工スエード)を使用したトレンド感のあるアンクルブーツ。

ロッジポイント シンセティック スエード ブーティ 着画

ベーシックな形なので、気張りすぎない恰好ならなんでも、どこでも合わせやすいです。

ロッジポイント シンセティック スエード ブーティ 着画

これもアウトソールにはラバー素材で滑りにくく、内側には温かなライニング付き。

ロッジポイント シンセティック スエード ブーティ

口部分はマジックテープ式。

ロッジポイント シンセティック スエード ブーティ

なので脱着がとても楽です。



クロックス ロッジポイントレースブーツ


雨雪に強いロッジポイントにはレースブーツタイプも。これは去年から出ているモデルで私も持っています。下の画像は去年の私物バージョン。

クロックス ロッジポイント レース ブーツ ウィメン lodgepoint lace boot

lodgepoint lace boot(ロッジポイント レース ブーツ ウィメン)icon
種類:黒、グラフィック柄

すごく温かい上に軽くて、去年の冬の休日のお出かけはこれを履いている割合が高かったです。今年も活躍してくれるでしょう。去年と比べデザインに変更はないものの、色が黒と柄の2つのみになっているようです。

ロッジポイント レース  ブーツ 着用画像

ちなみに、これは筒に余裕があるので、ファスナーもマジックテープもなく、そのままスポッとはける手軽さも魅力。

クロックス ロッジポイント レース ブーツ ウィメン 着用画像




アウトドアにも オールキャスト 2.0 ブーツ


高い人気を誇る、ちょっとしたアウトドアにも対応できるオールキャストはもちろん今年も続投です。去年と商品名は変わっていますが、継続モデルです。

オールキャストには2パターンあって―

オールキャスト 2.0 ブーツ 着用画像

(左)オールキャスト 2.0 ラックス ブーツicon
(右)オールキャスト 2.0 ブーツ icon

どちらもアウトドアメーカーでも使用される防水性の高いTRP製シェルを採用し、防水性が高い。縫い目があるので完全防水ではないものの、縫い目の下の部分(濃い色の部分)までは大丈夫なので、相当な部分対応できます。そして縫目も内部をシームシールド加工しているため高い防水性あり。

すっきりしたシルエットのオールキャスト 2.0 ブーツ iconの方はフェイクスエード。ペロッと折り返しのあるもっこもこのラックス ブーツiconは、本革スエード(一部フェイク)を使用。ファー部分も相まって非常に温かです。

オールキャスト 2.0 ブーツ

これだけのボリューム差。アウトドア使用を考えて温かさを望むならオールキャスト 2.0 ラックス ブーツiconですね。前にも書きましたが、冬のオーロラ旅行にはこれを履いていきたかったわ。

ただ、日常使いも考えているのならオールキャスト 2.0 ブーツ iconでしょう。私はすっきりしたシルエットのこちらの方が合わせやすくて好きです。

オールキャスト 2.0 ブーツ  着用画像

かなりカジュアルなブーツですが、意外ときれいめな格好にも合わせられる。

オールキャスト 2.0 ブーツ  着用画像

アヒルの水かきの様なつま先のデザインからダックブーツという名前になっているようです。可愛い。水かきというよりむしろアヒルのくちばしのような、コロンとしたデザインが良い。これも欲しいな…。


気になるブーツは以上!粒ぞろいの今年のクロックスの中でも、私の一押しはクロックス レイ スエード ミックス ブーティ ウィメンです。折をみてこれを買おうかなと思っています。でもオールキャスト 2.0 ブーツ iconも捨てがたい。目移りしてしまって困るわ。

クロックス公式オンラインショップicon



クロックス 公式オンラインショップ
関連記事

 ,クロックス(crocs),