旅行鞄にクリスティ

海外旅行とアガサ・クリスティのブログ 最近はマイリトルボックスレビュー・コスメ・ファッションに侵食されぎみ


アガサ・クリスティのミス・マープル作品を年代順に読んでみた

20130727_189_6.jpg


9月末から始めた一人ミス・マープル物を年代順に再読しよう祭り、やっと終了しました。マープルが登場する本はハヤカワで数えると長編12冊に短編集5冊、そのうち短編集の『クリスマス・プディングの冒険』は、1冊は未読で残しておきたいという良くわからない願いにより未読のままなので、読んだのは計16冊。当初は2・3ヶ月ぐらいで読めると思っていましたが、途中ドラマも見直したり、他の本も読んだりで全然終わらずw 思いのほか時間がかかりました。

アガサ・クリスティ 作品・感想一覧はこちら

火曜クラブ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)


ミス・マープル物を初めて読んだのはいつなんだか分からないぐらい前で、再読も何度もしていましたが、ミス・マープルもポアロもひっくるめて全て1話完結として殆ど順番を意識せずに読んでいたので、改めて順に読むといろいろと発見がありました。ずっと元気な印象だったマープルさんも、後期はかなり老いの描写があるんだな、とか、チェリーの登場が意外と遅かったとか、マープル物ではマザーグース関連は1個だけなのかとか、ここでさらっと死んでると書かれている人はあの作品のあの人じゃん!とか。そして何度も読んでいるのに飽きずに読み通すことのできるクリスティ作品、やっぱり面白かった。

今までミス・マープルは漠然と昔の人という印象があったけれど、刊行年を見てみると、意外と最近まで活躍していたんだな。私の生まれる前ではあるけれども、私の祖母か層祖母でもおかしくない時代の人だったのか。もうちょっと長生きすれば、家庭用ゲーム機に目を丸くするマープルさんなんかも見れたのか?毛糸にくるまれフワフワした印象のマープルさんがコントローラーとか持っちゃったり。



そしてミス・マープルが終わった後には、本丸エルキュール・ポアロさんがどーんと控えているわけですが…。う~ん、長編だけでも34編、マープルさんの2倍はある(´;ω;`) どうすっかな…。意外と年代順の読み返しも面白かったしな、う~ん。トミー&タペンスシリーズやノンシリーズもので一度も読んでいないものもまだまだあるので、そちらを先に読むべきか。義務にして読むのが苦痛になっても嫌なので、適当にぼちぼちと読んで行こうか。

アガサ・クリスティ 作品・感想一覧はこちら

by カエレバ
関連記事

 ,