旅行鞄にクリスティ

海外旅行とアガサ・クリスティのブログ 最近はマイリトルボックスレビュー・コスメ・ファッションに侵食されぎみ


タイ(バンコク・アユタヤ)旅行記 服装編

12月のバンコク・アユタヤ旅行記で着ていた洋服の記録です。

バンコク バッグ トスカ街歩きバッグは、今回はこれ。毎回安定しませんね。ずっと前に「ヨーロッパ雑貨バッグ キャロン国」で買ったイタリアのバッグブランド TOSCA BLU のもの。可愛くてお気に入り。

小さいから旅行鞄には考えてなかったけど、ふと、これ実は口もチャックでしまるしガイドブックもペットボトルも入るしいいんじゃないの?と持っていってみた。やっぱり小さくて不便でしたw 暑くてペットボトル2本ぐらい持ち歩いていたので。う~ん、なかなかこれといっていい街歩きかばんが見つからない。

 ⇒関連エントリー:英国王室愛用ロキャロン(Lochcarron of Scotland)のタータンストール ―10年贔屓のお店「ヨーロッパ雑貨バッグ キャロン国」

機内持ち込みバッグはいつものこれ↓。「海外旅行に持っていくバッグの選び方」にも載せた愛用品。


海外旅行 サンダル
靴はこれをメインに。「海外旅行に持っていく靴」で、ぶっ壊れたモロッコサンダルの替わりに買ったと書いたやつがこれ。トルコブルーのラインがなんとなく旅行っぽくって(?)買ったけど、ホテルではサンダル履いたりスリッパ履いたり何かと何度も履き換えるから、いちいちベルトを留めるのが面倒だわ。ちょっと失敗か?



初日 搭乗ファッション
バンコク 搭乗 服装

 上着:JOURNAL STANDARDのダウン
 トップス:GAPのボーダーセーター
 インナー: ef-de(エフデ)のノースリーブシャツ
 スカート:INEDのジャージ素材エスニック柄スカート
 タイツ:ユニクロのヒートテックタイツ


だらしない格好で失礼。上半身しか写っていませんが、12月の寒い冬の日本から30度のバンコクへ。ホテルがコンラッドだったので、いつものスニーカー系搭乗ファッションはやめといた。と言ってもせっかく旅行なので、柄 on 柄で派手派手です。スカートはピーチピンク色。浮かれポンチな格好をしています。

寒い日本から暑い国へ旅行する場合の服装、上着はいつもは飛行機内で邪魔にならない薄いニットコートで行きますが、早朝家を出た時の気温が2度だったので、ハーフ丈のダウンへ変更。機内に持ち込むとダウンは邪魔になるので、スーツケースを預け入れる前に、ガバッと開けて中に押し込みました…姉のダウンを。

姉は荷物が多いので、行きのスーツケースからダウンを突っ込むスペースがなく。妹は自分のスーツケースに姉のを入れてあげ、自分のは機内に持ち込みました。そうなることを見越して、優秀な妹はハーフ丈のダウンを選びましたよ。長い丈のダウンよりは場所をとらず膝にも掛けやすかったけれど、やっぱりダウンは機内に持ち込むと邪魔でした。膝から落ちやすいし。ユニクロの畳めるダウン、買おうかな…。


初日 現地到着後
バンコク コンラッド 服装


 トップス: ef-de(エフデ)のノースリーブシャツ
 スカート:INEDのジャージ素材エスニック柄スカート
 羽織もの:ユニクロ


フランドルオンラインストア INED ef-de LESOUK

またしても上半身のみ。搭乗ファッションの恰好から、到着直前に機内でトップスとタイツとヒートテック下着を脱いで、薄い羽織ものを着た状態。泊ったホテルがコンラッドでビジネスマンが多かったので、チェックインぐらいは堅めの服装で。

旅行の服装を選ぶ際の個人的こだわりポイントに、”仕事じゃ着れない服をここぞとばかりに着る”というのがある。今回は、堅めの服でもノースリーブで仕事では着づらいという点で出番のないef-deのノースリーブシャツを、ここぞとばかりに着ました。何年ぶりかな、この服。


2日目 水上マーケットアユタヤ観光
アユタヤ 服装

 トップス:ベトナムのememで買ったもの
 インナー:ユニクロのブラトップ
 ボトムス:Amel the shopのカーキカーゴパンツ
 羽織もの:ユニクロ
 帽子:帽子屋Blakeで買ったコサージュ付きハット


出ましたememのトップス。暑い国では必ず着てる。寺院巡りなので一応羽織ものを持って行きましたが、ガイドさんに聞いたら羽織らなくて平気とのことであまり着なかった。服装に厳しいのはバンコク市内の寺院のようです。


3日目 バンコク市内観光
バンコク市内観光 服装



 ワンピース: OZOCのロングワンピ
 トップス:Selectshop mahna mahnaオリジナルカットソー
 羽織もの:ユニクロ

後ろのおじさんじゃないですよ。手前の人です。ちなみに後ろのおじさんは見知らぬ方ですが、モザイクの下はとてもいい笑顔でカメラ目線です。

そして出た、Selectshop mahna mahnaオリジナルカットソー。こちらも定番。ロングワンピはカットソータイプのゆるいやつ。ロサンゼルス&ラスベガス旅行の時にものっすごい久しぶりにひっぱり出して着てみたら、締め付けがなくて旅行や機内でちょうどよかったので、旅行の時のみ復活するワンピ。

バンコク市内観光、特に王宮は、とにかく肌の露出がダメ。ノースリーブ、膝のでるスカート、レギンス、(サンダルも?)がアウトというので完全武装で。くるぶしの隠れるロングスカート、スニーカーにくるぶしの隠れるソックス、上は半そでカットソーに念のため長袖の羽織ものも持って。無事通過できました。

スニーカーは、「旅行用スニーカー考」で買ったと書いたコンバースオールスターのレザーです。スニーカー考その後で書いたとおり歩きづらいし疲れる。数時間の観光終わってホテル戻ったら速攻脱いで、サンダルに履き換えた。


4日目 コンラッドでアフタヌーンティ
コンラッド・バンコク アフタヌーンティー 服装


 ワンピース:ベトナムのememで買ったもの
 羽織もの:Private Graceのカーディガン


足を閉じろ足をw チェックアウト後のアフタヌーンティだったので、そのまま飛行機に乗りやすいようにカジュアルめのワンピです。


4日目 搭乗ファッション
バンコク 搭乗 飛行機 服装

 ワンピース:ベトナムのememで買ったもの
 トップス:GAPのボーダー
 タイツ:ユニクロヒートテックタイツ

疲れているので写真ボケボケ。アフタヌーンティーの格好の上に、初日と同じセーターを着て、ヒートテックタイツ履いた格好。飛行機寒いので、乗る前に着こみました。

バンコクはとにかく暑かった!12月でバンコクにしてはそんなに暑くないんだろうけれど、冬の日本から行くと温度差が堪えたわ…。湿気もある。締め付けない通気性の良い服に、帽子をお忘れなく。


 FOREVER 21 Japan
関連記事

 海外旅行ファッション,旅行ファッション,バンコク,