旅行鞄にクリスティ

海外旅行とアガサ・クリスティのブログ 最近はマイリトルボックスレビュー・コスメ・ファッションに侵食されぎみ


カフェ:Tas yardのビターフレンチトースト(北参道)


ホテルの朝食で、見かけると引き寄せられるように必ず食べるメニューがある。フレンチトースト、ブレッドプディング、エッグベネディクト、おお、見事に卵系ばかり。特にフレンチトーストとブレッドプディングは似た系列。甘い卵液とパン、魅惑の組み合わせ。そう言えばたしかコタキナバル旅行記でも、ブレッドプディングブレッドプディング煩く書いていたようなw

自分でフレンチトーストを作る時は、パンの種類はこだわりなく、厚切りのもので中まで卵液を浸して、中まで火が通らないとグズッとするので弱火でじっくり焼いて、最後に表面に焦げ目をつけてカリッとさせて、シナモンとはちみつをこれでもかとかけて、あればホイップクリームも乗せて…ああ、涎が。卵と牛乳と砂糖という単純な組み合わせは、なんでこんなに美味しいのか。

ホテルの朝食だけでなく、フレンチトーストやブレッドプディングは見かければついつい食べてしまう。一口にフレンチトーストといっても、ホテルオークラのようなじっくり卵液をしみこませふっくら焼いたシンプルながら手が込んだものから、フレンチトースト自体よりも、フルーツやら生クリームやら上のデコレーションのほうがメインなんじゃないかと思うようなボリュームMAXなもの、なんかべとっとしてて中央はスカスカのいかにも余ったパンの再利用風なものまでwお店によっていろいろ違いがある。私はグルメじゃないので大抵どれも美味しく食べますが。

ということで、変わり種のフレンチトーストのご紹介。先日漂うカレー臭に引き寄せられ、お腹すかせてお昼を食べに寄ったカフェ「 Tas yard 」でメニューにフレンチトースト発見、がっつり食べるとの宣言を速攻で撤回しフレンチトーストをオーダー。バナナ嫌いなので、バナナなしでお願いする。そして出てきたのがこちら↓


Tas yard フレンチトース


…バナナのってる。

まあいい。ささっと除けてバナナは友人に食べてもらう。そしてOH!フレンチトーストが黒い。焦がしキャラメルがたっぷりかかってます。焦がしキャラメルなので、ビターな大人向けの味です。私は大の甘党なので、どちらかというと甘いキャラメルの方が好きですが、キャラメルのおかげで外はパリパリ、ナイフを入れるとサクッとします。

そして中はふわふわもっちり。中まで卵液がしっかり浸ってる。頼んだ時に店員さんに「出てくるまで20分ぐらい時間がかかる」と言われたのですが、なるほど納得。これは手が込んでそう。

想像以上のボリュームで、お腹いっぱい。ごちそうさまでした。ここは本当はカレーが有名なカフェのようですが、フレンチトーストもなかなかでした。ちなみに友人の食べていたハヤシライスも、具がほぼ溶けるぐらい煮込まれていてトロトロで、とても美味しそうでした。

Tas yard(タスヤード)
住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷3-3-14
TEL:03-3470-3940
営業時間:11:00~20:00
定休日:無休

PLST 公式通販サイト
関連記事