旅行鞄にクリスティ

海外旅行とアガサ・クリスティのブログ 最近はマイリトルボックスレビュー・コスメ・ファッションに侵食されぎみ


海外旅行に持っていくスキンケア(基礎化粧品)・ボディケア用品

バブルバス

海外旅行時の基礎化粧品にどんなものを持っていくか・どこまでスキンケアをするか、人によって異なると思いますがざっくり分けると2つのグループがある。いつもより簡易な基礎化粧品を持っていく派、何が必要になるかわからないし万全の体制で持っていきせっかくなのでいつも以上にお手入れ頑張る派。

私は前者です。非常に簡素なので何の参考にもならないぐらい。なので初めに断っておきますが「これでスキンケアもばっちり、いつでも女子力マックス☆」な情報はここから下にはカケラもありませんよ。本当は旅行中は洗面所・バスルームも広くて移動も楽だからお手入れしやすいし、ゴージャスなホテルでいつもよりリッチなお肌のお手入れホホホ…とかやりたい。ですが自分の旅行スタイルを考えるとなかなか難しい。


基礎化粧品 簡易派の理由


  1. 荷物を減らしたい

  2. スキンケア重いし。

  3. 旅行中は時間がない、疲れている

  4. 日によっては、現地ツアーの集合時間が朝7時半とかだったり、また時間があっても朝食は優雅に~とかやってるといつのまにか時間が無くなっていたり。旅行中はいかに手順を省いてケアできるかが重要になってきます。

    夜は夜で遅く帰ってから翌日の予定立てて準備していやその前にコーヒー入れてちょっと一息…とかやっていると、のんびりお手入れしている暇がない。最近は予定を詰め込まずホテルステイを楽しむ旅スタイルにシフトしつつありますが、ホテルを良くするとホテルの中で楽しみたいことが増えてしまい、どうも旅でのんびりは向いていないようで。

  5. 紛失・盗難が怖い

気になるのがホテルのルームメイク時や空港での紛失・盗難。ホテルは割と重視していてなるべくある程度のランクのホテルに泊まるようにはしているので、今のところ盗難にはあったことないけれども。

コンラッド バンコク バスルーム
タイで泊まったホテル:コンラッド バンコク(CONRAD BANGKOK)【楽天トラベル】

ちなみに旅行時に持っていく一番高価なものはスーツケースです。基本的に万単位ものはほぼ持っていかず、スーツケースとカメラ、スマホ、パスポートぐらい。安価な物か、買った時は高くても使い込んでボロくなったもののみ。どんなにいいホテルでもスタッフ全員が信用できるわけではないし、自室に他人が出入りするという状況は用心するに越したことはない、空港でスーツケースごとの紛失も結構あるらしいし、と持ち物は厳選しているつもりでも、意外と盲点なのがコスメ。ついいつも使っているものだからと持って行ってしまうと、よく考えると結構な値段のものがあったりします。

そしてスタッフ以上に信用ならないのが自分でw 細々したものを沢山洗面所に並べたりしてたら、絶対忘れ物する自信があります。途中でホテル移動を挟む旅行の時なんか特に。ということで、スキンケアだけでなくメイクアップコスメも基本安い物中心に持っていきます。


実際に持っていくもの


簡易派の人の海外旅行に便利なものといったら、何と言っても試供品。使い終わったら捨ててこれる分、詰め替えよりも試供品の方が便利。試供品が足りない場合だけ詰め替えて行きます。中味こぼしたりルームメイクの人に捨てられたりwといったハプニングがあるので、日数分+α持っていきます。そして忘れちゃいけない機内メイク落としセット(参照⇒飛行機内での上手なメイクの落とし方_機内持込の基礎化粧品)。実際に持っていくのはこんな感じ↓

バージョン1:通常のパターン


海外旅行 基礎化粧品 持ち物

・クレンジング
・洗顔料
・化粧水
・乳液
  +機内メイク落としセット

これらを、試供品やミニサイズで持っていきます。ほんと必要最低限ですね。シートパックぐらいやろうかなと持って行ってみたりもしたのですが、毎回やらずにそのまま持って帰って来るだけなのでもう諦めました。愛用のブランドの試供品を旅行用にいつもある程度キープしています。私は使ったことのないブランドのサンプルは持っていかないです。顔に塗るものなので肌トラブルが怖いし、万が一海外でかぶれても病院に行きづらいので、肌の弱い人は普段使っている慣れたブランドのものが無難

飛行機内 メイク落としなお、機内でメイク落とせるように、機内メイク落としセット(ビオデルマのクレンジングローションiconドクターシーラボ オールインワンゲル)は別に必ず持っていきます。

ちなみに、長めのヨーロッパ旅行にはさすがにずっと試供品ごちゃまぜて使うのは肌に悪そうなので、POLA系列のディセンシア アヤナスのトライアルセットを持って行きました(⇒実際の様子はこちら参照)。これ、気に入ってその後現品購入しています。トライアルセットはどのブランドでも現品よりもグラム当たりの値段がお得なことが多いし、取りあえずケアに必要な基本的なアイテムが揃っているので、試供品持って行くとパウチでこぼしてしまうのが気になるという人にもおすすめです。

アヤナス トライアルセット


バージョン2


すんごい予定みっちりの旅行だったり、日数が少ない場合はさらに簡素になってこれ↓

海外旅行 基礎化粧品 持ち物

・クレンジング
・洗顔料
・オールインワンゲル

酷いw 前述の機内メイク落としセットビオデルマのクレンジングローションiconドクターシーラボ オールインワンゲル)に洗顔料を足しただけ。ビオデルマのクレンジングローションは洗顔不要なのですが、気分的に水で顔洗いたいので洗顔料をプラス。う~ん、この女子力のなさ…。我ながら酷い。人の旅行ブログやパッキング動画が好きで色々な人のを見ているのですが、たまにものっすごい量のスキンケアを持って行く人がいてそれとの違いに我ながら悲しくなります。パックなんて日替わりで持って行ったりして。でも私は旅先では絶対そんな使わないんだもの…。

でも究極、オールインワンゲルとクレンジングローションさえあればなんとかなります。荷物を減らしたい人、時間のない人にはこの2つは旅行の必需品。場合によってはオールインワンゲルをハンドクリーム替わりにしたり体に使ったりもする。


ボディケア


ちなみにボディケアは、
シャンプー・コンディショナーのミニサイズ・試供品
ハンドクリーム
リップクリーム
メッシュタオル
日焼け止め
を持っていく。シャンプーは海外のだと髪がボワッとなるから日本から持っていきますが、あとはボディーローション、ボディーソープ等はホテルのアメニティのを使うので持っていかない。体は顔よりも比較的かぶれにくく、慣れていないやつでも平気なので。シャンプーも愛用ブランド関係なく、ある試供品を持っていきます。顔よりだいぶ気を使っていないw

それと、なんだかんだ言って、ホテルについているアメニティがその国の水・気候に合っている気がする。乾燥した北欧のホテルにはコッテリ強力クリームついていたし、熱いバンコクはサラッとしたプルプルボディーローションだったし。また日本のシャンプーはヨーロッパだと泡立たない場合有り。

アウトバストリートメントは日数の長い旅行のときのみ。スタイリング剤も、縮毛矯正かけているのでその時の癖の出具合によりますが、基本持っていかない。


スペシャルアイテム


とまあシンプル極まりない、とても女子と思えない持ち物ですが、簡易派の私でも旅行時にはいつもと違うゴージャスアイテムwを持っていく場合があります。

バブルバス

バブルバスです。

これね、家でやると結構めんどくさい & 家族から苦情が出る。旅行用にわざわざ買ったりはしませんが、プレゼントで貰ったりセットの中に入っていたりするので、こういう家で使いづらいものを手に入れた時は旅行時にここぞとばかりに消費します。

20151116_2806.jpg
グランド ホテル アムラス アムステルダム【楽天トラベル】

写真はアムステルダム旅行の時にした泡風呂。ホテルの浴室ならシャワーブースが別についているので、泡ぶろしやすいです。こちらは旅行「に」便利なコスメ、というより、消費するのには旅行「が」便利なコスメですねw

関連記事

 オールインワン,海外旅行持ち物・トラベルグッズ,バスボム・入浴剤,