旅行鞄にクリスティ

海外旅行とアガサ・クリスティのブログ 最近はコスメ・ファッション・マイリトルボックスレビューに侵食されぎみ


ダークブラウンのアイライナーは黒より使える!―ラブ・ライナー リキッド

最近嬉しい商品のモニターをすることができました。それがこちら、ラブ・ライナーのリキッドアイライナーラブ・ライナー リキッド。これまで使っていたジェルタイプのアイライナーが乾燥か経年かでカスカスになってきたので、今度はリキッドアイライナーを買おうといろいろなブランドを比較して、ラブ・ライナーが気になるなと思っていたところにこのモニターの話が。俄然気合が入ります。

ラブ・ライナー リキッド

ラブ・ライナー リキッド 1,600円
全3色(リッチブラック、ダークブラウン、ノーブルブラウン)

まずはパッケージを見て頂きたい。非常に可愛らしい。ちょっとオールドテイストな外国のお菓子のようです。

ラブ・ライナー リキッドラブ・ライナー リキッド

そしてアイライナー本体も。中間色というのでしょうか、ニュアンスカラーのメタリックなアルミボトル。色ごとにボトルの色も違うらしく、私の選んだダークブラウンはブラウンゴールドで、リッチブラックノーブルブラウンはピンクゴールドのようです。可愛い。そしてラインを引くときに手ぶれしないように、程よい重みをつけているようです。

中を開けると、ペン先は筆タイプになっている。

ラブ・ライナー

細い!ペン先0.1mmの極細筆。そしてコシがあるので、これは極細のラインも描きやすい。

ラブ・ライナー リキッドラブ・ライナー リキッド

引いてすぐなら、こすればポロポロ落ちるのでラインの修正もききます。なので、ラインを引いたすぐ後にビューラーを使うと剥げるので、急ぎの時はビューラー→アイライン→マスカラの順でメイクするのをお勧めします。時間がたつと落ちにくくなります。アイシャドウの上からでも比較的液の出に支障はありません。ただ何度も書いているとやはり液が出にくくなるので、そしたら振って使う感じです。

1日何も化粧直しせずに様子を見てみると、さすがに全くきれいにラインが全部残っているわけではありませんが、滲んで汚い感じの崩れ方ではありません。しかもお湯で簡単にオフできます

ラブ・ライナー リキッド ダークブラウン

赤みの少ないこげ茶で、とても好みの色です。茶色のライナーは、ものによっては変に浮いてしまったり、自然ではあるけれども引いている意味あるのか?という感じだったりして、色味の選択がなかなか難しいですが、このダークブラウンはかなり好みの色味。黒いマスカラとも相性はいいです。

これまでアイライナーは黒を使用していたのですが、私のようにつり目のデカ目だと怖い感じになってしまうことが多々あり。しかしこのぐらいの暗めの茶色ならそこまできつい印象はなく、しかし目はさらにでかく見せてくれるので使いやすく、黒よりも気に入りました。アイライナーをひくとキツく見えてしまいがちな人に特にお勧め。

アイラインを引く場合、何度もこすったり引っ張ったりして、目元への刺激が心配になってしまいますが、こちらは「メイクしながらスキンケア」 の出来る優しさにこだわったブランドで高級保湿成分を贅沢に配合、というのもうれしいポイント。弱い目元なので、毎日使うものは優しいものがいいですね。

ラブ・ライナー リキッドの詳細を見る



関連記事

 アイライナー,