旅行鞄にクリスティ

海外旅行とアガサ・クリスティのブログ 最近はマイリトルボックスレビュー・コスメ・ファッションに侵食されぎみ


写経体験なるものをすなり。ついでにヨガも ―赤坂見附 豊川稲荷東京別院

豊川稲荷東京別院 ヨガ教室

写経、素敵な響き…!とうことで念願の写経体験です。ブログでも何度か言っていますが、海外かぶれなブログなんぞを書いていながら和文化大好き、渋いもの大好き。写経はずっとやってみたいと思っていて、何年か前に比叡山の宿坊に泊まりに行こうとした時に、そこで写経ができるというので楽しみにしていたのですが、結局旅行が流れてしまったのでできず。それから数年、やっと夢がかなって写経体験です!


今回伺ったのは、赤坂見附にある豊川稲荷東京別院。こちらで毎月1日と、あとはどこかの日曜1回の計2回、写経会が行われています。そして同日にヨガ教室も開催されるので、ハシゴして体験するものOK。今月9月の予定は以下の通り。本日行われていますね。

【今月のスケジュール】
開催日:9/1、9/13
時間:写経会13:30~15:30/ヨガ教室15:45~17:00
料金:単体で受講の場合は、各2000円。写経参加者はヨガ無料。

豊川稲荷東京別院

がっつり都内のビジネス街、という感じの所に突如現れるこの緑の茂みが豊川稲荷東京別院。前の職場に割と近かったのですが、訪れたのは初めてです。早目に着いたしせっかくなので、写経前に中を散策。そこまで広くはないのであっという間に回れますが、結構いろいろな神様が祀られていました。

豊川稲荷東京別院豊川稲荷東京別院
豊川稲荷東京別院豊川稲荷東京別院


1時過ぎぐらいに履物を脱いで会場の建物へ。

豊川稲荷東京別院 写経


写経会場は2階なのですが、1階に休憩所があってお茶とお菓子を貰えました。

豊川稲荷東京別院 写経豊川稲荷東京別院 写経体験

とらやの最中「御代の春」です。嬉しい。なんかおばあちゃんちみたいな感じで落ち着くわ~とここに根が生えそうですが、休憩はそこそこにして2階写経会場へ。

豊川稲荷東京別院 写経


思ったよりも広い会場。ここで料金の2000円をお支払。座席は自由で、椅子席と正座席がありました。ただお坊さんの話からすると、正座席は椅子席が足りなかったから出したようで、もしかしたら普段は椅子席だけかもしれません。

豊川稲荷東京別院 写経豊川稲荷東京別院 写経
豊川稲荷東京別院 写経豊川稲荷東京別院 写経

席には写経セット。写経する般若心経と用紙、そして意外にも筆ペン。筆と硯じゃないんだ…とこの時はちょっとがっかりしたような安心したような。でも終わってみれば筆ペンでよかったかも。筆で書いたら時間内に多分終わらなかったわ。ちなみに、時間内に終わらなかった場合は、後日郵送で納めても良いらしいです。写真右下のは輪袈裟。これをかけて写経します。

前の方に座ったので人数はよくわかりませんが、参加者は30代から上がまんべんなくいる感じかな?どちらかというと女性の方が多かったような。

いきなり写経を始めるのではなく、まずは本尊三拝、読経、回向、本尊三拝、静座をしてから写経に入ります。この静座は、姿勢を正して目を半開きぐらいにして15分ほど心を無にして座っているのですが、せっかくのなので希望者はお坊さんが後ろに回ってきた時に背中を丸めて合図すれば、例の警策(?)でバーンというのをやってくれるとのことでした。が、私は前の方に座っていたためどうしようか迷っている内に通り過ぎてしまいました。結構やってもらっている人多かったですw 残念。ちなみに「喝!!」とは言っていませんでした。これも宗派によって違うんですかね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

入門 なぞる写経セット「般若心経」 筆ペン付き
価格:1296円(税込、送料無料) (2016/12/27時点)

さて、いよいよ写経です。写経は、経典を教えの通りに書き写して後代に正法を伝えるため、また仏道修行の方法としてもすすめられてきたため、正しく書写することが基本であり、字の綺麗さよりも何より、字を間違えないことが大事とのこと。そう言われるとどきどきしますが、写経する紙にうっすらと正しい字が印刷されているので、大丈夫。

始めの方はすごく丁寧に止め・はらいとか意識して書いていたのですが、そんなことしてたら時間内に終わらん、郵送とか面倒だし!そして手もなんか痛くなってきたし!という煩悩まみれの理由で高速化。こんなんで意味あんのか?とにかく無事時間内に書き上げて奥の院の奥宮へお納めするのですが…お焼香!やばい!やり方わからん。前の人の見て合わせようとしましたが、割ととみんな適当…?よくわからなかったので私も適当にしました。

今ついでにググったところ、豊川稲荷東京別院は曹洞宗、曹洞宗でのお焼香は、回数は2回で、1回目は額に押し頂き、2回目は頂かずそのまま焼香らしいです。

その後はありがたいお話を聞いて、再度皆で読経して写経会は終了。その後ヨガ教室も参加する人は、更衣室(というか空き部屋)で着替えることができます。ヨガの会場は写経と同じ場所。着替えて戻ってくると、机は取っ払われて広々。マットは借りられます。数に限りはあるようですが結構な数あったので、大部分の人は借りられるのではないでしょうか。一応早いもの勝ちです。それと水も貰えました。

日本初上陸!!話題のLAヨガブランド【eka Los Angels】

豊川稲荷東京別院 写経

参加者はほとんどが女性。プログラムは、参加者に初心者が多かったので簡単なものになっていたようです。私も本格的なヨガは数回しかやったことないですが、特に難しくなくできました。お寺とヨガ、雰囲気が合っていて、心が洗われるようでとても気持ちが良かった。大通り沿いなので車の音はうるさいですが。

抹茶あんみつ  京・茶房TSURU

1時間ちょっと体を動かしたせいですっかりお腹がすいたので、帰りに抹茶あんみつを食べて帰りました。やっぱりこういう時は甘味だよね。





海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】
関連記事

 和文化,ヨガ,