旅行鞄にクリスティ

海外旅行とアガサ・クリスティのブログ 最近はマイリトルボックスレビュー・コスメ・ファッションに侵食されぎみ


【ドラマ】名探偵ポワロ『コックを捜せ』 ―記念すべき第1話がこの話か!?


『コックを捜せ』(『炊事婦の失踪』)
ポワロ役:デビッド・スーシェ

始まりました~名探偵ポワロハイビジョンリマスター版再放送、1話目は『コックを捜せ』です。原作は短編集『教会で死んだ男』に収録されている『炊事婦の失踪』…こんな地味な話が最初とは…!とりあえずあらすじ~。

ガスオーブンでの自殺やら銀行員が大金持って失踪した事件やらのちんけな事件には食指が動かなず、国家的大事件でなければ引き受けないというポアロの元に、失踪したコックのを探してほしいとの依頼がトッド夫人から持ち込まれる。夫人の迫力に思わず引き受けてしまったポワロは、トッド夫人の家で聞き込みを開始するが、ほどなく1ギニーと共に依頼の取り消しの手紙が送られて来る。格別の好意で引き受けてやったのにたった1ギニーでお払い箱にするとは!と怒り心頭のポワロは、プライドにかけて事件の解決を誓う。


どうでもいいですが、よくクリスティーの小説の中にガスオーブンに頭突っ込んで自殺とかいう事件が出てきますが、この時代はこういう自殺方法が流行っていたんですかね。ぱっと思いつくだけでも『動く指』とか『ホロー荘の殺人』とか。今でいう練炭自殺みたいなもんでしょうか。

そしてヘイスティングズが読み上げたニュースで、「夫、ガスオーブンで焼身自殺か」とあったのは、訳の間違えよね?オーブンで「焼身」は無理だろ~。原作では普通に「ガスオーブンで自殺」です。書いてありませんがもちろん中毒死です。これはTV版で訳した人が勝手に、オーブンだったのでつい語呂も良いし焼身とつけちゃったんでしょうね。それともオーブンなんかで焼身自殺しちゃったよ!というニュースとか?いやそんなん普通に他殺と思われるし、焼身自殺か?とかのニュースにもならんし。

それはさておき、1989年に放送された第1話、後半の美麗な映像と比べると、古くていかにもお金がかかっていない感じがします。放送時間も短いので、見ごたえと言うとやはり劣る感じ。そしてポアロの見た目も若いですが、口調も若いw ところどころタメ口です。そしてTVシリーズでは1話目からジャップ警部もミス・レモンも登場。



普段公爵夫人の宝石の盗難やら国家の一大事やらの大事件を引き受けるポワロが、一般家庭のコックの失踪というこんなしょぼい事件をあつかうなんて、というのが面白味の話なので、これを第1作目に持ってくるのはどうなんでしょうね。でも登場人物紹介にはちょうどいいのかな。プライドの高さとか、自慢のひげやスーツにつけた見えないほどの油染みを気にし、ジメッとした湿地を歩いて靴が汚れるのを苦々しく見つめるところとか、田舎の風景にあまり興味がないところとか、1時間という短い間にいかにもポワロの小ネタが沢山。

ジャップ警部に嫌味言われてぐぬぬとなるポワロが可笑しいw ここはドラマオリジナルです。原作にはジャップ警部もミスレモンも出てきません。

以下ネタばれあり

クリームティー

料理人の失踪というちんけな事件が、実は冒頭にヘイスティングズが読み上げた銀行の巨額横領事件とつながっていた、というのは面白い。初読時はここはすっかり世間話として流し読みしていたので驚きました。

私は人の顔を見分けるのが苦手なのでよくわからないのですが、ドラマの冒頭でコックの荷造りをしていたのはシンプソンでいいのよね?ばっちり顔映った状態で普通に犯人が荷造りする様子を流してましたけど…。荷造りしたのと犯人は別でした~という話なら分かるけど、今回はそうじゃなくてばっちり犯人だし、これすごいネタバレでないの?冒頭ですでにシンプソンがコックの失踪に関係しているのがわかってしまい、何のひねりもなくそのままシンプソンが犯人。本気で推理しながら見ていた人はどう思ったんだろうか。私は話を知っているので何とも思いませんでしたが、もし話を知らなくても顔を覚えるのが苦手なのであれがシンプソンとは気が付かなかったかも。ホント人の見分けがつかないんですよね~…。



しかし死体の隠し場所として目立たない普通の大きなトランクが必要だったというのがいまいち腑に落ちないような。ならトランクに入れて駅に預ける以外に、都会で持ち家のない人がどこに死体を隠すのか、と考えると困ってしまうわけですが。公園に埋めるのも掘ってるとこ見つかったらあれだしそこまで持っていくのも何かに入れないといけないし。やっぱり段ボールかトランクで、どっかに送るのが楽なのか。しかし今回はど田舎の貸し家を借りて嘘の遺産話をでっち上げてわざわざ料理人を失踪させるという大掛かりなことまでしているわけで、これが楽と言えるのかどうか。う~む。

とはいえ話はほとんど原作通り。もともと私はクリスティの短編は特に好きでもないので、これも特に話としてはそんなに面白いところはないかな。時間も55分と短いので、あっさりと終了。まずは登場人物紹介といった感じです。


関連記事

 名探偵ポワロ,