旅行鞄にクリスティ

海外旅行とアガサ・クリスティのブログ 最近はコスメ・ファッション・マイリトルボックスレビューに侵食されぎみ


ヨーロッパ旅行から帰国しました


10日間ほどヨーロッパに行っていました。せっかくなのであちらでブログを更新してみようかと思いましたが、いつもと違う環境下からのアクセスで認証コードを求められて、PCメールが見られなかったためコードが見れず。ここ数日は日本で予約投稿しておいたエントリーだけ上げられていました。海外でFC2ブログを更新予定の方は、海外でチェック予定のメールアドレスの登録をお忘れなく…。

エッフェル塔 パリ


パリ最終夜にテロがあり、私のホテルのある9区は現場から地下鉄で数駅、翌朝出国予定のパリ北駅も現場に近く不安でしたが、一夜明けると警察の姿は多いもののお店も営業し、外出・通勤する人の姿も車も人通りもあって、通りの様子は思ったより通常に近く。不安を感じながらも協力して通常の生活をしているような、なんとなく震災直後の都内を思い出すような感じでした。大きな観光施設は閉館していたようですが、私の見た範囲では通常通り。パリ出国、ベルギー入国も、通常通りパスポートもノーチェックで鉄道(タリス)で普通に移動できました。パリ北駅には自動小銃をもった数人の迷彩服の軍人の姿がありました。

ツアーではなく個人旅行で行ったので今回のテロも自分で対処せねばならず、当初は日本語でニュースや情報を探していたのですが、日本語のニュースも全然ないし、日本のツイッターだと国境封鎖や外出禁止令等の誤訳なんだか拡大解釈なんだかのデマが多くてぜんぜん参考にならず、英語で調べてどうにかなった感じです。国境はタリスで移動したのですが、さすが国際列車、ツイッターも英語・フランス語・オランダ語の3か国語それぞれのアカウントがあって、かなり頻繁に更新されていてホッとしました。

テロが起こったのがパリでの最終夜だったのもあり、パリも、パリ以降の国も旅程・観光に関しては結果的には全て予定通り何のテロの影響もなく終えました。今回は個人旅行だったので、いつも以上に現地の人に質問し度々親切にしてもらいました。テロ前のパリ北駅では、乗り換えに困っている様子を見つけた日本語の堪能なパリの女の子がわざわざ声をかけスマホで行き方を検索してくれたりと、良い出来事、優しい人のことばかり思い浮かぶのですが、あの人たちが巻き込まれていないといい。今改めて写真を見ると、パリの街並みの中たくさんの人、沢山の観光客が楽しそうに写真に映っています。早くパリが元の生活に戻ることを祈っています。

日本ブログ村ランキングに参加しています
↓ポチっとしていただくと更新の励みになります

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村



関連記事

 個人旅行,