旅行鞄にクリスティ

海外旅行とアガサ・クリスティのブログ 最近はコスメ・ファッション・マイリトルボックスレビューに侵食されぎみ


渋谷ヒカリエの光文社70周年イベントkiraripartyで井川遥、DUVETICA、SUQQU(スック)を堪能してきた

光文社70周年kirariparty


1月ほど結構前になってしまいましたが、渋谷ヒカリエで行われた光文社70周年kiraripartyに行ってきました。

光文社70周年kirariparty

会場は大きく分けて2つ、光文社コンテンツエリアとメインステージエリアに分かれていました。光文社コンテンツエリアには、アイスやスープの等食べ物のサンプリングやファッションの展示、表紙フォトコーナーが。

光文社70周年kirariparty HERS光文社70周年kirariparty ロッテ
光文社70周年kirariparty 朝のたべるスープ   フジッコ光文社70周年kirariparty


シャンパンやアイスまで。ちょびちょび食べながら見て回ります。
「朝のたべるスープ」の横にいるふじっこのお豆のぬいぐるみ、名前を聞いたのに忘れてしまった。

光文社70周年kirariparty  とろけるきなこ 真誠

こちらは真誠の「とろけるきなこ」のゆるキャラ。 一緒に写真撮ってもらったw

各エリアをつなぐ通路では美魔女総選挙をやっていて、投票するとくじを引け―

アイブレラ 光文社70周年kiraripartyアイブレラ 光文社70周年kirariparty


なんとサングラスが当たりました。

アイブレラ 光文社70周年kirariparty

アイブレラクリアデュオ グレーパープル
¥21,600- (税込)

"ブルーカットレンズ" を搭載のアイブレラは、透明感のあるレンズでメガネ感覚で着用でき、朝起きてから夜寝るまであらゆるシーンで瞳を守るサングラスとのこと。レンズの色が濃くないので、ぱっと見眼鏡のようにも見えます。色味の薄いサングラスは持ってないので、嬉しい~。


メインステージエリアは各時間いろんなショーが行われており、井川遥とリリー・フランキーのトークもあったり(撮影は不可でした)。

光文社70周年kirariparty ショー光文社70周年kirariparty ショー


その周りにはコスメ等のサンプリングエリアが。

光文社70周年kirariparty マキアージュ光文社70周年kirariparty DHC
光文社70周年kirariparty アジエンス光文社70周年kirariparty ヨーグリーナ

イタリアのダウンブランドDUVETICAiconのブースでは、先着で貰えるノベルティのインサイドバックを無事ゲット。DUVETICAiconは聞いたことがないブランドだったのですが、調べてみたところPLST(プラステ)で買えるんですね。ここのダウン、試着したところカジュアル感が薄目で高級感があって大人っぽく着れるタイプで、非常~に素敵でした。結構本格派の印象。しかしやはり私には値段はちょっと高め…。でも本当に素敵だったな。ダウンだとどうしても手抜き感が出がちだけど、ここのはなんか上品だった。いつか欲しい。

iconicon
DUVETICA ダウンコートicon

SUQQU(スック) のブースもあって、タッチアップしてもらえました。

光文社70周年kirariparty SUQQU(スック)


カラーファンデーションという名のチーク・シェーディングの使用感を試すのをメインに。このシェーディングは顎の裏に入れるもので、すごく珍しくてずっと気になっていたやつなので試せてよかった。

光文社70周年kirariparty SUQQU(スック)

SUQQU<スック>カラー ファンデーション 4,000円

顎下にこれを入れると、キュッとフェイスラインが閉まって小顔に見える。それにここのラインが綺麗に見えると色気がでるよね。

今回試した中で一番気に入ったのは私はこのチーク&フェイスカラー。自然な血色感がでてぱっと華やかに見えます。ちょっといまフェイスカラーがかなり余り気味だから購入は見送りましたが。

光文社70周年kirariparty SUQQU(スック)

SUQQU<スック>チーク & フェイス カラー(限定色) 7,000円

スックはあまり普段手に取らないブランドだったのですが、こういうところで試せると親近感がわいてお店ちょっと行ってみようかな、という気になる。スックではミニサイズのマスクや洗顔料も貰えました。

光文社70周年kirariparty光文社70周年kirariparty

最新ファッションをまとったモデルさんたちによるファッションショーも行われたり。ほかにもいろいろなブースがあり、華やかに終了。

今回もお土産を沢山貰いました。写真に写し忘れましたが、お土産を入れたバッグはダブルスタンダードクロージングのモノクロでクールなバッグで、こういうところで配られるにしては1回限りではなくちょっとした用に使えそうなしっかりしたつくりでした。今回はコスメだけじゃなくサングラスやバッグインバッグ等ファッション系のものもあって、思った以上に豪華でした。

光文社70周年kirariparty お土産

このアジエンスのはいろんなところで貰いますね。順に使っているのでまだdecencia アヤナストライアルセットしか試せていないのですが、これはヨーロッパの乾燥をものともせずによかったです(このトライアルセットはその後リニューアルしてパワーアップしています)。他のも試したらまたブログに載せます。

⇒関連エントリー
ヨーロッパの乾燥に立ち向かえ―海外旅行に持っていった化粧品①アヤナストライアルセット
ストレスによる肌荒れから進むエイジングに、救世主登場か!―ディセンシア アヤナス リニューアル




関連記事