旅行鞄にクリスティ

海外旅行とアガサ・クリスティとマイリトルボックスレビューのブログ 最近はコスメ・ファッションに侵食されぎみ


エコノミーコンフォートで足元広々!初のKLMオランダ航空でアムステルダムへ【フランス・ベルギー・オランダ旅行記】

11月9日 1日目前半

さて、ヨーロッパ個人旅行記、スタートです。まずは11:25成田発のKLMオランダ航空で、アムステルダムに向かいます。空港まではちょうどラッシュの時間。スーツケース抱えているので、ちょっとでもラッシュを避けようと3時間以上前に成田空港第1ターミナルに着く。

成田空港

旅の時間の中でも、空港でいろんなアナウンスを聞いている時が一番好きかもしれん。いよいよ!とワクワクするよね。ちなみにこのネームタグは、最近はまっているMy Little Boxマイリトルボックス)の去年の7月のMy Little summer Boxに入っていたネームタグ入れです。やっと出番がきました。可愛い。せっかくパリに行くので、パリつながりでMy Little Boxグッズを沢山持ってきました。

3時間もあるので何して時間潰そうかと思いましたが、空港大好き、ショッピング大好きなので中のお店を見たりしているうちにあっという間に搭乗時間。この時は買う気はなかったものの、念のためシャネルのブラシセットの値段も見ておく。1万円はしなかった。


KLMオランダ航空

成田⇔アムステルダムは11~12時間です。KLMは1日一便のみ。今回は行きも帰りもエコノミーコンフォートで、時間も長いので広い足元がありがたい。普通のエコノミー席より約10cm広く、リクライニングの角度も2倍になっていて、寝る時の快適度がかなり違います。

KLMオランダ航空 エコノミーコンフォート

KLMオランダ航空“ミッフィーと行くヨーロッパ感動の旅” 、ということで、ミッフィー表紙の機内誌もある。可愛い。

KLMオランダ航空 ミッフィー

ミッフィーは機内誌だけでなく、機内食にまで。連れと和食と洋食半分こにしたのですが、どちらも美味しかったです。特に和食が。

KLMオランダ航空 機内食KLMオランダ航空 機内食

おやつにアイスが出て、軽食にはアジアン麺。行き帰り食べて思ったのですが、KLMは機内食はかなり美味しいほうではないかと。

KLMオランダ航空 機内食KLMオランダ航空 機内食

しかも、今回はまだ見れなかったのですが、つい先日リニューアルされた機内安全ビデオがとても素敵なんですよ。これ、合成とかでなく、オランダ伝統のデルフト焼きの陶器を1枚1枚コマ撮りしてつくられているんです。自国の伝統を大事にして、現代的なものにこうやって可愛く使う姿勢は素晴らしい。



今回KLMオランダ航空は初めて乗ったのですが、至る所に配色されたブルーとオレンジのテーマカラーも可愛いし、かなり気に入りました。ヨーロッパ行くときはまたKLMにしようかな。

機内エンターテイメントは、日本語のある映画の本数はまぁそこそこ、行きはミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション、『Far from the Madding Crowd(原題)』を見て、ゲームをやって後は爆睡。前日あまり寝れなかったのと、座席が広めだったのもあってぐっすり眠れました。

でもエコノミーコンフォートゾーンは2列と3列があって、行きは3列の窓寄りの2席。知らない人が通路側にいたため起こすのも悪いし機内食等起きるタイミングを狙ってトイレに行くのが地味に大変でしたw 多分、日本人女性だったらエコノミーコンフォートで足元が広めなので下手したら寝てるのを起こさずに行けるかもぐらいの余裕があったのですが、なんせ体の大きなオランダ男性だったので。私はエコノミーコンフォートの窓側とエコノミーの通路側だったら、エコノミーの通路側がいいかな~。


↑こういうのあればエコノミーでもそれなりに我慢できるし。でもまあ寝てればどっちにしろあっという間です。オランダ到着~。

スキポール空港

雨です。天気予報を見て知っていましたが、残念。そして入国審査に向かっているはずが間違って乗り継ぎのゾーンに入ってしまいやらんでもいい全身スキャナーを受けるというハプニングもありましたがw無事入国。なんか水捨てろという表示があったのでおかしいと思ったんだよ。わかりやすいと評判のスキポール空港でこれとは我ながら情けない。人の流れにつられて行ってしまいました。ちゃんと表示見ていれば間違えることは無いと思います。しょっぱなからなんだか波乱の旅の予感がしますが、本当に今回はテロやらなんやらで最初から最後までドタバタでした。

そんなことはまだ知らず、オランダ入国です。入国審査で長蛇の列だったのもあり、スーツケースを取りに行く頃にはレーンに誰もおらず、数個のスーツケースがむなしく回るのみ。取りあえずキャッシングで現地通貨を手に入れて、空港からアムステルダム中央駅まで列車で移動します。

スキポール空港駅は空港直結、空港内を列車の表示を頼りに進んでいくと、広いところに出て、自動券売機やホームへのエスカレーターがあります。とても分かりやすいです。窓口はその端の方に。窓口で買うと手数料がかかりますが、何とオランダの券売機は現金だとお札が使えないので両替してもどっかで小銭に崩さなければならない、そしてクレジットカードだとこれまた手数料がかかるとか、そもそもクレジットカードは使えなくてデビットカードじゃないとダメとかなんとか。なら窓口で発券してもらったほうが間違いもないしいいや、ということで窓口で。

オランダ NS 切符

5.1ユーロ。切符代€4.10に、このToeslag€1.00というのが手数料なんでしょうな。ついでに窓口でホーム№と時間を聞く。あと5分後に発車!スーツケース転がして、急いでホームへ向かいます。ホームへはエスカレーターで地下へ。快速列車インターシティ(Inter City)と普通各駅停車スプリンター(Splinter)、どちらもアムステルダム中央駅に止まるようです。

ちなみに、改札もないし、ここでは打刻もしませんでした。パリなんかだと打刻しないと罰金ですが、オランダでは打刻についてはよくわからず。とりあえずスキポール・アムステルダム中央駅間、当日券片道切符を2回とも窓口で買い、打刻は結局一度もしていません。帰りは車掌さんが検札にきて切符を見せましたが、特に何も言われなかったのでいいのかな?

列車で20分ほど乗り、アムステルダム中央駅に到着です!列車や中央駅付近はスリ・ひったくりが多いと聞いているので、気を引き締めていきます。




関連記事

 オランダ,個人旅行,アムステルダム,