旅行鞄にクリスティ

海外旅行とアガサ・クリスティとマイリトルボックスレビューのブログ 最近はコスメ・ファッションに侵食されぎみ


1億越えの腕時計…アンダーズ東京×リシャール・ミル クリスマス女子会に行ってきました

アンダーズ東京

先週行われたアンダーズ東京×リシャール・ミル クリスマス女子会に行ってきました。25ans主催、RICHARD MILLE(リシャール ミル)、そしてドレスコード:カクテル、とのことで、さすがに普段のワンピ―スというわけにはいかずアンダーズの更衣室でドレスに着替えました。会場がホテルだと、着替える場所があるので助かる。

早速この間買ったトムフォードの限定ミニリップのリップス アンド ボーイズをバッグに入れていきました。どんなに小さなクラッチにも収まるよう計算しデザインされたといういこのリップ、やはりパーティで本領発揮ですね。この小ささはすごく便利です。もっと買えば良かったかな。

 ⇒関連エントリー:トムフォードの限定ミニリップ リップス アンド ボーイズでエリックとレオナルドをお迎えする

トムフォード リップス アンド ボーイズ
<トム フォード ビューティ>リップ カラー(限定色)

友人と合流して受付を済ませてひとしきり記念撮影をしたら、早速中へ。着飾った女性が沢山。目の保養だわ。
ウェルカムドリンクにシャンパンが配られる。

アンダーズ東京 リシャール・ミル パーティ

パーティーが始まる前に、会場に飾られた時計を眺めます。
凄く素敵―

リシャール・ミル腕時計リシャール・ミル 腕時計

一億超えとる…。あまりに縁のない桁数に、パッと見で金額が把握できませんでしたがw 

リシャール・ミルは、時計界のF1をコンセプトに、「現時点で求めうる限りの最高機能と成功品質のみを採用する」ことを追求する超個性派ブランド。超精巧ながらスポーツ競技による過酷な使用にも耐える時計はお値段も最高級。機能の難しいところは正直よくわかりませんが、それにしても美しい時計です。

さて、そんなことをしているうちにパーティー開幕。社長による開会の挨拶とブランド紹介の後は、リシャールミルの時計に合わせたファッションショーが行われました。

リシャール・ミル ファションショーリシャール・ミル ファションショー
リシャール・ミル ファションショーリシャール・ミル ファションショー

リシャール・ミル ファションショー

一番好きだったのはこれ!

なんと偶然にもついこの間の旅行で行ってきた、フランスのシャンティイ競馬場をイメージしたコーディネートだそうで。言われてみれば、帽子とかそれっぽいです。あちらの競馬場は、日本のとは客層が違って紳士淑女の社交場という感じで、優雅で良いですよね~。
リシャール・ミル ファションショー

 ⇒関連エントリー:俺、生まれ変わったら馬になるんだ…!シャンティイの世界一美しい大厩舎「生きた馬の博物館」編【フランス・ベルギー・オランダ旅行記】

ファッションショーの後は、LE VELVETSという5人のヴォーカル・グループによるライブ。『誰も寝てはならぬ』からクリスマスソングにQUEENまで、さすが音大出身の大迫力の歌声。

LE VELVETS リシャール・ミルLE VELVETS リシャール・ミル

合間にフィンガーフードをつまみながら、夜景や抽選会を楽しみます。デザートがとても美味しかった。

リシャール ミル アンダーズアンダーズ東京
リシャール ミル アンダーズリシャール ミル アンダーズ
リシャール ミル アンダーズアンダーズ東京

ちなみにこの男性、リシャールミルジャパン代表取締役。非常に気さくな、気取らない方でした。

リシャールミルジャパン

帰り際にはお土産が配られました。

リシャール・ミル ジャニス・ウォン

なんとジャニス・ウォン(Janice Wong)のパウンドケーキ!ジャニス・ウォンはアジアNo.1パティシエを2年連続で受賞したシンガポールの女性パティシエで、なんで日本で手に入ったのかと思ったら、来年春ついに日本初出店するようです。

リシャール・ミル ジャニス・ウォン

しかし日本上陸前のを配ってもらえるとは、さすがリシャールミル、さすが25ans、お土産もレベルが違う。



なかなか味わえない貴重な体験の詰まった、素敵なパーティーでした。




高級レストランの予約は、一休.comレストランで・・・。
関連記事