旅行鞄にクリスティ

海外旅行とアガサ・クリスティのブログ 最近はマイリトルボックスレビュー・コスメ・ファッションに侵食されぎみ


つや肌好きならこのチークを使うべし! ―エスプリークCafeでメイクレッスン

エスプリークCafe お土産 セレクトアイカラー グロウチーク


ちょっと前になりますが、コーセー エスプリークで行われたエスプリークCafeに参加してきました。会場はKOSE内の一室。クリスマス前だったので、ツリー等クリスマスらしい飾り付けがされて、サンタ帽まで用意してあったり。

エスプリークCafe


なんとツリーのオーナメントがアイシャドウ!素敵♪これごと持って帰りたいw

サンドイッチやお菓子なんかもたくさんあって、この時間(夜開催です)からのレッスンにはありがたい。最初は周囲の方と話したり食べたりしながら、少人数でアットホームな感じで進行。

エスプリークCafe

まずは事前に提出していた写真を見ながら、普段のメイクポーチの中身について語ります。私は以前は、これでフルメークできる!ぐらいの勢いで、ファンデからマスカラからメーク一式持ち歩いていましたが、ある時ふと、「これ半分以上、外では使っていない」ということに気づいたのと、バッグが小さくいつもポーチを入れるの苦労していたので、バッサリ削って今は平日はパウダーと口紅と眉ペンシルとアイシャドウと小さいブラシぐらいしか持ち歩かなくなりました。

遊びの時はメイクに気合いが入るのでまたフルセットに近い感じに戻ったり、逆にもっとバッグが小さくなるのでさらに減ったり、いろいろです。平日もたまに、あ~あれ持ってくればよかった!と後悔することもありますが、いざという時はテスター使ったり買ったりすればいいし、そんなことは年に数回もなく、その為に毎日重りのようなポーチを持ち歩くというのはいったい何の罰ゲームか?なんかの修行でもしているのか?と自分に問いかけて、なるべく減らすようにしています。

いらっしゃっていた方も、割と私と似たような必要最低限の方が多かったです。中にはフルセットの方も。どちらも共感できるわ~。

エスプリークCafe


そんなトークをした後は、いよいよ席を移ってメイクのミニレッスン。ミニレッスンとはいえ、かなり参考になる濃いレッスンでしたよ!少人数なので先生の手元を間近で拝見しながら、疑問点は質問しながら、わかりやすくレッスンは進む。

ベースメイクの化粧直し方法を教わった後は、自分に合うチークの色の見つけ方。今回教わったのは、片手でもう片方の手(指の付け根あたり)をぐっと握った時にうっ血する指先の色を見て、机に置かれた4色のチークの中からそれと似たトーンの色のものを選ぶという方法。これで似合うチークが分かったら、それに合わせたアイカラー・リップがセレクトされたセットを使用します。

エスプリークCafe

私の肌は黄味がかっているので、写真手前のピーチっぽい色味のグロウチーク:PK-1が似た感じの色味になりました。なのでそれに合わせてセットされたこれらのアイテム↓が、私になじむ色のセットということになります(念のため書いておきますが、これはこのレッスン用にセットになっているだけでバラ売りです。この色のセットがお店に売っている訳ではありません)。

■グロウチーク:PK-1のセット
セレクト アイカラー:BR301、WT001、BL901(アイホール、ハイライト、締め色)
ルージュグラッセ:BE803

エスプリークCafe

BR301はお店で見た時から気になっていた色なので嬉しい。赤味のすくない灰色に近いブラウンで、ちょっと辛口の色が恰好良い。とても好きな色の組み合わせで、でもパッと見た印象ほど強くなく肌に馴染む色です。どれもラメが綺麗で発色も良い。

なお、この組み合わせは当然のことながらあくまで一例とのことで、これでなければいけないというものではありません。でも私と同じようにイエロー系の肌トーンで色は白めの人はこの色なら合わせ安いかも。他のチークの色と合わせたセットの色番ものせておくので、もしアイシャドウ、リップ選びに迷っている方がいたら参考までにどうぞ。写真では正確な色味は再現できないので、店頭のテスター等でチークの色と指先の色を比べて、一番似ている色のセットの所を見てください。

■グロウチーク:PK-2のセット
セレクト アイカラー:BR302、PK800、BR305
ルージュグラッセ:PK800

■グロウチーク:OR-3のセット
セレクト アイカラー:BR304、BE300、BR306
ルージュグラッセ:PK801

■グロウチーク:RO-4のセット
セレクト アイカラー:BR303、PU100、PU102
ルージュグラッセ:RO102
色々と参考になるメイク方法を教えていただきましたが、特にアイシャドウの指付けによる単色グラデーションの作り方がすごく簡単で便利でした。

とにかく最初につけたところが濃くなるので、起点は一番濃くしたい目の際の目尻。濃くしたい目尻から薄くしたい目頭にむけたストロークで、濃くしたい目の際から薄くしたいアイホールまでグラーデーションをつくるために、写真の①②③の順に塗る。アイホールの形に合わせて塗るので、上に行くにしたがってむけてだんだんストロークが短くなります。3ストローク、途中でアイシャドウを付け足さずに塗り終えるのが重要。目頭から塗ったり、アイホール側から塗ったりしてはダメ。順を守り、色が足りなくなったら、また一番最初の①の目尻側から重ねなおします。

エスプリークCafe

理論で聞くと凄く納得できるのに、普段のメイクとなると私は何も考えず適当に目頭側からのっけちゃったり、途中でつけ足しちゃったりしてしまいがちなので、ちゃんと手順を守ってグラデーションを意識しないとダメですね。今回は締め色も指でのせました。パッケージの端を利用して細く指につける方法も教わる。これまでも自己流でアイシャドウの指付けはしていましたが、いろいろと奥が深い。

他のアイシャドウでも使えるテクニックとのことでしたが、このセレクトアイカラーのようにしっとり柔らかい粉質のアイシャドウが特に塗りやすいと思います。その他にも、これらの馴染み色のアイカラーをのせた後にクリース部分にのみブライトカラー(GR700やPU101等)をのせる方法、またアイカラーだけでなく眉のバランスや描き方、チークの入れ方などを教わりました。

ほんとうに今回のレッスンは参考になるテクニック、欲しい色等いろいろと収穫がありましたが、私が一番気に入ったのはこのチーク!


綺麗なツヤがでると周りで評判のチークで、どんだけ顔テカらせたいんだというぐらいたびたびハイライト買ってるツヤ好きの私にはたまりません。気になってしょうがなかったチーク。

グロウチーク エスプリーク

これはいいです!本当に好きです。写真は指にとって一度塗りした発色。結構薄付きです。オイルインベースとのことでしっとりした粉の、濡れたような上品な色気のつやの出るチークです。写真が下手で粗目に見えてしまっているかもしれませんが、粒子が細かくラメは極々小さ目なものが入っているように感じます。ギラギラはしないです。単色でふわっとにじみ出るようにのせるもよし、薄付きなので他のチークに重ねてツヤをプラスするのもよし。ただ、がっつり色をのせたい人にはちょっと向かないかもしれません。ツヤチーク好きの人なら、持っていて損は無いと思います。

ツヤ系チークはたまに鯖っぽく青光りしたりw、なんか妙に肌の毛穴やブツブツが目だってしまうことがありますが、このチークはそういうのも無く(ここらへんは人にもよると思いますが…)。ツヤ肌好きな人はDSなどにもテスターがあると思うので、見かけたらぜひ試してください!これはびっくりすると思います。


さて、帰りには、あのツリーにオーナメントとして飾られていたセレクトアイカラーから好きな色を選ぶという可愛らしい演出付きで、お土産まで貰いました。

エスプリークCafe お土産 セレクトアイカラー グロウチークお土産 ポインセチア


なんとポインセチアの鉢植えつき。お花好きなのでとても嬉しい。ポインセチアは育てるのが難しいけれど、大事にしよう。そしてお気に入りのチークに、レッスンで使った恰好良いセレクトカラーのBR301、さらに限定カラーのPK802も。

お土産 セレクトアイカラー

ああ、可愛い…。並べるだけでなんて可愛いんだ。この辺はまた後で詳細をブログに書こうと思います。ポーチの中で場所をとらないのもいいですよね。トークもレッスンもお土産も盛りだくさんの、とても楽しいイベントでした。

※2016/01/30追記 2015年の私的ベストコスメ メイク編に入れました




関連記事

 チーク,アイシャドウ,