旅行鞄にクリスティ

海外旅行とアガサ・クリスティのブログ 最近はマイリトルボックスレビュー・コスメ・ファッションに侵食されぎみ


【使い切りレビュー】確かに化粧水は少量ですむものの…シルコット / うるうるコットンスポンジ仕立て

うるうるコットンスポンジ仕立て


アイテム数が多く、かつ消耗品故につもりにつもって結構な値段になるのが化粧品。せっかく良いものを使うからにはちょっとでも長く効率よく使いたい、という時に気になるのが、コットンで化粧水をつける時にコットンに吸われてしまう化粧品が勿体ない!ということ。

せこい!非常にせこいですね。でも化粧水も高いのよ この間まで使っていたSK2のフェイシャルトリートメントエッセンスとか、トロみがない分かなりコットンに吸われているような気がしてどうも気になってしまい。そこで、結構前から出ていてずっとアットコスメ1位で気になっていたこれを使ってみました。


パッティングした時に化粧水の出てくる量がシルコットの2倍以上、といことで、コットンに吸われる化粧水を節約できるようになっている。

うるうるコットンスポンジ仕立て シルコット

折りたたんだ2枚仕立てになっていて、切り離してコットンパックもできる、というもの。私はコットンパックはしないのでこの方法は試していませんが。

で、実際に化粧水の使用量の節約になるかと言えば、結構少なくなると思います。スポンジ状でコットン本体があまり水を吸わず、パッティングすれば吸ったものが肌の方に殆ど出てくるような感じになっています。そうそう、このスポンジは拭きとりではなくパッティング用だと思う。拭いても使えないことはないですが、なんとなく刺激が気になります。

というか、パッティングでもやっぱり刺激が気になります。スポンジ状と言ってもかなり柔らかいスポンジではあるし、実際にこれが普通のタイプより肌に悪いのかどうかはわかりませんが、どうしても普通の繊維タイプのコットンよりも肌当たりが硬めなような気がする。ちなみにこれまで使っていたのは、前にもブログにアップしましたがアルビオン フェイシャルコットン L(下の写真右) とカネボウ デイリーコットン (左)。

アルビオン フェイシャルコットン L (ソフト) カネボウ デイリーコットン

アルビオンのコットン好きなんだけど、今私がやっているスキンケアは乳液先行ではないので、乳液を吸い込みやすいようにプレスが甘くフワフワになっているアルビオンはいまいち合わない。参考までにシルコットとアルビオンのとを並べてみました。大きさは大体同じ。私は大判コットンが苦手なので、もっと小さいほうが好きです。

 ⇒関連エントリー:乳液先行にはやっぱりふわふわコットン ―アルビオンフェイシャルコットン L (ソフト)

うるうるコットンスポンジ仕立て うるうるコットンスポンジ仕立て シルコット

シルコット うるうるスポンジ仕立ては薄いせいなのか、なんか指の力が結構ダイレクトに肌に来る感じです。スポンジなのである程度硬いことは予想しており、そ~っと使えば平気かなと思っていましたが、それでも毎日積み重なるとこれは結構刺激になるんじゃないかな~。別にパシパシたたいたりせず、肌に置くように使っていますけど、やっぱりふわふわなコットンに比べるとスキンケアの気持ちよさも半減だし、心配しながら使うのであまり気分よく使えないんですよね。どうして思わず使用量をケチってしまいたくなる様な価格の化粧水を使うのかと言えばそれだけ肌をケアしたいからであり、その化粧水を使うために肌を傷める(ような気がする)コットンを使うのは本末転倒になってしまうかな~ということで、ひと箱使い終わったのでこれで終了にします。

実際に化粧水が少量で済むし、繊維じゃないので毛羽立ちが全くない点はすごく良かったのですが、なんとなく肌を傷めそうな肌当たりである点と、個人的に癒しの時間であるスキンケアタイムがいまいち気持ちよさ半減だった点から、リピート購入は考えていません。


関連記事

 コットン,使い切り,