旅行鞄にクリスティ

海外旅行とアガサ・クリスティのブログ 最近はコスメ・ファッション・マイリトルボックスレビューに侵食されぎみ


オーガニックかつ機能的なUV化粧下地:シークワーサーブライトニングUVヴェール ―琉白RUHAKU 新商品発表会

琉白 RUHAKU ルハク シークワーサーブライトニングUVヴェール


私の中で別格というか特別なオーガニックコスメブランドの中に、琉白~RUHAKU~とFARANがあります。何故かというと、美容にとても詳しい私の憧れの綺麗な方が愛用しているからw はい、単純ですね。でもこういう憧れとかドキドキは、個人的にコスメを選ぶ上で結構重視します。やっぱりコスメには特別感があって欲しい。そして美容において自分の信頼する人が使っているというのは大きいです。

琉白 RUHAKU ルハク 月桃&ジンジャーウォーミングボディオイル

ずっとずっと使いたいと思っており、FARANの方は福袋やらリップバームやら買ってついに今年デビューしましたが、琉白(ルハク)はまだでした。琉白も福袋をチェックしていたのですが、中身公開タイプでバクチ感が少なかったためその時は見送り。私が特に琉白で気になっているのがジンジャーが入って「冷え」や「むくみ」にいいというボディオイル「月桃&ジンジャー ウォーミングボディオイル」(写真右)です。この間のヨーロッパ旅行で買ってきたものと福袋とでだいぶボディケアが溜まっているので今すぐは買えませんが、減ってきたら絶対買う!そう決めているコスメブランドです。



ちなみに琉白とはどんなブランドか、琉白公式HPよりザックリまとめてみると↓

琉白は月桃やシークワーサー、海洋深層水といった沖縄素材を使った国産オーガニックスキンケアブランド(オーガニック認証「エコサート認証」取得)。天然由来100%*を目指し、自然の恵みをピュアに贅沢に配合し、オーガニック品質でありながらも、機能性や肌実感を追求。毎日のスキンケアで何気なく1日の疲れが癒される、そんな沖縄の海や緑のようなリラクゼーションアイテムを目指しています。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートや一日一組限定のシークレットヴィラ「Birth the suite」のスパでも採用されている他、台湾等海外でも販売されたり、フランスでの生産・販売がもうすぐ開始されたりと、国内のみならず海外からも一定の評価を受けているようです。

そんな琉白が、3年の歳月をかけて完成させた新製品の発表会が先日行われたので行ってきました。

琉白 RUHAKU ルハク シークワーサーブライトニングUVヴェール 新商品発表会


4月1日に発売されるUV化粧下地 シークワーサーブライトニングUVヴェールの発表会です。

琉白 RUHAKU ルハク シークワーサーブライトニングUVヴェール 新商品発表会

私はオーガニックでもケミカルでも、良いもの・好きなものは使う、それで商品がオーガニックだったら儲けもの、ぐらいのライトなオーガニックユーザーなので、効果を二の次でオーガニックだからと言って選んだりはしないのですが、今回のUV化粧下地は相当気に入りました。オーガニックということを抜きに考えても良いです。まずは取りあえず商品説明を↓


これまでのオーガニックの日焼け止めの弱点を克服


これまでのオーガニックの日焼け止めと聞くと、SPF値が低い、テクスチャーが重い、汗水に弱い、といったような、肌への負担が少ないものの使い心地・効果がいまいちというイメージがありました。そこで、オーガニック品質と使い心地・効果の両立を目指し琉白が3年かけて開発したのが、今回のシークワーサーブライトニングUVヴェール。

したがってその特徴は、SPF50+PA++++ながら軽い使用感で、汗水に強く、くすまない。開発に携わった人が、「水をガンガンかけて試してみてください」と言われるぐらいの自信作です。そして実際に家で水かけてみたら、まー水を弾く弾くwこれはすごい。ですが別に強力なクレンジングじゃなく、ミルククレンジング等でも落とせたのでご安心を。

使った感想を一言で現すなら、オーガニックながら、欲しい機能・仕上がりを諦めないで済む日焼け止めです。

シークワーサーブライトニングUVヴェール 琉白

実際に使ってみると、確かに崩れにくいです。そして何よりも使い心地が良い。オーガニックの日焼け止めだけでなく、一般的な日焼け止めと比較しても使用感はかなり良いです。高い日焼け止め効果がある日焼け止めにありがちな被膜感、塗り広げにくさ、白浮き、匂い、こういった不快感を感じません。さらさらと軽いテクスチャーで、全体的に薄く塗り広げられる。そして塗っている時に広がる、柑橘系の爽やかないい香り。

琉白 RUHAKU ルハク シークワーサーブライトニングUVヴェール


そしてもちろん、オーガニック派には嬉しい紫外線吸収剤、ナノ化原料、石油由来成分不使用


シークワーサーの果皮エキス配合


この新製品は、琉白の人気の シークワーサーブライトニングシリーズから出るUV化粧下地で、スキンケアと同じく沖縄のスーパーフルーツ シークワーサーエキス等の、抗酸化植物エキスが配合されています。

琉白 RUHAKU ルハク シークワーサーブライトニングUVヴェール

シークワーサーには、「ノビレチン」が豊富に含まれています。ノビレチンはお肌の光老化を防ぎ、メラニンの生成を抑制し、紫外線による皮膚細胞の炎症も抑制する働きが注目されています。

シークワーサーブライトニングシリーズは、みずみずしく爽やかな使い心地で、とくにこれからの春夏や、メイク前にベトッと重いテクスチャーは避けたい朝にぴったりのスキンケアシリーズ。今回の日焼け止めはこのシリーズから出ているので、使い心地は本当に爽やかです。柑橘系のいい香りで、日焼け止めにありがちな、クリームのようなおしろいのような独特な匂いがしません。

琉白 RUHAKU ルハク シークワーサーブライトニングUVヴェール


肌トーンをアップしてくすまない肌に


このシークワーサーブライトニングUVヴェールは、塗り心地の良さだけでなく、肌に塗った時の仕上がりの綺麗さも特徴。ナチュラルコスメプロデューサー小松和子氏の監修でブレンドされた、肌悩みをカバーする補色を採用しています。くすみ・血行不良・クマ・年齢肌に多い色の補色となるオレンジピンク色を採用したことで、肌トーンをアップしくすまない色味に仕上がっています。

付け方のポイントは、500円玉分の量を、2回に分けて塗ることです。まず半量を全顔に伸ばして広げた後、残りの半分を上から押さえるように重ねることで、粒子が隙間なく塗れるそう。

なお、オーガニックのフェイスパウダーを重ねる場合は、色のついていないタイプを重ねてください、とのこと。オーガニックの色付きのパウダーは時間が経つとくすみやすい処方になっているものが多く、このシークワーサーブライトニングUVヴェールの綺麗な色味が活かせない為だそうです。

琉白 RUHAKU ルハク シークワーサーブライトニングUVヴェール

琉白 RUHAKU ルハク シークワーサーブライトニングUVヴェール

ファンデーション程のカバー力はないですが、補色効果とうっすら配合されているパールで多少のアラは飛ぶので、薄いベールをかけたようにトーンの均一化した透明感のある肌になります。UV化粧下地だけでなく、コントロールカラーの役割も果たしてくれるような感じです。調子のいい日は、ファンデーション無しでも行けそうな仕上がり。

※追記 人によっては白く感じる場合もあるようなので、肌が暗めの人や色が心配な人は新しく出る透明タイプの顔・からだ両用の月桃UVボディヴェールがお勧め。そちらもとても使用感よく水に強い。でもシークワーサーブライトニングUVヴェールは色が合えば肌がきれいに見えるので、私は顔にはこっちを使うのが好きです。ちなみに私の肌は標準より多少白いぐらい、ファンデーションは標準色より1つ明るめの物を選ぶか、物によっては標準色を使用しています。

 ⇒関連エントリー:琉白・2016夏のビューティーセミナーと月桃UVボディヴェール


琉白 RUHAKU ルハク シークワーサーブライトニングUVヴェール

琉白 シークワーサーブライトニングUVヴェール(UV化粧下地)
30mL/3465円(税込み) (SPF50+ PA++++)

発表会の次の日から使っていますが、これは本当に気に入っています。不快感を感じないし、何より仕上がりが綺麗。これはオーガニック派もそうでない人も、ぜひいろんな人に試してほしいな。


このシークワーサーブライトニングUVヴェールは、2016年4月1日より公式通販サイトにて発売開始になります。また、この下地が店頭に並ぶかはちょとわからないのですが、琉白の商品はそごう・西武百貨店等に入っているオーガニックマーケットや、東急ハンズ等でも取り扱いがあります。実際に琉白の商品を手に取ってみたい方はそちらもチェックしてみてください。



オーガニックコスメ【琉白】公式サイト


関連記事

 オーガニック,メイク下地・日焼け止め,琉白,