旅行鞄にクリスティ

海外旅行とアガサ・クリスティのブログ 最近はマイリトルボックスレビュー・コスメ・ファッションに侵食されぎみ


【ドラマ】名探偵ポワロ『誘拐された総理大臣』 ―ポワロより上手がいたとは…!


『誘拐された総理大臣』

ちょっと!マープルさん呼んできて!となる今作、原作は『ポアロ登場』 収録の短編です。
ザックリ言うと首相誘拐という一大事に、ポワロの名誉とジャップの年金をかけて挑む!というお話ですが、たびたび言っている気もしますがクリスティの描く冒険物・国際的陰謀物系の大掛かりな話は、ドタバタしてなんかコントみたいに思えてしまうのであまり好きではありません。今作も原作があまり好きではなかったので、あまり期待せず視聴。

あらすじはNHKオンラインより―
軍縮会議に向かう途中で、首相が何者かに誘拐される。会議まで一刻の猶予もない!

パリで開かれる国際連盟の軍縮会議に向かう首相を狙った暗殺未遂事件が新聞で報じられる。ポワロは事件が単なるいたずらとしか思えなかった。ところが外務次官じきじきの依頼で外務省に赴くと、首相はフランスで秘書のダニエルズ中佐と共に誘拐され行方不明だという。ポワロが捜査に乗り出すが、銃撃の目撃者である運転手も行方不明になっていた。

 ⇒アガサ・クリスティ作品感想一覧はこちら

以下、ネタバレあり

シャンティイ城 フランス


時代設定が変わっているのもあって結構話も変わっていますね。ドイツのスパイ工作等の国際色のある部分がだいぶ減って、国内問題のテロっぽい話に変更に。原作では結局無実だったアイルランド出身の運転手がでてきましたが、アイルランド出身という部分がダニエル中佐に引き継がれ、事件の要になっています。

ミス・マープル[完全版]DVD-BOX 2


ダニエル中佐役のデヴィット・ホロヴィッチはヒクソン版「ミス・マープル」でマープルさんの天敵…じゃなかった、マープルさんが天敵のスラック警部を演じた方。こんなやつマープルさんにかかればちょちょいのちょいですよ。でも思ったより老けていない…と思ったら、ヒクソン版「ミス・マープル」と「名探偵ポワロ」って撮影時期被ってるんですね。なんとなくヒクソン版が大昔のイメージだったのでヒクソン版「ミス・マープル」終了後に名探偵ポワロが始まったのだと思い込んでいたのですが、ヒクソン版マープルの制作は実際には90年代までやっていたわけで…こんなことをヒクソン版マープルの感想でも以前書いたような気がしますが、またすっかり忘れていたわ。

今作は放送時期的には、「カリブ海の秘密」と「魔術の殺人」の間ぐらいです。一生懸命手品の練習に励んでいるあたりのスラック警部ですねw

(※余談ですが、ヒクソン版「ミス・マープル」の感想はタグ:「ヒクソン」から飛べます。私のブログは殆どカテゴリー分けしておらずタグで分類しています。タグ一覧はブログ右サイドバーに表示、各記事のタグは記事下に表示されています。)

原作では、ポワロさんは皆を引き連れてフランスのブローニューまで行って「ポワロ別に現場見る必要ないし~、灰色の脳細胞さえあればいいしぃ~」で一休さんタイムに入った挙句に「さぁ!出発だ!」とイギリスにとんぼ返りするという酷い振り回し様でしたがw、ドラマでは始終イギリス国内で。ポワロ悪女度はグレードダウン。国際的陰謀度も減ってるしドタバタぶりも少ないので、受け入れやすい話になっていそうなものですが…う~ん、なんだかな~。

ポワロが何を調べているかが分かりやすくなった分、政府高官やら警察やらがポワロの意図に気づかないのがなんか不自然なんですよね。原作だと先述の通りもうちょっとポワロがキテレツなことしているので、なにやってんだこいつ感が出ていい感じにケムにまかれてたんですが。

いつもよりシリアスな話だった分、全体的にポワロとその他の間抜けたち、という図がわざとらしくて気になってしまいました。国家の中枢にいる人やらお偉いさんやら有能な人たちの集まりなのに、さすがにこれはないだろう。犯人も外見からしてタダものじゃない女傑っぽさを匂わせ、手ごわいとか言われている割にあっさり見つかって、アイルランドのためにできること⇒あっさり頭パーン。はい?!何やってるんですかね。コメディ路線ならポワロとゆかいな仲間達にしてやられる犯人、的な話も楽しいですが、シリアス路線だとちょっとな。夫が妻の死体に駆け寄っていくシーンは、多分じわっとした後味の悪さを味わう場面のはずなんだろうけど、なんか見てて置いてけぼり感が。1時間でシリアスは無理があるのか。まじめな話は後期のシリーズの方が好きだわ。

なにより、最初の替え玉に無理があるよな。本で読んだときはサラッと流そうと思えば流せた部分も、映像で見ると不自然さが目立ってしまった感じです。

いろいろ心の中で文句言ってむーんとした気分のまま見終えるのかと思っていましたが、ラストのポワロの顔に全て持ってかれました。あのポワロに「お願いしますよ」と下手に出させるなんて、恐るべきムッシュ・フィングラー!と驚く間もなくひっそりと憤怒の表情に変わるポアロ。この間のジャップ警部の講演時の表情といい、スーシェ渾身の無言の顔芸、ほんと好き。怒れるポワロ。見ててよかった。この一瞬のための1時間だわ。

来週は「西洋の星の盗難事件」です。そしてなんと4月からシーズン1から再放送が。見逃した方はこちらもチェック。なんかいっぱい放送してくれて嬉しいわ(*´ω`*)


◆第1シーズン~再放送
BSプレミアム 4月6日(水)スタート 毎週水曜 午後5時00分~ ※詳しい再放送予定は、決まりしだい随時掲載します。



関連記事

 名探偵ポワロ,