旅行鞄にクリスティ

海外旅行とアガサ・クリスティのブログ 最近はコスメ・ファッション・マイリトルボックスレビューに侵食されぎみ


シャンティイに行こう!予習編 ―シャンティイ城への行き方【フランス・ベルギー・オランダ旅行記】

シャンティイ城 庭園


今回の旅行ですごく楽しみにしていた行き先が、ここ、シャンティイ。森と湖に囲まれたのどかなシャンティイ城、その中は膨大な数のコレクションを誇るシャトー美術館、そして世界一美しいともいわれる大厩舎に、ここシャンティが発祥のスイーツ クレーム・シャンティ。

シャンティイ 行き方

童話にでも出てきそうな森と、優雅な曲線の厩舎と馬の写真を一目見た時から、ずっと行きたいと思いつづけ。そんな時にヨーロッパ旅行の計画が持ち上がり、これは!行くしかない!と、シャンティイに行くために行き先をフランスにしたと言っても過言ではないかもしれない、いや言いすぎか?でもそのぐらい楽しみにしていました。

しかしいざ調べてみると、シャンティイに関してはほとんど情報がない。ガイドブックにも、1ページしか載ってない。シャンティイで有名なのはまずはお城とその中にあるコンデ美術館らしく、それが情報のほぼ全てです。フランスでも指折りの数を誇るシャンティイ城の絵画コレクションは、”旧絵画”においてルーブル美術館に次いで大きなものらしく。しかもコレクションは禁貸出、つまりここでしか絶対に見られないとか―!…なんてことを書きながら私は正直絵画は全く分りません、はい。でもとりあえずスゴイようです。

しかし肝心の行き方が良くわからず。最寄り駅まではどうにか行けそうなものの、そこから結構遠そう。お城まで無事行けるのか、行けたとしても帰りは歩けるのか、体力的にもかなり心配でしたが、どうしても行きたい!と頑張って行ってまいりました。行く前から、同じようにシャンティイの行き方を探している人の参考になれば、と現地で調べてきて行き方を書こうと思っていましたが、実際は迷ったりしたせいでバス停も調べる気力もなくちょっとそこらへんはいまいち… ただシャンティイなんて知らないという人にも興味を持ってもらえればと、今回行ってわかった限りを書いていきます。


行き方


シャンティイ城への行き方を、簡単にまとめると以下の通り。

・列車:パリ北駅からSNCFか、RERのD線
・方面:Creil(クレイユ)行き
・最寄り駅:Chantilly-Gouvieux(シャンティイ・グーヴィユー)駅
・駅からは森の中を徒歩20~30分でお城へ。駅の裏手?から無料市内巡回バスが出ているらしいですが私は未確認。行きはタクシーもあり。

シャンティ 森

では、詳しくみていきます。


SNCFでの行き方


シャンティイへの行き方は、パリ北駅(Gare du Nord)から、Creil(クレイユ)行きの列車に乗る。列車はSNCF(フランス国鉄)とRERのD線があるようでどちらも乗り換えなしですが、RERのD線は時間がかかる(45分ぐらい?)ようなので、SNCFにしました。SNCFだと約25分程。なので以下はRERのD線に関しての情報は無し。


シャンティイ城の最寄り駅はChantilly-Gouvieux駅(シャンティイ・グーヴィユー)。特急に乗ってしまうと通過してしまうが、Creil行きなら大丈夫、とのこと。ただ全部が全部大丈夫なのかはよくわからないので、乗る前に自分で確認を。乗る列車によるようですが1駅か2駅で目的の駅へ着きます。

本数が少ないので、あらかじめこちらのページ等で時刻表を調べてから行ってください。なお、よくわかりませんがパリ北駅はGARE DE PARIS NORDとかGare du Nordとか呼び名がいくつかあるようなので、いろんなサイトで検索する際は「NORD」のみで検索したほうが引っ掛かりやすい。帰りの電車の時刻も、あらかじめメモしておくのを忘れずに。

シャンティイ 駅


乗り越し厳禁


Chantilly-Gouvieux駅行きの列車で気を付ける点は以下3点。
  • 目的地までの切符を購入すること(乗り越し清算は不可で罰金)
  • 電車は1・2時間に1本
  • Chantilly-Gouvieuxより先の地域は治安が悪い
よって、乗り越すと治安・料金・時間面で面倒なことになります

乗り放題券のモビリス等を持っていても、使えるゾーンを超えているので、乗るときに別途目的地までの切符が必要です。こちらには「乗り越し」という制度はなく、モビリスのみでChantilly-Gouvieux駅まで行って降りてから清算しようとすると不正乗車扱いになってしまうようです。また列車内では車掌によるチケット確認が来ます。各種パスをどうしても使いたければ、使える駅まで乗っていったん降りて、そこからChantilly-Gouvieuxまでのチケットを新たに買うことになりますが、列車の本数が少ないのでかなり時間のロスになると思います。

気をつけなければならないのが、シャンティイ自体は治安がよくパリに比べれば天国と思うほどのどかな街であるものの、その先の方面は治安がどうも良くないそうで。そして戻る列車の本数もとても少ない。あまり長居したい駅ではないので、乗り越してしまわないように。

実際行った時は列車内は特に柄の悪さは感じませんでしたが、念のため人の多い平日にしておきました。



実際に行ってみよう



まずはパリ北駅から出発。窓口は混んでいるという話を聞いていたのと、チケットを買うのが初めてだったので、発車時刻の30分ほど前にパリ北駅に到着。ただ券売機の方は空き空きでしたので、何もトラブルがなければすぐに買えると思います。

フランス SNCF 発券機

黄色の発券機。最初の画面でイギリス国旗をタッチすると英語表記に変えられます。直近の列車に乗りたければ「immediately departure」、そうでなければ「「Other destinations」を選んで目的地を入力。

希望の時間の列車を選んで、片道(single ticket)で、2等車(2nd class)とかを選択したような。シニア割引とかいろいろディスカウントを選ぶ画面が出てきましたが、私たちは何も当てはまらないのでTARIF NORMAL(普通料金)で、なんちゃらの会員では「ない」を選択。クレジットカード入れて暗証番号入れて緑ボタン(確定)を押せばOK。キャンセルは赤ボタン。

YOUTUBEに親切な人がUPしてくれているSNCFの券売機の使い方の動画がいくつもあるので、チケットの買い方が不安な場合は参考にするといいかも。目についた動画を取りあえず一個載っけておきます↓ ※撮影者・アップロード者は私ではありません




チケットが無事買えたら、案内板を見てホームを確認。SNCFは地上ホーム、RERは地下らしく、私たちの乗る列車は地上の19番線からでした。

そしていそいそと乗る前に、忘れてはならないのが打刻です。
ホームにこういった打刻器があるので、乗る前に必ず打刻。打刻器は黄色バージョンもあった。

フランス SNCF 打刻器 フランス SNCF チケット

打刻しないと罰金。打刻と、乗り越しをしない、この2点が大事です。
25分程乗って、到着。


お城まで徒歩



シャンティイ お城 行き方


お城までの道を簡単に言うとこうです。
駅(地図中のの上)からちょっと前方に歩いたところにある分かれ道から、森の中を真っ直ぐ歩くと大厩舎()へ、そこからはもうお城が見えるので、そっちにむかってお城入り口()へ。
全部で徒歩30分ぐらい。地図上では何故か道が消えていますが、大丈夫。下の地図でので示した道順。多分これが一番簡単です、特に方向音痴の人には。私たちみたいに、方向音痴なクセに少しでも歩く距離を少なくしようとよくわかっていないのに競馬場を突っ切ろうとすると、近道どころかグルングルン回って余計に大変なことになります。

道を間違えたというか、競馬場を突っ切ると早いという情報をどっかで見かけたので競馬場方面に向かったのですが(下地図の青い経路)、その日はダメだったのか違う道だったのかわかりませんが突っ切れなかったw 行き方の説明からずれてしまうので、この話は本筋の旅行記のエントリーにて。

 ⇒関連エントリー:完全に道を間違えたわ…シャンティイへ行こう!実践編【フランス・ベルギー・オランダ旅行記】

シャンティイ お城 行き方


なお駅前には、出口を出て右手に(下の写真だとだいぶ右側から撮っているので左側に写っていますが)タクシー乗り場もあるので、タクシーという手もあり。乗った人によると、大体6~8ユーロぐらいのようです。
さて、ここからは実際の写真を交えて。

Chantilly-Gouvieux(シャンティイ・グーヴィユー)駅


まずは駅を出て、駅前の広場というか駐車場みたいなとこを真っ直ぐ前に、木の生えている方向に進むとすぐ、左右に伸びる道路に突き当り、その奥に森へ入るいくつかの分れ道があります。

シャンティイ お城 行き方


厩戸かシャンティイ城に行きたい場合は、ここでお城=シャトー Le Chateau へ向かう斜め方向の森の中の道へ。

シャンティイ お城


もちろん私たちは、先ほど言った通り誤った道に進んだのでその道では行ってないのですがw、帰りはそっちを通って来たので、ここからは逆まわしに再生して、さもその道を通って行ったかのように紹介します。


こちらの正しい道は、ひたすら一本道。秋だったので葉が落ちていますが、夏とかは葉がうっそうと茂って薄暗いのかな?私たちの行った時間は、犬の散歩をしている人がいたりといたってのどかな風景でしたが。森の中なので、夜はもちろん早朝や薄暗い時や、女性一人の場合は通らないほうがよいかもしれません。遠回りでも地図上の黄色の県道だかなんだかのちゃんとした道路を。ちなみに、行きに私たちが行って迷った青いコースはさらに森で暗い道が長いので、女性一人は絶対おすすめしません。

シャンティイ お城 行き方 森
シャンティイ お城 行き方 森
シャンティイ お城 行き方 森


森を抜けたら、右手に競馬場を見ながら、ひたすら真っ直ぐ。

シャンティイ お城 行き方


小さく馬が走っているのですが↓見えるかな?私たちがこの道を通ったのは小さな競馬が開催されている日の夕方だったので、ちょうど見ることができました。普通にお城に向かう時間帯には、やっていないと思います。

シャンティイ お城 行き方 競馬場

左手にはシャンティイの街。
シャンティイ お城 行き方


下の写真は帰りの向きに撮ったのものなので、逆に左手が競馬場になっています。

シャンティイ お城 行き方

すると左手に(写真では右手)に大厩舎が見えてきて―

シャンティイ 大厩舎


ここからはすぐお城も見えてきます。後は道なりに曲がって入り口まで。

シャンティイ城 フランス


徒歩で30分ぐらい。風景も綺麗なので、意外とあっという間に着きます。ただ、お城は広大な敷地、広大なお庭、多くの美術品と見どころが散らばっています。帰りもあるので、散策で歩き回りすぎて足が疲れるとなかなか大変です。ただ、覚悟して行って休みながら散策をしたら、運動不足の体力のない私でも思った程は疲れなかった。

なお、お城にタクシー乗り場は見かけなかったので、自力で電話して呼ぶか、運よく親切な係の人がいたら呼んでもらえるかも?とりあえずただ待っていてもタクシーは来なそうです。行きにタクシーで行った場合は、運転手さんに電話番号教えてもらっておくと便利。帰りの電車も少ないので、あらかじめ時間を調べておいてから駅に向かって下さい。

シャンティイはパリと違ってスリにおびえる必要もなく、のどかで静かな、時折現実とはちょっと違う世界に入り込んだかのような錯覚をする場所で。一度行ってみたいと思っていましたが、一度と言わず今度は泊まりで行ってみたいな。私はすごく気に入ったので、気になった方はぜひ行ってみてください。なお、火曜はお城は定休日なのでご注意を!

シャンティイ城

Château de Chantilly
Chateau De Chantilly Musee Conde Bp70243, 60631 Chantilly
営業時間:10~18時(4/1~10/31)、10時30分~17時(11/2~3/31)
休業日:火曜


【最低価格保証】フランス のオプショナルツアー予約なら VELTRA

VELTRA
関連記事

 個人旅行,フランス,