旅行鞄にクリスティ

海外旅行とアガサ・クリスティのブログ 最近はマイリトルボックスレビュー・コスメ・ファッションに侵食されぎみ


完全に道を間違えたわ…シャンティイへ行こう!実践編【フランス・ベルギー・オランダ旅行記】

シャンティイ城の行き方

11月13日 ヨーロッパ旅行5日目 その1

パリでの4日目となるこの日はパリを抜けてシャンティイまで遠出します。その後ショッピングの仕上げに。翌日は午前中にパリを経つので、実質パリ観光の最終日です。

シャンティイ城 フランス

パリから電車で30分ほどのところにあるシャンティイは、膨大な絵画コレクションを誇るシャンティイ城と、世界一美しいとも言われる大厩舎、そしてクレームシャンティイで有名なのどかな街。他の人の旅行ブログで写真を一目見た時からずっと行きたいと思っていたのですが、シャンティイに関してはいまいち情報が少なく。どうにかこうにか調べたシャンティイへの行き方に関しては、別エントリーで詳しく描いていますので、こちらでは実際に行って着た様子を。

 ⇒関連エントリー:シャンティイに行こう!予習編 ―シャンティイ城への行き方【フランス・ベルギー・オランダ旅行記】

8時ごろホテルを出て、メトロでパリ北駅へ向かいます。私の泊まったミレニアム ホテル パリ オペラからパリ北駅へ行くには、最寄り駅のリシュリュードゥルオ駅から9号線でストラスブール・サンドニ乗り換えの行き方と、ラファイエット駅まで歩いて7号線でパリ東駅乗り換えの行き方がある。便利さでいうと最寄り駅を使う最初の行き方が良いのでしょうが、ストラスブール・サンドニは治安が悪いゾーンへのまさに入り口の駅とネットに書いてあったのと、実際パリ初日にそっち方面に徒歩で向かったとき、綺麗で整然とした治安のよいラファイエット近辺から、東へ向かえば向かうほど(ストラスブール・サンドニはホテルから東へ2駅)人も建物も雑多な雰囲気になっていき、あまり進みたくない感じだったので引き返したのを思い出し、後者のパリ東駅乗り換えを選びました。ラファイエット駅も凄く近いので、滞在中はもっぱらこっちの駅を使用していましたね。

さて、そんな感じで到着したのは、これまた治安が悪いと言われるパリ北駅。タリスでパリに最初に到着した時も、黒人のガタイの良いタクシーの客引きがすごくてかなり引き気味だったので、今回も結構気が重かったのですが、今回はスーツケースも無いし行く場所もある程度わかっていて歩き方に迷いがなかったせいもあってか、特に怖い思いはせず。

パリ北 シャンティイ SNCF パリ北 シャンティイ SNCF

無事発券機でチケットが買え、案内板を見ると9時過ぎ発のSNCFは地上の19番ホーム。表示を見るとシャンティイ城の最寄り駅であるChantilly-Gouviex駅は2駅目のようです。車内は8割がた埋まっていて、そんな怪しい人もいなく。もちろん居眠りとかはしませんでしたが、普通にリラックスして乗って25分ほどであっという間に到着。ここまでは順調。


お城へ


Chantilly-Gouviex駅は無人改札の小さな駅です。駅をでて予習通り真っ直ぐすすむと、森の中へ進む分かれ道が。

シャンティイシャンティイ

お城へはここで、白いお馬さんの「 Le Chateau (=お城)」の表示にある通りの方向へ進めば良かったのですが、それだと20~30分歩く。欲をかいた私達は、競馬場を突っ切ると早いという情報があったため、どこを突っ切るのかもよくわからんけど競馬場方面へ向かったわけです。方向音痴なのに!

シャンティイ

ということで、右のこちらの道へ。そして結果的に競馬場を突っ切れず。道を間違えたのか見落としたのか、それともその日はダメだったのかはわかりません。方向音痴にはこっちの道は難易度が高かったわ


しかしこの時はそんなことは知らず、上機嫌で進む。しばらくすると、だんだん競馬場らしき緑の芝生が見えてくる。

シャンティイ 競馬場


どこかで競馬場に入る道があるのかな、とチェックしながら、ひたすらひたすらまっすぐ進む。

シャンティイ 競馬場

…森。うん、そういえば森の中とかあったような。あれ、森の中の道は、分かれ道を斜め前方向に行った場合じゃなかったっけ?こっちも森なの?まぁいいや。

なんか「競馬場を突っ切る」とあったのですが、道すがらずっと注意して見ていましたがどうも左手にある「競馬場」を突っ切れるような道はない。とりあえずずっとひたすらまっすぐ進んでいくと、小さい小屋や搬入ゲートみたいなのがある場所に出る。ここを突っ切るってこと?でも雰囲気的に入って良さそうな感じではない。小屋の中におねいさんがいたのできいてみると、ここは通り抜けできないよ、と。

シャンティイ 競馬場

 なんか私たち、間違っている気がする。シャンティイの地図良くわからないから、これまでろくに地図も見てこなかったし←、現在地がとこかもわかってない。半泣きでお城への道をきくと、お姉さん曰く、ここから左に曲がるとお城へ行く道に出る、と。で、聞いた方向に進むとなんか道がたくさんある。どれがお城への道だ!

シャンティイ 行き方

いまから考えると、この地点はここだった気がします、多分。わりと初めの方からテンパってましたね。七叉路を結構やけくそで選んで道を進むと、こんな表示。

シャンティイ 競馬場 お城

あ、合ってるっぽい!お城まで1.6キロ。再び元気を取り戻し、森の中を歩いていきます。左手には馬舎のようなものが…

シャンティイ 馬 競馬場 シャンティイ 馬 競馬場

馬だ!お馬さんがぐるぐる散歩をさせられている!この時ばかりはテンションがあがりましたが、すぐに水をかけたように萎み、というのも―

シャンティイ 森

カッパstyle!5個前の搬入ゲートの写真からお判りでしょうか、暗い、空が黒い。このエントリーの写真は全体的にかなり明るく加工していますが、実際はどんよりと重い雲が垂れ込めて今にも雨が降り出しそう…と思っていたらついに降ってきた!5年以上前に買ったものの一度も使う機会のなかったレインコートが、今ここフランスで初めて日の目を浴び…!

シャンティイ 競馬場

シャンティイ 森

枯れ葉と小雨の舞うひと気のない侘しい森を、道が合っているかもわからず歩く。相当心細いです。道とかこんなんだしね↓、どれが正しい道だかもはや分からん。ぐるぐる歩いて行き止まり、とか何度も。

シャンティイ 森

こんなに行ったり来たりぐるんぐるんしてたら、絶対最初のあの分かれ道を斜め前方向に行っていた方が早かったに違いない。しかし今更引き返せないし、とにかくお城にたどり着くしかない。もうずっとほぼ無言で歩ける道を歩いていると、門が見えてきた。多分競馬場の入り口かな。

シャンティイ 競馬場

わー競馬場だね、と棒読みで喜びを表現したあとは、再び無言で歩く。最終的には道はこんななりました。

シャンティイ 森

車道があって広いと言えば広いのですが、車道しかない。歩道がない。車道のすぐ横には杭が並んでいて森に入れず、森側には木が迫っているので歩くスペースがなく。ということで車道を歩くしかないわけですが、車の通りは頻繁で、かつ結構な勢いで飛ばしてくる。これは結構危ないんでないかい…?

雨で、暗い森の中で、道を迷っていて、さら身の危険まで。完全に萎み切ったところに、見えてきました!とても行きたかった大厩舎「生きた馬の博物館」!

生きた馬の博物 シャンティイ 大厩舎

この時ばかりははしゃいで写真をとった…はずが、写真を見てみると目が死んどる。隠した下はみごとな真顔です。そりゃもうこのどんより曇った空に負けないぐらい暗く濁った目になるよね。

生きた馬の博物 シャンティイ 大厩舎

この辺、蜂もぶんぶん飛んでてね…。しかし!大厩舎がここまで大きく見えたということは、目指す場所もすぐそこ!

シャンティイ城 シャンティイ城 フランス

見えてきました。ここまでくると、ようやくテンションも浮上。ラスト綺麗な並木道を通って―

シャンティイ城 フランス

シャンティイ城、ついに到着です!


【最低価格保証】フランス のオプショナルツアー予約なら VELTRA

VELTRA
関連記事

 個人旅行,フランス,