旅行鞄にクリスティ

海外旅行とアガサ・クリスティとマイリトルボックスレビューのブログ 最近はコスメ・ファッションに侵食されぎみ


ここでしか見られないコレクション ―シャンティイ城コンデ美術館編【フランス・ベルギー・オランダ旅行記】

シャンティイ城観光


11月13日 ヨーロッパ旅行5日目 その2

やっとの思いでついたシャンティイ城。早めに着くかと思いましたが、迷ったせいで10:30の開場(冬は開くのが遅い)直後に着く。門を入って左手にあるチケットブースでチケットを。ここで、お城と庭園と大厩舎がセットになったチケット(16ユーロ)を買います。

シャンティイ城 門

本当は馬術ショーを見たかったのですがやっている日が少なく、11月はなんと0。旅行を12月にずらすのも考えたのですが、12月のヨーロッパはかなり寒いだろうという事で、今回は諦め。と言いながらも一縷の望みをかけてチケット売り場の人に聞いてみたけと、やっぱりやっておらず。残念。開催日程はDomain of ChantillyのHPで確認できるので、絶対に見たい人はこれに合わせて旅行日程を組んだ方が良いと思います。

入口で、無料の日本語ガイド借りれます。ただ、説明が詳しくて長かったので、私たちは途中で聞くのやめてサクサク回りました。なんせお城広いので、日帰りだとあまりゆっくりもしてられません。見どころが多すぎるので、ここからは写真中心に紹介します。

シャンティイ城はルネサンス時代の建造物で、シャンティイの最後の城主オーマル公爵が絵画や工芸品のコレクションを陳列するという考えの下に改築。

特にお城の見どころとしては、19世紀の最後の城主であったオーマール公による絵画のコレクションで、現在はコンデ美術館としてラファエロの作品3点を所蔵、ルーブル美術館についでフランス第2の規模となる古典絵画コレクションを誇り、お城とコンデ美術館は、日本語のオーディオ・ガイドによる見学が可能です。


まず向かったのは、どことなくヴェルサイユ宮殿を思い出させる通路。でもヴェルサイユほど人込みにまみれず、ゆったりと静寂の中を見学できます。静けさと広さとで、シャンティイは他の場所とは違う時間が流れているかのような、独特な雰囲気があります。

豪華な通路の先にあるのは Les appartements des princes de Condé コンデ公の居室部分。

シャンティイ城


住んていた部分だけあって、豪華絢爛。

シャンティイ城


再び入り口まで戻って、今度は右手の部屋へ。

GARLRIE DES CERFS 鹿の間 シャンティイ城

GARLRIE DES CERFS 鹿の間です。お食事するところかな?その名の通り飾られているものは鹿尽くし。

さて、次のお部屋からは絵画ギャラリーが続きます。

シャンティイ城 GALERIE DE PEINTURES 絵画

1880年代に入ると、政情は王族にとってますます冷たいものになってきます。オーマル公は我が身と城、そして城を飾る彼のコレクションの安全と名誉を守るため、城を含む領地とその内部にある美術品をすべて、一般に公開することを前提に、自ら会員であったフランス学士院に贈ります。
ただし、「絶対に陳列品の配置を変えないこと」、「コレクションを常に完全な状態で保管する、よって貸出を禁止する」という条件が出されました。

つまりここでしか見ることのできない絵画が、19世紀の絵画の飾り方そのままで堪能できるのです。

シャンティイ城 GALERIE DE PEINTURES 絵画


壁の上から下まで、みっしりと絵画が。どこからどうやって見ればいいのか迷ってしまいます。

シャンティイ城 GALERIE DE PEINTURES 絵画

シャンティイ城

シャンティイ城


写りの悪い写真しかなくて申し訳ないのですが、このSANTUARIOと言う部屋にはラファエロの『オルレアンの聖母』と『三美神』があります。

シャンティイ城 コンデ美術館 ラファエロ SANTUARIO


下のTRIBUNE と名付けられた部屋は、天窓が素敵。

シャンティイ城 コンデ美術館

シャンティイ城 コンデ美術館

シャンティイ城


絵画鑑賞を終えた後は、再び入り口に戻って、シャペル見学へ。

シャペル シャンティイ城


静かな通路を通って礼拝堂へ。静謐な雰囲気です。

シャペル シャンティイ城

シャペル シャンティイ城

シャペル シャンティイ城


この祭壇の奥にはコンデ家の墓標が。

シャペル シャンティイ城

シャペル シャンティイ城


さて、1階部分は殆ど見たので、地階に降ります。

シャンティイ城 階段

この階段がとても素敵だった。

シャンティイ城 階段

シャンティイ城 階段


パレロワイヤルの階段を模して作られたそうで、流れるような優美な曲線の装飾にうっとり。

シャンティイ城 階段


この美しい階段の下にあるのが売店というw

さて、しっかりお城の中も堪能しおなかもすいてきたので、今度はお庭を見つつランチに田園風景の中でクリームシャンティイを食べに!
…のはずだった。


【最低価格保証】フランス のオプショナルツアー予約なら VELTRA

VELTRA
関連記事

 個人旅行,フランス,