旅行鞄にクリスティ

海外旅行とアガサ・クリスティのブログ 最近はコスメ・ファッション・マイリトルボックスレビューに侵食されぎみ


俺、生まれ変わったら馬になるんだ…!シャンティイの世界一美しい大厩舎「生きた馬の博物館」編【フランス・ベルギー・オランダ旅行記】

生きた馬の博物館 大厩舎 シャンティイ


11月13日 ヨーロッパ旅行5日目 その4 

シャンティイ城と競馬場の間に挟まれた美しい建物は、世界一美しい厩舎ともいわれる「生きた馬の博物館 (大厩舎)」です。

生きた馬の博物館 大厩舎 シャンティイ

俺、生まれ変わったら馬になるんだ…!と信じていた 不思議ちゃん 18世紀のシャンティイ城主ルイ4世アンリが建てさせたもの。ルイ4世アンリは7代目コンデ公で、ブルボン公の称号で知られる人物、とかなんとか…いったい何公なの?何代目なの?J Soul なの?とシャンティイ城の城主は似た名前ばかりでこの辺は頭がごっちゃになってきます。

それはさておき、18世紀建築の傑作とされる大厩舎。でかいです。いったい何頭飼うつもりなんだ、と思ったら、なんと240頭の馬、500匹の犬を飼う為に作られたとか。流石、城主はスケールがでかいわw

生きた馬の博物館 大厩舎 シャンティイ

城主の生まれ変わりのお馬様のお家とあって、非常に優美な建物です。

生きた馬の博物館 大厩舎 シャンティイ

今月はスペクタクルがないので中には入れないのかと思っていたのですが、近くまでいってみたところ、開いてる!厩舎部分は入ることができました。そして入口からちょっとのぞくだけで漂ってくる獣匂。

内側も、天井に連なる曲線が美しい。

生きた馬の博物館 大厩舎 シャンティイ

中には何匹も馬がいるのですが、皆静かでおとなしい。そういえばこんな間近で馬を見たのは初めてかもしれない。触ろうと思えば触れそうな距離ですが、多分触るのは禁止だと思う。

生きた馬の博物館 大厩舎 シャンティイ

お姉さんにお手入れをされて気持ちよさそう。

生きた馬の博物館 大厩舎 シャンティイ 馬具

ちいさいお馬さんも。こちらのウェルシュポニーは、小さいながら巻き毛ロングの白馬で、どことなく王子風。

生きた馬の博物館 大厩舎 シャンティイ




生きた馬の博物館 大厩舎 シャンティイ


…馬?

生きた馬の博物館 大厩舎 シャンティイ

めっちゃ見られてる。

再びお馬さん。こっちもめっちゃ見てる。

生きた馬の博物館 大厩舎 シャンティイ

なぜかたてがみを三つ編みされている子が多かった。何か意味があるのかな?それともおしゃれ?



そして私たちは見られませんでしたが、大厩舎では月に数日(?)、馬術スペクタクルショーが見られます。見たかったのですがなんと11月はなぜか1日も行われず、ちょっと旅程をずらすどころでは対応できなそうだったので諦めました。ちなみにショーは、ちょっとした馬術を見せるという感じではなく、がっちりお芝居を見せるショーのようで時間も長くかかるようなので、見る場合は帰りの時間とかを考えて計画したほうがよさそうです。

さて、これにてシャンティイでの予定は終了。

シャンティイ 大厩舎

帰りは競馬場を左手に見ながら、駅までほぼ一直線の道を帰ります。緑いっぱいののどかな風景、天気が良いのと見晴らしが良いのとで、行きよりも元気な足取りで歩く。

シャンティイ 行き方 コントワーデコトニエ

右手に広がるシャンティイの町。今度は泊まりで来たいな。

シャンティイ お城 行き方

ふと競馬場の方を良く見ると、馬が走ってました!事前に調べた情報ではこの日は小さな競馬がある日とあったものの、それにしては人もいないし静かだったので間違いかと思ったのですが、やっぱりやってました。ほんとに小規模のレースだったんですね。

シャンティイ 競馬場 ゲート シャンティイ お城 行き方 競馬場

競馬場を過ぎると、道は森に入ります。

シャンティ 森
シャンティイ お城 行き方 森

Hey!Hey!サクサクしてるぅ~?と落ち葉を踏んでみたり。ちなみに履いているのは、この旅行のために履き慣らしてきた新しいスニーカーSLASHicon。お気に入りなので落ち葉踏む足も軽やか。

行きに別の森を通った時は、道に迷って雨が降って来て半泣きで歩いていましたが、帰りは晴れて明るくなってきたし道もわかるので、森の中を楽しむ余裕があり。紅葉だって拾っちゃうぞ。

シャンティイ 森

ひたすら真っ直ぐ歩くと、行きに見た馬の標識に。ここが運命の分かれ道だったわけだよ。行きは地獄、帰りは天国。

シャンティイ お城

電車の時間までまだ少しあったので、標識と駅の間にあるパン屋でパンを買ったりして時間を潰す。なんせ予定外にランチでお金を使ってしまったので、今日の晩御飯もパンよ。

シャンティイ

時間が来たので、ホームに出ます。出る際は、打刻を忘れずに。そして間違えた方面に乗ってしまわないように!行きに乗り過ごさないように気を付けたのが、水の泡になってしまう。パリ北行きですよ。

シャンティイ 打刻器 駅 フランス

さよなら、シャンティイ。

シャンティイ 駅 フランス

さて、行く前には一番の心配の種だったシャンティイも無事?行ってこれ、再びパリに戻ってきました。最後のパリの夜です。

そうそう、パリ北駅に戻ってメトロへの乗り換え口がが分からずあたふたしていたら、すごく日本語の堪能なパリの女の子が声かけてくれて助けてくれました。わざわざスマホで乗り換え方法を調べてくれたり。券売機のそばには親切なふりして高額の何枚組かの切符を買わせてかすめ取る詐欺がいるときいていたので、最初話しかけられた時はめちゃめちゃ警戒してしまいましたが、本当に親切な人だった。この事に限らず、パリは観光客に不親切という話も聞きますが私はあまりそんな印象はないんですよね。今回の旅行でも特に他の国・都市との差は感じず、普通に皆親切でした。

ホテルでちょっと休んでから、まだ時間があったのでパリで最後の買い物に。行くのはセフォラです。ギャラリーラファイエットの斜め向かいにあるので、ホテルからも歩いてすぐ。

パリ セフォラ

懐かしのSEPHORA。色々買いたい物があったのですが、前日瓶入りコスメをいくつか買って荷物が重くなっており、ベルギー行きの列車で下手したらスーツケースを頭上の網棚に乗せなければならないことを考えて、かなりセーブしました。厳選して買ったのは、この2つ。

 ⇒関連エントリー:スーツケースは網棚にあげるの?! ―ヨーロッパ旅行の準備・鉄道編【フランス・ベルギー・オランダ旅行記】

パリ お土産

Urban Decay NAKED2 BASIC 27.5ユーロ
Beauty Blender 16.9ユーロ

Urban Decay(アーバンディケイ)のネイキッドは、本当は通常サイズのを買う予定でしたが、実際見たらそんだけの茶系カラーを使いこなせるか微妙だったのと、パールのないマットカラーが欲しかったのとでこちらのミニサイズの NAKED2 BASICに。寒色系のマットなヌードパレット。これはめちゃめちゃ気に入って2015年の私的ベストコスメに選んでいます。

ビューティーブレンダーも、さすが人気なだけあって使いやすい。高いけど。3月のMy Little Boxマイリトルボックス)にこのタイプのスポンジが入っていたけれど、やっぱり本家ほどではない。



どちらも買って良かった。これでパリで思い残す、いや買い残すものはない…いやあった。最後に、初日から探していたものの見つけられず、前日やっと見つけたもののなんとオープン前で入れなかったスーパー monop' をチラッと覗いてみると―

パリ モノップ スーパー

開いてました!最後の最後に。もっと早くあいてよ!と思いながらも、せっかくなので晩御飯の追加と明日の朝御飯も買ってみたり。これからこのホテル泊まる人は、スーパー難民にならずに済むね。

パリ モノップ スーパー

いつもの。ブルサン アイユ150gが1.87ユーロ、その時の為替で250円ぐらい。こっちだとそんな安いんだ。

本当はパリの最終夜なので、今日ぐらいは節約をやめて外で食べようかなと思いました。ホテルはラファイエットそばだったので辺りのお店も観光地価格で結構高めのとこが多いのかなと、メニューを見ることすらしていなかったのですが、通りを東に10区方面に進んでいったレストランなら手頃かも。そういう考えもちらっと頭をよぎったのですが、行きすぎると治安良くないしこれからお店を探すのも面倒なので、結局はスーパーとパン屋のご飯に。

後から考えると、この時食べに出なくて本当によかったと思ったけれども、その時は最後のご飯もパンか〜と思いながら侘しい夕食を食べ、荷物をまとめてチェックアウトの準備をしてから、今日は沢山歩いたから早く寝ようと、10時過ぎぐらいに寝た気がします。寝る前に見たニュースで、どうやらパリのどこかで発砲事件があって死者もでたらしい、というニュースを見る。

パリのどこだ?やっぱり外国は物騒だな、とのんきなことを考えながら眠りにつく。


【最低価格保証】フランス のオプショナルツアー予約なら VELTRA

VELTRA
関連記事

 個人旅行,パリ,フランス,