旅行鞄にクリスティ

海外旅行とアガサ・クリスティのブログ 最近はマイリトルボックスレビュー・コスメ・ファッションに侵食されぎみ


【レビュー】ラ ロッシュ ポゼ UVイデアXLプロテクションBB使用感想 ―赤味が出て敏感な時でも安心してツヤ肌メイクができる


3/19にリニューアル発売されたラ ロッシュ ポゼのUVイデア XL プロテクションBBをモニターで使用しました。乾燥、紫外線、大気中物質の付着などの外的要因による環境ストレスから敏感肌を守るBBクリームです。


ラ ロッシュ ポゼとは


ラ ロッシュ ポゼは、世界で25,000人以上の皮膚科医が採用している敏感肌のためのスキンケアブランド。ミスト化粧水としても出ているラ ロッシュ ポゼ ターマルウォーターで有名で、このミスト化粧水は私もこれまで何本か使っています。ラ ロッシュ ポゼの製品の多くに配合されているターマルウォーターは、皮膚をすこやかに保つ作用があることで知られているセレンを豊富に含んでおり、今回のBBクリームにももちろん配合。

UVイデア XL プロテクションBB

ラ ロッシュ ポゼ UVイデア XL プロテクションBB
色:全2色 価格:各3,672円(税込) 
<SPF50+/PA++++>


ラ ロッシュ ポゼ UVイデア XL プロテクションBBの特徴


3/19のリニューアルで、SPF50+・ロングUVA対応に進化しました。ロングUVAは真皮の皮膚を支えるコラーゲン線維や線維芽細胞にダメージを与え、シミ・シワ・たるみなどのエイジングサインの原因を作り出すとも言われています。

UVイデア XL プロテクションBB

このBBクリームの主な特徴は以下の通り。
  • PM2.5などを含む大気中物質の付着から守る
  • 紫外線防止効果が高い:SPF50+・ロングUVA対応
  • ツヤのある、自然で明るい印象に仕上がる
  • 普通の洗顔料で落とせる

無香料 、パラベンフリー、皮膚科学的テスト済、ノンコメドジェニックテスト済、アレルギーテスト済です。

色は2色展開
ライト:透明感のある仕上がり、色白で明るい、ピンクオークル系の肌
ナチュラル:健康的で自然な仕上がり、イエローオークル系の肌

UVイデア XL プロテクションBB

普段明るい黄色系の色味を選んでいる私は、色の説明を読んでどちらを使うべきか悩んだのですが、今回はラッキーなことに2色ともモニターできたので、実際に両方塗り比べてみました。と、その前に―

UVイデア XL プロテクションBB

ふと箱を見ると、側面に点字が。何と書いてあるのかはわからないのですが、商品名が書いてあるんでしょうかね?こういう配慮があると安心感が増します。

何度かブログにも書いていますが、私は商品を選ぶ上で、企業理念やモノづくりへの姿勢なんかが共感できることもポイントになったりします。商品の安全性や信頼度というのは正直実際に商品を使ってもわからない部分が多く、結局のところその会社が信頼できるか、という点で計っていくしかないのかなと思っているので。


ラ ロッシュ ポゼのUVイデア XL プロテクションBBの実際の使い心地


さてUVイデア XL プロテクションBBに戻って、とりあえず両方並べて塗ってみます。左がライト、右がナチュラル。

UVイデア XL プロテクションBB
UVイデア XL プロテクションBB

こうやって並べて見ると、色味も明るさもライトの方があいそうです。ナチュラルだと色味も黄味が強くちょっと暗い。しかし度々ブログでも言っていますが、メイクにおける私の肌悩みは頬の赤み。赤みをカバーするにはやっぱり黄色です。ということであえてナチュラルを使ってみました。

UVイデア XL プロテクションBB

実際に顔に広げてみると、少量でよく伸びます。しかし肌に点状に全部とりあえずのっけてからのんびり一ヶ所ずつ伸ばして〜とかやっているとのびづらくなるので、のせたら伸ばす、のせたら伸ばすして塗っていったほうが綺麗にぬれる気がします。

思ったより緩くみずみずしい質感で、SPF50+ということから連想するような被膜感はありません。以前ラ ロッシュ ポゼの日焼け止めも使ったことがあり、そちらも高いSPFながらみずみずしく軽い使い心地でしたが、それと似たような感じです。

下はすっぴんとBBクリーム塗布後のビフォーアフター写真です。この日は花粉のせいか、または普段やならい化粧水での拭き取りをやっていたせいか頬の赤味が結構酷かった。これだけ赤いと、メイクをするのは気分的に心配なのですが、このBBクリームは、さすが敏感肌用のラ ロッシュ ポゼだけあって刺激も感じず、赤みも酷くならず。

ラ ロッシュ ポゼのUVイデア XL プロテクションBB

ファンデなしでこの赤みのカバー力。気になる点が赤みだけの場合は、上にパウダーだけでファンデーションは要らないかもしれません。シミ等に関してはカバー力はそこまででもない感じで、マットではなくツルンと綺麗なツヤ系、全体的にはナチュラルな仕上がりになります。化粧の持ちはそこそこで、時間が経つとやはり多少テカりは出るので、化粧直ししながらきれいな仕上がりを保って使っていきたい感じです。


ピンクオークル、イエローオークルどちらを選ぶべきか?


気になる色の明暗ですが、ライトとナチュラル並べて比べた時は暗いかなと思いましたが、ナチュラル単独で実際に顔に塗った場合、言われてみればちょっとトーンが落ちているかなと感じるものの思ったほど違和感が出たりはしませんでした。因みにライトを塗った場合、確かに肌色には合っている気がしますが、赤みはやはりナチュラル程は隠れず。

コントロールカラー等を併用するという手もありますが、そうするとせっかくの手軽なBBクリームの良さが薄れてしまうので、色白で赤みが気になる人は、迷ったらナチュラルの方がいいかなと思います。思ったほど暗くならないし、多少暗くなる分には上に重ねるファンデやハイライトで調節することも可能なので。私はどちらも使えそうですが、今は1年の内でも色が白い時期でこれからちょっと焼けてきてしまうであろうこと、それとこの日のように頬の赤みがひどくてメイクするのが心配な日でもこれは割と安心して使えるので、敏感に傾いていて赤みが強くなっている時にこの刺激のなさがちょうどいいということから、赤みの隠れるナチュラルを選びます


UVイデア XL プロテクションBB

自然な仕上がりであり、普通の洗顔料で落とせるので、休日ののんびり過ごしたい日に向いていそうなBBクリームです。または、私のように肌の調子が微妙で本当はちょっと今日メイクしたくないけど、メイク・日焼け止めをしなければならないという時にも重宝しそうです。日焼け止め効果が高くかつ肌にやさしい、ツヤ肌系の仕上がりのBBクリームを探している方にお勧め。

UVイデア XL プロテクションBB



ラ ロッシュ ポゼ(敏感肌用スキンケア)
関連記事

 BB・CCクリーム,