旅行鞄にクリスティ

海外旅行とアガサ・クリスティのブログ 最近はコスメ・ファッション・マイリトルボックスレビューに侵食されぎみ


最強の社内履きを探せ第2弾―女っぷりの上がる新色と廃盤と 【クロックス2016年春夏新作】

クロックス 会社・社内履き


丈夫で軽く、快適で疲れず、まるっと水洗いできる」という社内履き・仕事履きに重要なこの条件を満たすcrocsクロックス)を、私はもう何年も愛用しています。先日新たな社内履きを求めてクロックス2016年春夏新作発表会を偵察してきたわけですが、履いた瞬間にフォルムの美しさにうっとりした非常に好みの靴の登場と、そしてこれまでの愛用品の終了と、今シーズンはなかなか悲喜こもごも

そんな今期の新作の、社内履きに良さそうなおすすめクロックスたちをピックアップしてみました。

crocs(クロックス)公式オンラインショップicon


女っぷりの上がる美しい社内履き





リオ フラット ウィメン(Rio Flat W) カラー:6色(新色3色) サイズ:21~25cm

まずは社内と言わず通勤時も履きたいキレイ目シューズ。クロックスとは思えない、と言ってしまってよいのかw コンフォートシューズの域を超えた綺麗なデザインのこの靴は、クロックス初のポインテッドトゥのリオ フラット、イタリアでデザインされた非常に女性らしい美脚シューズです。昨年バケーションにぴったりなポップなカラーバリエーションで登場しましたが、今期発売になるのはベーシックなカラーの3色で、待望の黒が登場。社内履きとしても履きやすくなりました。

クロックス リオ フラット ウィメン

クロックス リオ フラット ウィメン

クロックス リオ レオパード フェイド フラット ウィメン

※↑一番下はweb限定ヒョウ柄バージョンリオ レオパード フェイド フラット ウィメン(rio leopard fade flat w) カラー:2色 

これを履くと、個人的な感想ですが普段の3割増しぐらいで女らしい足に見えます。社内でずっと履くのに楽ちんなヒールの無い靴は、スタイル的にもコーディネート的にも正直いまいち…という社内履きにありがちな不満点がこの靴には無く。

女性らしい曲線デザインで、キレイ目ファッションに違和感なく合わせられるフラットシューズ、そして甲の開きが広いのでヒールがないにもかかわらず足が長く見えます。さすがはイタリアデザインと言うべきか。

クロックス リオ フラット ウィメン

TPU素材の トランスルーセント(=半透明)でうっすらと肌が透けて見えるジェリーのような素材なのですが、透け感はそこまで強くはないので社内で履いても違和感はありません。他のクロックスに比べると履いた時のムニッと柔らかい感触は少なめのような気はするものの、以前より柔らかくなったTPU素材が足の動きに良くなじむのでこちらも履いていて疲れにくい。実は1日の内で履いている時間が一番長い可能性があるのが社内履き、オフィスコードに合う綺麗目デザインで、かつ楽ちんな靴、という相反する条件を満たすこの靴はなかなか貴重です。しかもザッと水洗いできて即乾く。履いている時間が長いので、匂い対策の点でもこれは重要。

さらに、レインシューズ替わりにもいけそうな点も気に入りました。速乾性にもすぐれているし、これからの季節重宝しそうです。

クロックス リオ フラット ウィメン

なお、リオに関してはワンサイズ下を選んだ方がいいかもしれません。私は普段22.5~23cmの靴を履いていますが、これはW6(22cm)でぴったりでした。商品ページに載っているレビューをチェックして見ても、小さ目を選んでいる人が多いようです。


指名買いのサイプラスがリニューアル


社内履きと言えどヒールがない靴は持ってのほか、という人にはこれ。ヒールで疲れない靴の中で、これに勝るものはあるのだろうか…。つま先を覆っていないデザインなので社内履きにできるかは会社によるところがありますが、サンダルタイプがOKな職場にはぜひ、言わずと知れた大人気のサイプラスです。



サイプラス 5.0 ヒール ウィメン(Cyprus 5.0 Heel W) カラー:3色 サイズ:20~25cm

指名買い・リピート買いされるクロックスの人気モデルの代表とも言えるサイプラスは、リニューアルを重ねて今シーズン5代目が登場。

サイプラス 5.0 ヒール ウィメン

※写真奥はヒョウ柄バージョンのサイプラス 5.0 レオパード プリント ヒール ウィメン(Cyprus 5.0 Leopard Print Heel W)

元々足長効果バッチリの9センチヒールながら歩きやすいということで人気でしたが、5代目はこれまでと比較し、さらに安定感がパワーアップ。

サイプラス 5.0 ヒール ウィメン クロックス

4代目との大きな違いは、ストラップのデザインが3代目の時のようにT字になり、ヒールも太く全体的に安定感が増しています。そしてゴムアジャスターが、これまで片側のみだったのが両サイドに変更、ゴムを止めているスタッズにはカットワークが施されました。

サイプラス 5.0 ヒール ウィメン

サイプラス 5.0 ヒール ウィメン クロックス


サイプラス 5.0 ヒール ウィメン

ヒールの高さは約9cmながら、つま先部分も厚みがあるため履いた実感としてはそこまでのヒールの高さを感じず、ヒールも太く全体的に歩いた時に”よく足に付いてくる”感じの履き心地のため、しっかり踏ん張れます。室内だったのでこれ履いて実際に走ってはいませんが、「走れるヒール」と言う人が多いのも納得の着用感。

クロックス サイプラス 5.0 ヒール ウィメン


サイプラス 5.0 ヒール ウィメン クロックス

これまでクロックスであまりヒールの靴はチェックしていなかったのですが、これは想像以上に歩きやすく疲れにくく、予想外に足がスラッと見えたので、社内履き云々抜きにして欲しくなりました。指名買い・リピート買いが多いというのもわかるな。

サイプラス 5.0 ヒール ウィメン 着用画像


TPO問わないベーシックタイプ





シエンナ フラット ウィメン(Sienna Flat W) カラー:4色 サイズ:20~26cm
※ヒョウ柄タイプの シエンナ レオパード シャイニー フラット ウィメン(Sienna Leopard Shiny Flat W)も有り

とてもベーシックな、細身でシンプルなデザインのシエンナは、なんと私が愛用しているkadeeiconのアップデートモデル。ということは、kadeeは廃盤…?と慌ててオンラインを見ると、もう黒しか売っていません。ショック!

kadeeは地味ですが実際履くと写真で見るより可愛く、他ブランドにはなかなか無いコロンとしたつま先が好きで、価格も手ごろだしムニッとした歩き心地は良いし手入れは楽だしで気に入って履いていたのでちょっと残念です。しかしあのコロッとしたシルエットは、会社用としてはちょっとカジュアル&子供っぽい印象だったのも事実。社内用としてはsiennaの方が合っているのでしょうね。

クロックス シエンナ レオパード シャイニー フラット ウィメン 着画 crocs sienna flat w

つま先はスクエアトゥーになって、上品で恰好良いデザインに。そしてつま先だけでなく踵も覆われているのでオフィスで履きやすい。これでNGが出る会社はあまり無いのではないでしょうか。取りあえず社内履きや授業参観の内履きなど、室内履きとして履きやすいベーシックなものを1足と言う場合、シエンナはTPOやコーディネートを選ばないのでぴったりだと思います。


一番気に入ったのは…


他にもオリビア 2.0 フラットや―

オリビア 2.0 フラット クロックス

オリビア 2.0 フラット ウィメン(Olivia 2.0 Flat W)

男性用のオフィスサンダルとして人気のユーコン メサ クロッグなど

ユーコン メサ クロッグ

ユーコン メサ クロッグ(Yukon Mesa Clog)

社内履き・内履きにぴったりな靴はいろいろありましたが、私が一番気に入ったのは最初に紹介したリオ フラットです。

クロックス リオ フラット ウィメン

リオ フラット ウィメン(Crocs Rio Flat W)

女性らしい美しい曲線と、「スカートに合わせるとバランスがとりづらい、きれいめのオフィスファッションには合わせづらい、なんか短足に見える」といったぺたんこ靴に良くある悩みを吹き飛ばすデザインがとても気に入りました。こういう靴ってなかなか無いですよね。こんな靴が、しかもクロックスに売っているとは意外だったわ。

crocs(クロックス)公式オンラインショップicon



クロックス オンラインショップ
関連記事

 ,クロックス,クロックス(crocs),