旅行鞄にクリスティ

海外旅行とアガサ・クリスティのブログ 最近はコスメ・ファッション・マイリトルボックスレビューに侵食されぎみ


フキの下ごしらえ・下処理の仕方 ―祖母から山菜が届いたのでタッパー2つ分下ごしらえにいそしむ

先週、祖母から大量の山菜が届きました。わらびとふきです。

山菜 ふき わらび

ちょっと前にはウドも届いた。昔は特に山菜は好きでもありませんでしたが、最近は特にウドとかフキみたいに苦い山菜の美味しさに嵌まりつつあり。

私は山菜の知識が全くないのでわらびとゼンマイの違いが分からなかったのですが、芽の数で見分ければいいようですね。芽が1つでぐるぐるしているのがぜんまい、こんな風に↓3つに分かれてグルグルしているのがわらび。

山菜 わらび

とりあえず半日がかりで下茹でしてタッパーに保存。面倒ですが、美味しい山菜のためには下ごしらえも嬉々としてする。

ふき

【フキの下ごしらえ・下処理方法】
お鍋に入る大きさに切ってから、塩をふりかけで板ずりし、ゆでる。その後に皮をむく。向き方は、先っぽを1センチぐらい360度向いて、その1センチをもってぴーっと下まで全部剥がす。魚肉ソーセージのフィルムをはがすみたいな感じ?あんま食べたことないけど。

その後水につて冷蔵します。

ふき

水を取り替えても数日しか持たないとのことで、味噌きんぴらにしたり炊き込みご飯にしたり山菜尽くしのメニューにしてすべて食べきりました。山菜まみれの1週間だったわ。幸せ。

参考にして美味しかったレシピの覚書↓ あら、オレンジページが多い。

ふきと豚バラのみそきんぴら(リンク元:オレンジページ)
ふきと油揚げの炊き込みご飯(リンク元:オレンジページ)
ふきの炒り煮(リンク元:白ごはん.com)

やっぱりふきの苦みが後引く美味しさ。あ~また食べたい。ふき食べたい。山菜万歳。祖母の送ってくれた分は終わってしまいましたが、まだスーパーでは見るので、買ってこようかな。



関連記事