旅行鞄にクリスティ

海外旅行とアガサ・クリスティのブログ 最近はマイリトルボックスレビュー・コスメ・ファッションに侵食されぎみ


血色チークを上品に ―マキアージュ ドラマティックムードヴェール

マキアージュ ドラマティックムードヴェール、何日か使ったのでレビューを。

20160612_141437_0030.jpg

マキアージュ ドラマティックムードヴェール 全2種(ケース・ブラシ付き)
【資生堂公式オンラインショップ】ワタシプラス

パウダーなのに、とけこむ艶の血色感。
5色5質感のチーク&フェースカラー。
肌の内側からにじみでるような自然で明るい血色感と品のいい艶。美人の印象を高める、天然血色チークです。

大きな特徴としては以下3点です。

1、にじみでるような血色感と品のある艶を出すチーク
2、「ムードゾーン」にのせることを提唱
3、ブラシとスポンジ(どちらも付属しています)を使用

頬から目の横にかけての広い範囲=ムードゾーンに色艶があると、「女性らしい」「明るい」「若々しい」といった美人の印象が3.5倍高まって見えるという調査の結果をうけ、このムードゾーンを簡単に美しく見せるチーク&フェースカラーとして発売されたのがこの ドラマティックムードヴェールです。

マキアージュらしい華やかなケースに入っています。

20160612_141858_0030.jpg

中にツールを収められるようになっているため、ケースは意外と厚めで約3.5cm。なので持ち運ばず、家で使う用のチークにしています。ツールは、ブラシとスポンジが両端に付いたタイプで、これが自然な血色感チークをつくれる秘訣でもあり。

使用感


私の使った色はRD100:自然で穏やかな血色感をつくるコーラルレッド

20160612_141958_0032-001.jpg


<使用方法>①血色カラードーム型スポンジにとり、頬の中央にポンポンと軽くのせる。

②・③なじませカラー
ミックスしてブラシにとり、①のまわりをぼかす。

④目の下クリアカラー:くすみや小じわなどの凸凹を補正
ブラシにとり、目の下にのせるようになじませる。

⑤ハイライトカラー:頬の高さを際だて上向きに
ブラシにとり、頬骨の高いところから目尻に向けてぼかす。

20160612_155435_0033.jpg

文字で書くと工程が多そうですが、要は真ん中の色をスポンジでポンポンと付け、あとはブラシを使って周囲を右の色でぼかし、目周りを左の色で明るさを加えるだけです。多色チークだとどう使っていいか悩んでしまうこともあるのですが、これは割と直観的に使える配置になっているので、特に慣れる必要も無く簡単に使えます。

パウダーですが、かなりしっとりした質感のチーク。パウダーをオイルで抱えるクリーミーグロス処方とのこと。粉っぼさがないせいか肌に自然に馴染む。

20160612_155147_0097-001.jpg

20160612_155208_0100.jpg

写真だとちょっと色や質感の違いが上手く出せず申し訳ないのですが、①は極小粒のラメで、他の色に比べるとパール味が少なくマット寄り、②③にはラメが入っていて、④⑤にも入っていますが②③に比べると小さ目のような気がします。④⑤は実際に肌にのせるとほぼ色味は感じず、明るさを出すハイライト用です。でもわからない程度にピンクがかっているので、白いハイライトのようにサイバーな感じに白浮きしにくい。

チークを目立たせる入れ方は、下手すると下品になったりお笑いの人の舞台メイクみたいになったりw、また上手く入れられてもカジュアルな遊びの場面ではよくても会社には不向きだったりで、メイクテクのない私にはなかなかハードルが高く。でもこれは薄い色で回りをぼかせて肌に溶け込むような感じでグラデーションが作れるためか、オフィスメイクにも対応できます。このあたりさすがマキアージュ。

2016ブログ22

1色だけのチークよりグラデーションが作りやすいので、思ったより使いやすいです。「ムードゾーン」という頬周りの広範囲に色と光がのっているせいか、普段よりもちょっと華やかな、女性らしい印象の仕上がりに。特に目の下に光があると、印象が明るくなるだけでなくて、ちょっとしたアラを飛ばしてくれるのが嬉しい。

entry-771.jpg

真ん中の①の色の付け具合でデイリーにも遊びにも使いまわしが効くので、使い勝手が良いです。難しそうで華やかチークを敬遠していた人や、いつもより女性らしいメイクがしたい人におすすめ。

*資生堂様に商品をいただき、モニターに参加しています*

【資生堂公式オンラインショップ】ワタシプラス

関連記事

 チーク,