旅行鞄にクリスティ

海外旅行とアガサ・クリスティのブログ 最近はコスメ・ファッション・マイリトルボックスレビューに侵食されぎみ


【ドラマ】名探偵ポワロ『エジプト墳墓のなぞ』 ―10分に一人死ぬ

『エジプト墳墓のなぞ』

なんだか先週に引き続き、今作も怖いわ…顎が砕けるって 

原作は短編集『ポアロ登場』に収録。原作の方は読んでると思わず、「フォラオの呪い?なにそれ( ´,_ゝ`)」と吹き出したくなるような、結構まじめに読むのが苦しいB級映画感たっぷりの話なのですが、こちらは不気味な呪いの雰囲気が出ていて良かったです。原作よりも好きですね~。

ちなみに今作の原作のポワロさんは、結構エキセントリックで。ドラマでは発掘現場へはヘイスティングスの運転する車でボコンボコン跳ねながら(残骸が)到着していましたが、原作ではまずはラクダでGo!うめき声をあげ悲鳴をあげ、しまいにはマリア様に祈りを捧げるもどうにもならず、最終的にはちっこいロバに乗り換えてご到着。着いたら着いたで、アヌビスの影が見えた時は地面に這いつくばって適当に魔法陣まで描き出しちゃう。そんで白魔術やら黒魔術やらがどうのこうの。このポワロ、キてます。そんなもんどこで覚えたんでしょうね?

それはさておき、紳士たるもの砂漠でもスーツ、テントの中でもディナーを取る。呪いじゃなくても、砂漠でそんな恰好してっからみんな具合悪くなるんだよ~。

アガサ・クリスティ作品感想一覧はこちら
⇒原作収録短編集の感想:【本】『ポアロ登場』― 割とすっとんきょうなポアロです

以下ネタバレ

シェムリアップ


と言うわけではもちろん無く、医師による殺人でした。ウィラード卿の自然死でファラオの呪いという噂が立ったことで、そうだ!いまならファラオのせいにできる!とブライブナーズを殺し、そのついでにシュナイダーも殺しちゃう、呪いだし。そしてついでのシュナイダーさんが一番悲惨な死に方だった。動機は、富豪の甥が学生時代に遊びで書いた遺言状により、自分に遺産がくることになっていたから。

今作の死亡関連をまとめると以下の通り。

 (ウィラード卿:自然死)
 ブライブナー:敗血症を起こさせる
 ブライブナー(甥):不治の病と騙し自殺させる
 シュナイダー:破傷風に感染させる
 ポワロ:青酸カリで毒殺(未遂)

短編なのにこの密度。10分に1人死んでおる。1時間の間にこれだけ起これば、そりゃ怖いわ。しかし破傷風の菌ってそんなそこらへんにあって簡単に植えつけられるものなのでしょうか?

ブライブナー(甥)がかかったと思い込んだ病ですが、原作だとらい(=ハンセン病)だったのが、ドラマだと不治の病になっていました。でも遺書には「leper(=ハンセン病)」とちゃんと書かれていたので、NHK側で何か規制があったんでしょうかね?ハンセン病にかかったら周囲にも迷惑がかかるし死んだ方がマシだ、とまでに身体的にも社会的にも酷な捉えられ方をしていた病だった、というのは別に差別を助長するわけでも無し、むしろ逆にそこまで酷い扱いをされていたのが分かるわけで、別にハンセン病と言ったって構わないと思いますが。だた、この放送当時はハンセン病にはまだあまり触れないようにといった感じの扱いをされていたということなんでしょうか。でもそのせいで話がだいぶ分かりにくいことになってしまった。そういえば『ABC殺人事件』でもカスト氏の記憶障害が癲癇によるものという説明が省かれたせいでタダの変な人になっていたし、追加吹き替えの時にこの辺も直してほしかったわ。

テント前でヘイスティングズが妙な話をして引き伸ばしている間にポワロがこそ泥する居たたまれないシーンw、こんな感じのなんか見覚えあったような気がしましたが、今確認したら『安いマンションの事件』 ですね。「アナグマの毛と、壁紙用ブラシと、どっちがいいかな?」とか言ってたやつ。いつもこんな役回りで、可哀想なヘイスティングズw でも毎回上手くいっているので、実は有能?引き伸ばしに関してだけは。

ついでに今回はヘイスティングズの生着替えサービスシーンが…!と堪能する間もなくコロッといくポワロ。「ポワロさんの様子がおかしいんですが、死んだかもしれない。このお茶だ。」 死んだかもしれない☆って、軽い、軽すぎるwここは原作では、死んだと思っていたポアロが起き合ったところで、犯人が速攻諦めて自殺の流れ。よく考えたら、犯人とバレたにしても証拠があるかもわからないのだから、ちょっと粘ればいいのに…ということで、今回のドラマのような遺言状で追い詰める流れになったのでしょう。…でもそれだったらわざわざ死んだフリいらなくない?普通にその場でジョボジョボッて器に移して、ハイ皆さん謎解きのお時間ですでいいよね…?

タロットをしたり中国の占いをしたり降霊術の真似事をしたり、結構エキセントリックなドラマのミス・レモンも久しぶりの登場。最後の猫の下りは良いですね。そこらへんのお土産屋で買ってきたと思われるネコの像を、嬉しそうに捧げ持つミス・レモン。仲良し3人はやはりこの作品の癒しです。

今週は『負け犬』。これ、原作も読んでないしドラマも見たことがない(と思う)ので楽しみです。


関連記事

 名探偵ポワロ,