旅行鞄にクリスティ

海外旅行とアガサ・クリスティとマイリトルボックスレビューのブログ 最近はコスメ・ファッションに侵食されぎみ


【ファボスタイル オフ会】トリロジーPOP-UP SHOP記念セミナー ~夏こそスペシャルケア~

entry-782.jpg


先日ファボスタイルで行われたトリロジーPOP-UP SHOP記念セミナーに行ってきました。テーマは「夏こそスペシャルケア」。まずトリロジーについて簡単に説明するとー

2002年ニュージーランドの姉妹がスタートさせたナチュラルスキンケアブランド。ブランド名は三部作を意味し、「Simple、Pure、Vital」がテーマ。余分な化学合成成分は加えず、可能な限りピュアな植物成分を採用。環境保護、動物愛護、フェアトレードへの積極的参加。オーガニック認定100%ローズヒップオイルをフェイス・ボディ・ヘアケア製品に配合。現地特有のカワカワやマヌカハニーなどもブレンドした、お手入れが楽しくなる新感覚自然派コスメです。


多くの人がトリロジーと言われてぱっと思い浮かぶのは多分このオイルでしょう。私もトリロジー ローズヒップ オイルを結構リピートして使っています。トリロジーにはその他にも隠れ人気アイテムや口コミだけで売れ続けているアイテムが実は沢山あり、上手に活かして夏こそ自信の持てる肌に、というのが今回のセミナー内容です。かなり充実したアイテム紹介で、知らなかった良さそうなアイテムをいろいろ見つけることができました。


トリロジーの夏のケア


まずなんと言っても気になったのは、クレンジングバーム!

トリロジー クレンジング バーム

トリロジー クレンジング バーム(固形メイク落とし)

使い方
適量を手に取り、手のひらで温め、メイクをした肌に優しくなじませた後、付属のコットンクロスをぬるま湯に湿らせて軽く絞り、拭き取ります。

実はこれ、1月のMy Little Boxにも入っていたのですが、なんかもったいなかったのと、いまいち使い方が分からなかったのでまだ使っておらずw 最近色んなブランドからバーム状のクレンジングが出ていますが、なんとなく固く肌に伸ばしにくそう、という先入観があってなかなか手が出せずにいました。今回初めて使ってみたのですが、もう肌にのせた瞬間から体温でとろけ出して、伸ばす感触もなめらか。とろとろの使用感がとても気持ちがよいです。

トリロジー クレンジング バーム

一般的なオイルクレンジングは主成分が鉱物油だったり、ナチュラル系バームクレンジングでも石油由来クレンジング成分であったりしますが、このトリロジー クレンジングバームは主成分が植物油。植物油だけをバーム状にしているので、オイルクレンジング同様濃いメイクもしっかり落ちる。

しかもこれの嬉しい点は、忙しくてスキンケアが面倒な日は、クレンジングのみで寝てしまってもOKなところ。ふんだんに配合されたローズヒップオイルをはじめ、柔軟と鎮静作用のあるサンフラワー、ココナッツ、オリーブオイル等がたっぷりと配合されており、拭き取った後の肌はメイクはしっかり落ちながらも、肌に栄養を残した状態に。

私は、普段遅く帰りクレンジングが面倒な日はビオデルマ サンシビオH2Oの拭き取りクレンジングを使っているのですが、ウォータータイプはトロミが無く厚みがない質感のため、敏感肌用と言えど肌にダイレクトに拭き取りの圧力がかかる感じで、なるべく柔らかいコットンを選んでもやはり摩擦が気になります。また拭き取った後は結構乾燥するので、何もつけずに寝たりすると翌朝肌がカピカピに。とりあえず適当にオールインワンだけザッとつけて簡易なスキンケアをして寝たりしていました。しかしオールインワンもこれといっていいものが見つけられず、いくら手抜きとはいえあまり満足の行くケアではなく。

それに比べると、こちらも拭き取るため多少の摩擦はあるものの、オイルの厚みがあるためかなり刺激は軽減されている感じがします。そして何と言っても違うのが、拭き取った後の肌。しっとりツヤが出て、スキンケアした後のような感じです。嫌なベタつきも無く。下手なオールインワンジェルを使うよりよっぽど肌の状態はいいです。

トリロジー クレンジング バーム

付属のオーガニックコットンクロスを使うのが若干面倒ですが、その後オールインワンやらなんやらの簡単なスキンケアもいらないので、それを考えると手間は同じかもっと楽なぐらい。そしてオールインワンがいらないので経済的だし、成分的にも私はこちらの方が好きです。なので手持ちのウォータークレンジング&オールインワンを使い切り次第、こちらに乗り換える予定。ただちょっといつものごとくかなり買いだめしてしまっているため、結構先になりそうですが…。

Q10ブースター エッセンス オイル

トリロジー Q10 ブースター エッセンスオイル

種子油を10種類掛け合わせ、さらにコエンザイムQ10をプラスしたもの。茶ぐすみ、クマ、たるみへアプローチするオイルで、糖化や積極的な加齢対策に。

Q10ブースター エッセンス オイル

サラサラとして、暑い今の時期も使いやすそうなオイルです。そして香りがかなり良いのですが、ラベンダー、フランキンセンス、ゼラニウムのエッセンシャルオイルをブレンドしたものとのこと。

Q10ブースター エッセンス オイル

ベタつきもなし。講師の方曰く、「単独ではなく、トリロジー ローズヒップ オイルロザピン プラスの後に重ねるのがおすすめ」とのこと。成分・働きが全く別のオイルなので。ということで、重複する成分のあるローズヒップオイルとロザピンプラスについては重ねて使ったりはしない。

#ファボスタイル のセミナーで触らせてもらった #トリロジー から昨年出たオイル、Q10ブースターエッセンスオイルは、かなりサラサラで今の時期も使いやすい。チアシード、ザクロ、ワイルドストロベリー等の種子油からなるトリロジー独自のグリカブレンドとコエンザイムQ10配合で、エイジングケア、糖化ケアに良いそう。 講師の方のおすすめは、ローズヒップオイルかロザピンプラスと重ねて使う方法。全く別の効果のオイルだからとのこと。ちなみにローズヒップオイルとロザピンプラスを重ねたりはしないそうです。くすみや眼精疲労にも。 #trilogy #organic #organiccosmetics #favostyle #糖化

むぎさん(@mugi_mugi333)が投稿した動画 -




それといま個人的に気になっているのがアイケア。こちらはメイクの上からも使えて人気のようです。エイジングケア効果の高いロザピンプラスと同じ成分が配合されています。

アイコントア クリーム

トリロジー アイコントア クリーム 20mL

そして講師の方一押しアイテムがこれ↓

スムージングデイクリーム

トリロジー スムージング デイクリーム 50mL

ハリを与えるメロン果実エキスと、チアシード、ざくろ、ストロベリーシード等の種子油からなるトリロジー独自の糖化を抑えるグリカブレンド、肌をふっくら整える植物由来のヒアルロン酸を配合。デイクリームとありますが夜も使え、笑いジワに塗りこむのがおすすめとのこと。ちなみにこれを旅行時に乾燥する機内に持ち込んでいるそうです。


機内持ち込みにおすすめアイテム


海外旅行時の飛行機内持ち込みの話が出たついでに、レジャーシーズンのこの時期に便利な、機内持ち込みにおすすめの商品を教えてもらいました。既に上にあげた

 ・スムージング デイクリーム 50mL
 ・クレンジング バーム 80mL(固形メイク落とし):洗い流し不要。クレンジングからスキンケアまで完了。

に加えて、

 ・ウルトラ ハイドレーティング クリーム マスク:洗い流し不要のクリームマスク。エアコン等の乾燥による脱水肌に。

の3点。どれも、狭い機内の数少ない洗面所を使う必要がないよう洗い流し不要のタイプで、乾燥する機内にもってこいの保湿具合。どれも納得のラインナップ。


おまけでハーブファーマシーも…


さらにおまけで、トリロジーと同じくファボスタイルが扱ってるオーガニックコスメの「ハーブファーマシー」のバームも触らせてもらいました。

20160624_123755_0237.jpg

herbfarmacyハーブファーマシー スキン ブースター バームicon

スターウィ―ド、カレンデュラ、マローなどのハーブをブレンドした保湿バームで、外的刺激から肌を保護。これでこめかみを軽くマッサージすると頭痛も和らぐのだとか。私は生理前後になると毎回頭痛に悩まされるので、これも気になる。

20160624_123822_0239_2.jpg


いろいろ気になるものはたくさんありましたが、やはり私が一番気に入ったのは一番最初に紹介したトリロジー クレンジング バーム。もうこれは、手持ちが終わり次第買います。イベントも多く遅くまで出かける日の多いこのシーズン、疲れて帰った日のケア用に、手軽さと使用後の肌の質感と、求めていたものぴったりのクレンジング。特に私のようにズボラな方に是非おすすめしたい。もちろんズボラでない人の普段のクレンジングにもね。



ガミラシークレット
まるで美容液のような石けん


関連記事

 クレンジング,オーガニック,時短スキンケア,