旅行鞄にクリスティ

海外旅行とアガサ・クリスティのブログ 最近はマイリトルボックスレビュー・コスメ・ファッションに侵食されぎみ


SABONより「死海」に究極にこだわった最新シリーズ登場 ―Dead Sea Series新商品体験会

SABON

SABON(サボン)からの招待で、7月8日に新発売されたDead Sea Seriesの新商品体験会に、コントワー・デ・コトニエで買ったばかりワンピースをいそいそと着て参加して来ました。場所は表参道 THINGS。

20160710SABON2.jpg

結婚式等にも使われる、ナチュラルな雰囲気が可愛らしい会場です。

20160710_174102_0124-001.jpg

今年はSABON20周年、日本上陸8周年となる年。SABON20周年の奇跡として「死海」に究極にこだわった最新シリーズ「Dead Sea Series」が登場しました。

20160710_174501_0030-001.jpg

会場には、シックなパッケージのDead Sea Seriesのアイテムがいたる所に飾られています。これまでのより大人っぽく、より高級感の増したビジュアルになっているようです。

20160710_174536_0034.jpg

20160710_174746_0032.jpg

今回の体験会では、元ミス・インターナショナル日本代表の松見早枝子さんも登場しトークショーも行われました。

Dead Sea =死海は、地球上でもっとも低い海抜-423mに位置する、SABONが生まれた国イスラエルの人々の生活になくてはならない湖。塩分濃度がとても高いため様々な物が浮く湖ということで、こういう↓人が湖面に浮いている写真はいろいろな所で目にしたことがあると思います。

20160710_181918_0046.jpg

神秘の湖のイメージが強い死海ですが特徴はそれだけではなく、海抜-423mの流れ出ることない湖にはミネラルが非常に豊富に蓄積されているのです。

死海の水は天然の海水に比べてマグネシウム34倍、カルシウム47倍といった有効美容成分をたっぷり含み、一方でピリピリする成分塩化ナトリムは半分以下。美容成分が豊富で肌には刺激の少ないミネラルバランスになっています。

20160710_174528_0150_3.jpg

松見さんも死海に入ったことがあるそうなのですが、水がトロトロで美容液のよう、温泉に入った時に似ているとのこと。こういった死海を構成する4つの成分 ”塩、泥、水、植物” 全てを凝縮したのが今回SABONから新発売となったDead Sea Series、さらに「ジェリコのバラ」「アッケシソウ」といった死海沿岸の植物も配合し、ミネラルと合わせて使うことで肌本来の力をとりもどし、使い続けることでハリと透明感を与えるシリーズになっています。

ビューティーレシピストでもある松見さんによると、体によいミネラルは、食からも肌からも摂取するのがおすすめとのこと。食からもということでDead Sea Seriesをイメージしたデザートとドリンクが―

20160710_185142_0051.jpg

商品パッケージと同じく六角形にカットされたフルーツ。死海のミネラルをイメージしてカットされています。

20160710_185124_0049.jpg

お皿にはSABONの文字。

20160710_185757_0261.jpg

レモンスカッシュは死海らしくほんのりと塩が効いていて美味しい。

ボディケアのイメージが強いSABONですが、デッドシーシリーズはボディケア5点とフェイスケア3点の全8種のラインナップになっています。

20160710_174731_0036.jpg

SABON Dead Sea Series

body用
シャワーオイル(4200円)
ボディスクラブ(7500円)
ナチュラルデッドシーボディマッド(4000円)
ボディローション(4800円)
ミネラルハンドクリーム(2400円)

face用
リニューアルポリッシャー(6500円)
3in1フェイシャルスマッドスクラブマスク(7000円)
モイスチャライジングクリーム(5000円)

これまでのSABONと比べると、ダークな色遣いでシックで大人っぽいパッケージ。死海の塩の結晶をモチーフにしたデザインと、死海の開放感をイメージしたシダーウッドとレモンの香りとのこと。実際にかいでみましたが、どことなく海を連想させる、女性でも男性でも使いやすい、爽やかで甘すぎないユニセックスな香りでした。

20160710_185003_0047.jpg

ちなみに、一足先にこのラインナップを試した松見さんの特にお気に入りは、ボディスクラブとモイスチャライジングクリームだそうです。べたべたしないのにしっかり潤い、またその潤いのキープ力もあるとのこと。

会場の外には、お店でもおなじみの円形のシンクがあって、実際に試してみることができました。

20160710_175914_0191_3.jpg

まずはシャワーオイルで手を洗う。

20160710_180155_0043.jpg

↑写真だとまだ泡が控えめですが、こう一度軽く泡立ててから、さらに水を加えるともっと泡立ちます。そしてお待ちかねのスクラブを。

20160710_174148_0031.jpg

従来のスクラブより粒が小さめで、きめ細かくケアでき、美容成分も多目とのこと。

20160710_180354_0044.jpg

通常よりも優しい肌当たりになっています。ちなみに、↓は私がこの間まで使っていたサボンの夏季限定のスクラブのマンゴーキウイです。こちらと比べると、スクラブが小さめなのが分かるでしょうか…?

SABON ボディスクラブ サボン マンゴーキウイ

暑い今の時期はいつもの粗めのスクラブで磨くのも気持ちがいいですが、Dead Sea Seriesぐらいの粒だったら季節問わず日常的に使うのにちょうど良さそうです。
 ⇒関連エントリー:【使い切りレビュー】SABON ボディスクラブ マンゴー・キウイ ―通年販売して欲しい

20160710_180523_0205.jpg

最後にボディローションを付けて、手がしっとり。このローション、しっとり具合とベタつかなさのバランスがちょうど良くて、かなり好みでした。

20160710SABON1-001.jpg

このほかにも、ハンドクリームやフェイス用のモイスチャライジングクリーム等、気になるものはたくさんあり。いろいろ使ってみたくなりましたね~。

20160712_152015_0034.jpg

お土産も頂いたので、早速家でも試してみようと思います。




ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
関連記事

 スクラブ,ボディローション・クリーム,