旅行鞄にクリスティ

海外旅行とアガサ・クリスティとマイリトルボックスレビューのブログ 最近はコスメ・ファッションに侵食されぎみ


Fire-King(ファイヤーキング)、ロフトネットストアで取扱いがスタート! ―ノスタルジックで古き良きアメリカな食器

entry-818.jpg

先日ロフトネットストアの展示会に行ってきた時に、とても好みの物を見つけました。私はキッチンウェアには殆どこだわりが無いので食器コーナーには全く興味が無かったのですが、見た瞬間に欲しくなったもの、Fire-Kingiconの食器です。

IMG_20160726_003947-001.jpg

ほんのり透けるヒスイ色のぽってりとしたミルクガラスのマグカップ、そしてボウル。昔のアメリカのテレビドラマや映画、そして日本の最近のドラマ等でも、名前は知らずとも見たことのある人が結構いるのではないでしょうか。私もその一人です。X-Menや、最近なんと20年ぶりに続編が放送されている昔懐かしの『フルハウス』等でもたしか出てきたような。当時のあちらの流行りかな~と思っていたのですが、「ファイヤーキング」という食器ブランドだったんですね。

IMG_20160726_004117.jpg

ファイヤーキングはアメリカのアンカーホッキング社が製造していた耐熱ガラスブランド。

ファイヤーキングは1970年代まで日常用品として大量生産され、アメリカの多くの家庭で、装飾、食器あるいはキッチン用品などと何らかの形で使用された。また、丈夫な耐熱ガラスであるファイヤーキングにはレストランウェアーというシリーズがあり、分厚いマグカップやプレートなどが文字どおりアメリカのレストランやダイナー、ホテル、病院、教会などで使用された。

マグカップではスヌーピーなどのキャラクターや企業の広告を載せたものが多く製造されている。
引用元:wikipedia

なるほど、この器を見るとアメリカンダイナーやジュークボックスが目に浮かんでくるのは、そいうわけだったのか。

コラージュ

以前行った↑古き良きアメリカの象徴「ルート66」やノスタルジックな街サンタモニカとか、こういうオールディーズの雰囲気が似合いそうな食器。

IMG_20160726_013000-003.jpg

Fire-King エキストラヘビーマグ ジェダイicon

1940年に製造が開始され1976年にアメリカでの製造は終了しているのですが、ぽってりした分厚いデザインや透け感のある優しい色合い、そのノスタルジックな雰囲気に今も世界中でコレクターが存在。私はこういうのに疎いので全く知らなかったのですが、日本でもファイヤーキングの食器を集めたカフェが全国に点在するなどコアな人気があるようで。




そして2011年には「ファイヤーキングジャパン」社が設立され、日本のガラス職人の手で復刻されることに。

ファイヤーキングの魅力であるJade-ite(ジェダイ)に代表される透明感があり、独特のやさしい風合いと存在感をもつミルクガラスは、現在アメリカ国内での生産ができないため、日本のガラス職人とアンカーホッキング社の中でもファイヤーキングの当時の生産現場を知る数少ない人々が奇跡的に出会い、手を結び「ファイヤーキングジャパン」は誕生しました。
引用元:fireking-japan

IMG_20160726_012918.jpg

アンカーホッキング社のファイヤーキング製品は大量生産品でしたが、復刻版は職人によって一つ一つ手作業で作り上げられています

異国の地の廃盤品まで復刻させてしまう日本人の情熱は、ただならぬものがありますw しかしそれ程までに人気があるのもわかる。わずかに透ける優しい乳白色がかった色、温かみがありながらどことなく懐かしい雰囲気はもちろんのこと、この食器、非常にフォトジェニックというかインスタ映えするというか、オールディーズなイメージがある意味とても今の時代にあった食器。




コーヒーを淹れて置いておくだけで、何がしかの雰囲気を完成させるマグカップ。その他、インスタを見ると、このヒスイ色のジェダイシリーズの食器で統一した食卓の写真や盛り付けがザクザク出てきますが、どれもとてもおしゃれです。ファイヤーキングの器に入れておくだけで、そこらへんにある食べ物でも雰囲気のある空間になるので、私のような料理下手にも良さそうなw 器でごまかす、これ大事。 

見ているとやはり一番人気はジェダイシリーズ、次いでミルクホワイトと半透明のシリーズが人気のようです。でも透明タイプのも、時代を感じて良いです。透明タイプのを見ているとなぜか香港を思い出すのだけれど、どうしてだろう。香港もノスタルジックな場所の多い、絵になる街ですよね。そう言えば、インスタでは香港のコレクターと思わしき人も沢山見かけました。

IMG_20160726_012840.jpg

厚みがあるのでやはり手に持ってみるとずっしりと重く、あちこちに持ち運んでとかずっと手に持ちながらは飲みづらいのですが、じっと腰を落ち着けて飲みたいマグ。

IMG_20160726_023854.jpg

また、ファイヤーキングジャパン社による商品は、昔の復刻版だけでなく―

IMG_20160726_014654.jpg

Fire-King スタッキングマグ ジェダイicon

この重ねて収納できるスタッキングマグのジェダイカラーは、日本限定生産モデルとのこと。

IMG_20160726_013032.jpg

ボウルはインテリアにも良さそう。ちなみに外箱も可愛いので、プレゼントしたら喜ばれそうです。私は自分で作るのは和食中心で洋の器には殆どこだわりが無いうえに、おしゃれな食生活とは無縁の人間なのですが、それでもこれは見ていてとても欲しくなりましたね~。

なお、このファイヤーキングの食器が買えるのは、ロフトでは渋谷店とオンラインショップのみになっています。問い合わせてみたところ「秘密の屋根裏」終了後も販売は継続されるそうなので、じっくり選ぼうと思っています。


ロフトネットストア
ロフトネットストアのFire-King取り扱い
icon

ロフトネットストア 
関連記事

 雑貨,