旅行鞄にクリスティ

海外旅行とアガサ・クリスティのブログ 最近はコスメ・ファッション・マイリトルボックスレビューに侵食されぎみ


【使い切りレビュー】イグニス コットン ―乳液先行のスキンケアには良い無漂白両面コットン

イグニス コットン 感想

イグニスのコットン使い切りました。乳液買った時についてきた、20枚入りの非売品サイズ。ここしばらく久しぶりにアルビオン・イグニス系のスキンケアを使っていたので、それに合わせて使いました。

イグニス コットン 乳液

イグニス コットン(参考価格 80枚入480円)  6.5cm × 8.5cm

こういう乳液先行タイプのアイテムを使う場合は、やはりコットンもそのブランド物を使ったほうがやりやすいです。普通のコットンだとなかなか乳液がしみ込まなくて使いづらい。

このコットンは漂白されていないので、ちょっと色がついていて、ところどころツブツブもあります。そしてこのコットンの面白い所が、両面使用できる点。

イグニス コットン

片面がしっかりプレスされ、もう片面がフワフワです。プレスされてメッシュみたいな模様がついている方が化粧水用。ちょっとわかりづらいですが、茶色のツブツブしたものがあるのが見えるでしょうか。

イグニス コットン

もう片面が乳液用の、プレス甘めのフワフワタイプ。

大きさはちょうど良い感じです。スキンケアの時、コットンの乾いた部分が肌に当たると肌に刺激になってしまいますが、大きすぎるコットンだと私の持ち方が悪いのか気を付けていても乾いた部分がフワッと当たってしまうことが多く。でもこのぐらいの大きさならちょうどぴったり扱いやすい大きさ。既定量3プッシュおいて、こんな風に上下にぴったり広げられ、指で挟んだ時に乾いたコットンが顔に当たらない。

イグニス コットン

このコットンのもう一つの特徴は、使用方法。乳液先行型のスキンケア用コットンというとすぐ思い浮かぶのはアルビオンフェイシャルコットン L 。


BAさんによると、アルビオンのコットンはくるくる回しながらスキンケアを伸ばしていきますが、イグニスのコットンは線維の方向にそって平行に動かすとのこと。確かにクルクルすると途端に毛羽立ちます。クルクルせず左右に滑らせると一瞬で毛羽立つアルビオンのコットンとは、逆ですね。

アルビオン フェイシャルコットン L (ソフト)

アルビオンフェイシャルコットン L とイグニス、それぞれ正しい方法で使った場合で比べたら、イグニスのコットンの方が若干毛羽立ちにくいと思います。ただ私はクルクルというか曲線を描きがちなので、どちらかというとアルビオンの方が使いやすかった。ただこれは慣れの問題もあるんでしょうね。横にすべらせるのに慣れたらこれはかなり使いやすいのかも。私はパッティングはしないので、パッティングでどのぐらい毛羽立つかはちょっとわかりません。

乳液先行タイプのお手入れでない人には、わざわざこれを選んで使う利点はないと思いますが、乳液先行の人にとっては、乳液の染み込ませやすさと、比較的毛羽立ちにくさの両立した良いコットンだと思います。ただ、私は今乳液先行ばかり使っているわけでないので、乳液先行にも普通のスキンケアにも使いやすいイプサ シルクコットンiconの方をリピートしようかなと思っています。

イプサ シルクコットン

とりたてて乳液先行用でもない普通のコットンの中では、今のところイプサ シルクコットンiconが一番両方に使いやすい気がする。





関連記事

 使い切り,コットン,