旅行鞄にクリスティ

海外旅行とアガサ・クリスティのブログ 最近はコスメ・ファッション・マイリトルボックスレビューに侵食されぎみ


手帳マニアによる対談会と、デジタル時代の手帳の未来 ―2017年LOFT(ロフト)新作ダイアリー展示会

先日行われたロフトネットストアの新作ダイアリー展示会へ行ってきました。数年前まで予定管理は完全にデジタル派で、googleカレンダーとスマホで管理し手帳は重いし書くのが面倒なので一切持ち歩かなかったのですが、一昨年あたりから再び手帳を持ち出しました。というのも、これから起こる予定を管理するには、簡単に日時が移動できてリマインダーもかけられるデジタルがとても便利なのですが、図を書いたりメモを張ったりといったことや、書いたり覚えておきたいこと・ちょっとした感想等の記録的用途にはデジタルは向いておらず、また手帳の方がパッと見にもわかりやすいんですよね。

藍玉さん手帳術
ジブン手帳 週間バーチカルicon

というわけで、今はデジタルをメイン & 紙の手帳のダブル使いに落ち着いているライトな手帳ユーザーの私が手帳のイベントに行ってきたわけですが、いや~面白かった!LOFTのイベントはいつも面白いです。文房具好き、手帳好きの愛が伝わってくるので、聞いているこっちまでいろいろ試してみたくなります。

ロフトネットストア


手帳マニアによる対談会


イベントはまず手帳マニアと言ってもいいであろう3名 ステーショナリー ディレクター、文具コンサルタントの土橋 正さん、手帳ライフ研究家として活動中の有名ブロガー藍玉さん、ロフトきっての手帳マニアの古東部長による対談会からスタート。


古東さんの手帳術


古東さんの愛用手帳は、ほぼ日手帳のカズン。ほぼ日手帳は、手帳販売シェアナンバー1のロフトにおいてもっとも売れている、大人気の定番手帳です。

古東さんの選んだポイントは―
  • 開いた上部にポケットがついていてA4サイズの書類がそのまま入る
  • 1日1ページで、一日に書く量・サイズがあっている、等

ロフト ほぼ日手帳 カズン

私はそこまでの量を書き込まないのと荷物を少なくしたいのもあって、ほぼ日手帳なら断然見開き1週間タイプのWEEKSicon派なのですが、カズンのA4サイズの書類がそのまま入るという点はすごくいいなと思った。折り目もあまりつかなそうだし。

そして中身本体には、1年分だと分厚すぎて持ち歩くのが大変なので、半年タイプで2冊組の「カズン avec(アヴェク)」を使用しているとのこと。2冊に分かれていると起こりがちな、何年分か溜まってくると混ざって順番がわからなくなってしまうという不便点は、シールで連番をつけて対応しているそうです。


土橋さんの手帳術


all about等でステーショナリーガイドも務める土橋さんは、アポイントとTO DOとで手帳を別に所有。ちなみにアポイント:人との約束、TO DO:自分との約束 という風に定義されていました。

アポイントの手帳の条件としてあげていたのはこれ↓
  • 日曜始まり
  • マンスリーで大きなマス
  • 曜日が日本語表記

この条件を満たす手帳ということで選んだのがこのラフィーネicon。中身の条件で選んだので外側が花柄になってしまったというw(男性です)



マンスリーでは、ひと月を太枠で囲んで視覚化するとか、1日のTO DOはオリジナルのグラフの付箋で管理とか、かなりシステマティックに予定管理されていて、これは仕事の効率化が進みそう。ちなみにライフログは殆ど残してはいないそうです。

ラフィーネ 土橋

改めて自分の手帳管理方法を振り返ってみると、アポイントとTO DOをデジタルで、ライフログを手帳に書き留めていたのですが、そこまで厳密に意識していなかったのでたまにごっちゃになってどっちに何を書いたかわからなくなったり。時間の概念を体型的に整理するという意味でもとても参考になる話だった。

ロフトの公式通販サイト 『ロフトネットストア』


藍玉さんの手帳術


反対にライフログの記録中心、そして手帳マニアという言葉がぴったりだったのが、ブロガーの藍玉さん。顔出しはされていないというので、この写真でも手だけ。

ロフト ダイヤリー 新作 2017

年間20冊近い手帳を買い、その中からお気に入りを5冊程度選び(しかし話を聞いている限り5冊どころではなかったようなw)使っているという凄まじい手帳愛で、いろいろ使い分けを聞きましたがとても記憶しきれず。週間はほぼ日手帳 WEEKSicon、ぱっとメモするようにダイソーのスケッチブック、そして旅行はトラベラーズノートicon、仕事ではジブン手帳icon、そして健康と美容関連が…等々。

藍玉さん手帳術

当然のことながら一体1日のうちどのぐらいの時間をかけて書いているのか、という質問がでたのですがw、何かあったら手帳に書き留めるためどのぐらいとは言えないとのこと。書くということがもう習慣化しているんですね。書きわけや使い方について、楽しそうに語る姿が印象的。

アシュフォード スピードジョッター


余談ですが2番目に話された土橋さんはアシュフォード スピードジョッターをプロデュースしています。ジョッター:メモ用紙を数枚挟む機能付きの下敷き、とでもいうのでしょうか。メモをとるために特化した文具で、手のひらサイズで、カバーがないためサッとすぐにメモができる。メモ帳のように分厚くない点も携帯性にすぐれている。

さっと手軽な反面、メモを書くだけ書いてその後死蔵させてしまったり、用紙をセットするのが面倒という欠点もあります。その欠点を、用紙を付箋にすることで解決したのがこのスピードジョッター。

アシュフォード スピードジョッター

ちょうど正方形の一般的な付箋がおさまるサイズ。角にコーナーガイドがあるため付箋をセットするも楽で、かつポケットに入れた時に付箋がめくれてしまわない。大体12枚前後が入るそう。

アシュフォード スピードジョッター

書いたメモはまず裏側のペンホルダーの面に挟み込んで置き、そしてこれが付箋の楽な点、その後手帳やボードにそのまま貼り付けることができます。

アシュフォード スピードジョッター

メモは手軽なのですが、その後バラバラとなって仕分けや書き写すのが億劫になってしまうので、これは良いですね。付箋は便利なのですが、特にビジネスシーンだと、社内ならまだしも社外で付箋丸出しでメモしている姿はあまりよろしくない。これがあるとキチント感がでて付箋でも使いやすい。付属のペンは別売りはしていないようですが、ダイゴー ジェットエースの替え鉛筆で対応できるそうです。しかしこのジョッター、今見たところロフトネットストアでは売っていないようで。う~ん、どこかの店頭ではあるのかな…。


デジタル時代のアナログ手帳の魅力


スケジュールはスマホで管理するという人も増えている昨今ですが、紙の手帳を使う人も半数以上でまだまだ健在。特に日本人は、海外から見ても手帳が好きな人種のようです。あえて紙の手帳を使うからには、いろいろな利点を感じているわけで、対談の最後にもいろいろ良さがあげられていました。

  • 手で書くことで記憶にのこる
  • 一覧性がある:デジタルはブラウザという限りある大きさでしか見れない為、数か月分等を見るのが難しい。
  • 見て楽しい
  • 何十年後にももういちど読み直すことができる

EDiT スープル
エディット スープル B6 デイリー1日1ページicon

これらは、デジタルからアナログに戻ってきた私としても個人的にとても納得でき。デジタルだと、字数やスクロール量、ページ数が増えすぎると見づらいため、どうしても長文の感想等を残すのには向いていない。そしてイラストやメモを張るにも定型的な差し込み方になりがち。結果どの日・どの用事も全体的に同じウェイトになってしまってメリハリがない。どうしても未来の予定中心で、ライフログは必要最低限の事柄のみのメモになってしまい、後から読み返してあまり面白くないのです。一方で紙に書いた方は1日1日に個性があって、日記やアルバム、日によってはちょっとした物語を読むかのような面白さがある。

予定が終わったらもう意味がなくなるメモのようなものでは無く、書いた後何年たっても価値がある、むしろ時間が経つほど懐かしく大事になる、そんな良さが手で書く手帳の魅力ではないかと思います。「老後にまた読み返したい」と言っていた藍玉さんの言葉が印象的な対談、終わった後はもっと手帳を活用してみたくなりましたね~。

さて、第2部はロフトの2017年新作ダイアリーについてなのですが、長くなるのでいったんここで切ります。私の来年の手帳に決めたエディット スープルicon等、いろいろ気になる手帳が沢山ありましたよ!

【2017年ロフト新作ダイアリー手帳 関連エントリー】
手帳マニアによる対談会と、デジタル時代の手帳の未来
売れ筋「ジブン手帳」から、あらゆる趣味マニアに捧ぐ話題の「ワナドゥ手帳」まで―2017年LOFT(ロフト)新作ダイアリー展示会
来年の手帳はこれ!2017年のロフト一目ぼれ手帳、EDiT スープル ― ラデュレ、ポール & ジョーコラボ版も!


ロフトの公式通販サイト 『ロフトネットストア』

ロフトネットストア
関連記事

 雑貨,