旅行鞄にクリスティ

海外旅行とアガサ・クリスティのブログ 最近はマイリトルボックスレビュー・コスメ・ファッションに侵食されぎみ


女子力高い冬のクロックス モコモコ靴履き比べ ―ラインド、ブリッツェン クロッグ、マンモス、サラ、オールキャスト 2016crocs秋冬新作

ラインド、ブリッツェン クロッグ、マンモス、サラ、オールキャスト 2016秋冬crocs新作

冬のcrocsクロックス)と言えば、やっぱり暖かさと女子力高いモコモコ靴が気になります。フワフワで愛らしいラインドのシリーズは、私がクロックスに嵌まったきっかけの靴でもあり。友人宅を訪れた時に、友人がこのモコモコの靴を履いて出てきて、その足首とコロッとしたボリュームの差に可愛いとなってそれ以来ズブズブとクロックスの沼に嵌まり続けて出られなくなり今に至る、と。

冬のクロックスは靴にボリュームがある分、足首が細く華奢にみえるのも女子力高いお気に入りポイントですが、そこが逆に欠点でもあり、とにかくでかい。はく場所をかなり選ぶ印象でした。しかし新作発表会で見た今期のモコモコ靴は、モコモコの可愛らしさはそのままに細身になり、しかもいろんなバリエーションのデザインが出てボリュームのある靴が苦手な人でも履けそうなモデルも登場。片っ端から履いてきました。せっかくなのでブログでも実際に履いた着画を交えてご紹介。

とにかくボリューム少なめのモコモコ靴を履きたい人はこのエントリー後半を、モコモコたっぷり目を履きたい人は前半からどうぞ!

クロックス 公式オンラインショップ


Cozy lined collection


この冬このラインドのシリーズがリニューアルされ、人気定番の「クラシック」をベースにし、全体のライニングのボリュームは抑えたモデルになっています。まずは私が嵌まるきっかけとなった靴、ブリッツェンから。



クラシック ブリッツェン 2.0 クロッグ(classic blitzen 2.0 clog)icon 22~28cm カラー:Espresso、 Navy

取り外し可能なモコモコのライニングが付いています。このモコモコの履き口、あるいは内側部分が柄になっているバージョンもあり。

クラシック ブリッツェン 2.0 クロッグ 

クラシック ブリッツェン 2.0 グラフィック クロッグ(classic blitzen 2.0 graphic clo)icon ~28cm カラー:Black / Berry、Khaki / Espresso

内側がチェックのバージョンがとても可愛いです。去年のよりも細身のシルエットに変更になっているとのことで、去年の写真を見てみると―

クロックス

確かに去年の方がシルエットが太めかも。今年はボリュームダウンして、より履きやすくなっています。

そしてこれを素材もボリュームもさらにゴージャスにしたワンランク上のモデルがこれ。

クロックス クラシック

クラシック マンモス ラックス クロッグ(classic mammoth luxe clog)icon

その名も”マンモス”。ふわっふわです。柔らかくて贅沢な、羊毛(ムートン)のライニングがついています。しかも履き心地のいいクロックスの中でも最高峰の履き心地の良さのトリプルコンフォート。フローリングでも滑りづらいので、冬のスリッパ代わり・室内履きにしたらすごく良さそうです。

しかしこれはかなりでかい。まるでミッ○ーの足のようなでかさ。外履きにするには行く場所がかなり限られてきそうです。


基本のラインドクロッグ


先にモコッとしたモデルを紹介してしまいましたが、ラインドシリーズといえばやっぱり基本のこれです。



クラシック ラインド クロッグ(classic lined clog)icon 22~29cm カラー:5色

これもグラフィックプリントだったりライニングがチェックのバージョンも出ています。そして今までの冬のクロッグになかった、可動式ストラップ付。ストラップを後ろにして脱げにくいようにすることも可能。モコモコ感は大分減りますが、暖かさは健在。基本のデザインで、前の2つに比べるとライニングのボリュームも抑え目で履きやすいです…といいつつそれでもなおボリュームが気になるよ!という人に、昨年秋の発売以来うけているのが次に紹介するこちらのモデル↓


スリムなクロッグ、crocs freesail




フリーセイル プラッシュ ラインド クロッグ(freesail plushlined clog w)icon

バックバンド等がなく、ミュールに似たかなりシンプルなデザインで、ここまで抑えられると特にボリュームを意識することなく普通に履けます。プライベートな外出ならどこでも履いていけそう。

クロックス フリーセイル freesail clog

スカートにもパンツにも合います。ちなみに基本のクラシック ラインド クロッグとどれぐらいボリュームが違うか、履き比べてもらいました。

クロックス フリーセイル ラインド 比較

左がフリーセイル プラッシュ ラインド クロッグ、右がクラシック ラインド クロッグ。こうしてみると結構違いますね。

クロックス フリーセイル

中はしっかりモコモコですが、履くとあまり表に目立たず。


シルエット重視派にはサボタイプ


クロッグもいいですが、さらにきれいなシルエット重視な人におすすめなのが―

クロックス サボ

サラ ラックス ラインド クロッグ(sarah luxe lined clog w)icon カラー:2色 ヒール:約6センチ

これまでの定番サボモデル cobbler fuzz clog のアップデートモデルです。より女性らしいデザインに変更になり、クッション性もアップしました。

crocs sarah luxe lined clog  サラ ラックス ラインド クロッグ

踵が開いているので温かさは落ちますが、ヒールもあって足をきれいに見せるデザインはこれが一番。そして外での履きやすさもこれが一番でしょうか。スエードは本革です。コロンとしたつま先とモコモコのアッパー、踵にむけてシュッと細くなるシルエットが可愛らしい、女子力を感じる靴w 本当に可愛いな。


雪道も安心、モコモコブーツ


オールキャスト 2.0 ラックス ブーツ

オールキャスト 2.0 ラックス ブーツ(allcast 2.0 luxe boot w)icon

モコモコ番外編とでもいうべきか。こんなブーツタイプもあり。防水素材使用(縫目があるので完全防水ではないですが、シールド加工で高い防水性ありです)で、靴裏には深い溝でグリップ力も高いため雪道もばっちり、滑りにくいです。

クロックス ブーツ 2016 新作 秋冬 AW

靴単体だとゴツく見えますが、実際履いてみるとこういうブーツにしては細身で、スカートにもいけます。


サイズ感について


以上クロックスのモコモコ靴は6点。ボリューム・デザインともにかなりいろんな種類のモコモコ靴があるので、好みの1足が見つかると思う。どれもムギュッとしたくなる愛らしさです。

ちなみに、普段22.5~23センチ、クロックスだとW7を履く私が試し履きしたところ、サボタイプのサラ ラックス ラインド クロッグのみワンサイズ小さ目を、あとはいつも通りのサイズがちょうど良い感じでした。サイズ感が気になる方は、クロックス 公式オンラインショップiconの各商品ページに口コミがあってそこにいろんな人が履いたサイズ感が書かれていたりするので結構参考になります。

クロックス 公式オンラインショップicon


クロックス オンラインショップ
関連記事

 ,クロックス,クロックス(crocs),