旅行鞄にクリスティ

海外旅行とアガサ・クリスティのブログ 最近はコスメ・ファッションの感想に侵食されぎみ

Top Page > 国内旅行記

19

2018

うめひびきに泊まったらここは外せない!梅酒蔵おおやまと、ギャラリーおおやま『進撃の巨人』展【大分旅行記】

大分の山あいの梅の郷にある隠れ家宿奥日田温泉 うめひびきに泊まったなら、この2つは行かねばなりません。観光というほどではありませんが見て回って小一時間ほど過ごせる施設が、うめひびきのすぐそばに、というか敷地内にあるのです。お酒好き、そしてマンガ好きの人は特に要チェックの、どちらも普通の温泉宿にはなかなかない、日田大山ならではの施設。うめひびき宿泊記の2日目、ゆったりお風呂に入ったり朝ご飯を食べたりし...

14

2018

朝もやテラスで絶景独り占め!奥日田温泉うめひびきの朝食【大分旅行記】

さて、奥日田温泉 うめひびきに泊まる大分・博多旅行記2日目、朝6時に起きてまずは大浴場へむかいます。前述の通り翌朝の女湯は「青軸」の方になっていて、寝湯はできず。時間が早いせいか大浴場に人はほとんどおらず独り占め状態。しかし朝日を見ようとしたら山に隠れてなかなかでて来ず、しばらく粘りましたが、のぼせそうなのでもう出ます。部屋のお風呂ももう一度入りたかったけど、後で外の梅酒蔵とギャラリーも見たいしもう...

10

2018

個室で頂く自慢の梅づくし養生膳―奥日田温泉うめひびき「白加賀」の夕食【大分旅行記】

12月に行ってきた奥日田温泉うめひびきの宿泊記の続き、美味しい夕食について。なお、宿泊した露天風呂付客室はこちら、館内はこちら参照。チェックイン時に予約した夕食の時間になったので、レストランへ向かいます。お庭を散歩している時にちょっとお話したスタッフの方に、「ここは食事が美味しいですよ~」ときいていたのでとっても楽しみ。私は和洋中なら和、その中でも梅やお酢など酸っぱい系の味つけが大好きなので、きっと...

02

2018

奥日田温泉うめひびきの館内まるっと探検編―どこを切り取ってもフォトジェニックな宿【大分旅行記】

12月にいった大分 旅行記、 宿泊したのは奥日田温泉うめひびきで、泊まった客室の本館『南高』の様子は既にアップしているので、こちらでは館内全体の施設をご紹介。グランドオープンしたばかりのこの宿はどこも真新しく、歩いているだけで心躍るモダンでおしゃれな内装。特に女性には堪らない、どこを切り取ってもフォトジェニックなお宿でした!チェックインのおもてなし飛行機とバスを乗り継ぎ都内から4・5時間、ようやく奥日田...

15

2018

奥日田温泉うめひびき本館の露天風呂付客室「南高」宿泊編【大分旅行記】

12月にいった大分旅行記の続きです。今回の旅の目的は、グランドオープンしたばかりの奥日田温泉うめひびきに宿泊すること。飛行機と車を乗り継いで、大分県日田市大山にある梅の郷にやっと到着です。チェックインや館内・施設詳細は別記事でアップするので、まずは泊まったお部屋、本館『南高』の様子から!すごい素敵でしたよ~。中ほどにはルームツアー動画も載せました。奥日田温泉うめひびき 客室大分県の響渓谷と梅に恵まれ...

10

2018

都内から大分日田への行き方と、初めて成田第3ターミナルを使う時の注意点【奥日田温泉うめひびきに泊まる大分旅行記】

奥日田温泉うめひびきに泊まる大分旅行記、出発編です。扉でも書いたように、都内から九州に乗り入れる際は空路にて福岡空港を、そこから日田へはバスを使います。今回私ははじめてジェットスターとLCC専用成田第3ターミナルを利用し、どちらもちょっと癖のあるものだったので、初めて使う場合知っておいた方が良いなと思われる点を、都内から日田への行き方と一緒に書いておきます。都内から福岡へはジェットスターが安い宿のチェ...

28

2017

奥日田温泉うめひびきに泊まる、大分・博多旅行に行ってきました

先日行ってきた大分日田&福岡博多旅行について、まだまだ夏の箱根も軽井沢もクルーズ旅行記も終わっていないのですが、先に一部書いていきます。というのも、日田おおやまは梅の郷で、毎年梅まつりが開催されるのです。それを目当てに行かれる方の参考になるように、2月ぐらいまでにはアップし終わるのを目標にしてボチボチと書き始めます。3月の沖縄、10月のダイヤモンドプリンセスクルーズでの宮崎、と続いて今年3回目の九州旅...

11

2017

奥日田温泉うめひびきに来ています

大分県日田市大山にある梅の郷、奥日田温泉うめひびきに来ています。詳細な旅行記はまた後日時間をとって書きますが、とっても素敵です。11月にオープンしたばかりの、真新しい木のぬくもりあふれる館内。そしてモダンで広々とした客室には、渓谷を眺めながら入れる露天風呂が。到着して真っ先に入りました。今スマホで撮った写真しかあげられませんが、実物はもっときれい。梅の郷にあるうめひびきは、その名の通り梅が名物。館内...

27

2017

富士屋ホテルの旧御用邸「菊華荘」での朝食【アンティークで大正浪漫な箱根旅行記】

大分間が空いてしまいましたが箱根旅行の続き。どうにか年内に、夏の軽井沢旅行までは終わらせたい。富士屋ホテルでは朝食を食べられる場所が2つあります。昨晩夕食を食べたメインダイニングルーム「ザ・フジヤ」に―カジュアルなグリル「ウイステリア」、そしてこの旧御用邸「菊華荘」です。ここでの食事を非常に楽しみに、富士屋ホテルに泊まりました。富士屋ホテルの菊華荘菊華荘は、名前からわかるように旧御用邸です。明治28年...

19

2017

富士屋ホテル「ザ・フジヤ」でのフレンチディナー【アンティークで大正浪漫な箱根旅行記】

箱根旅行で宿泊した富士屋ホテルには、いくつかレストランがあります。皇室の宮ノ下御用邸として造営された由緒ある純日本建築「菊華荘」での会席、そして気楽に食事を楽しめるカジュアルな「ウイステリア」での洋食など。しかしやはり夕食はメインダイニングルームでとりたい、ということで「ザ・フジヤ」でフレンチのコースに。「ザ・フジヤ」は、昭和5年(1930年)、日光東照宮本殿をモデルに建てられたメインダイニングルーム。5...

16

2017

箱根富士屋ホテルの温泉プール ―日本初のホテルの室内プール【アンティークで大正浪漫な箱根旅行記】

ホテルに泊まった時にいつも楽しみにしているものの一つが、プールです。海外でも国内でも、プールがついているホテルにとまったらできる限り入るようにします。しかも今回の箱根旅行で泊まった宮ノ下の富士屋ホテルの室内プールは、ホテルの室内プールとして日本で一番最初に誕生したもの、しかも水は箱根・宮ノ下の天然温泉を使用した、源泉かけ流しの温泉プールなのです!それってプールなのか?!とも思いましたがプールです、た...

31

2017

憧れのクラシックホテル、富士屋ホテルの花御殿ジュニアスイート宿泊編【アンティークで大正浪漫な箱根旅行記】

はつ花でせいろ蕎麦を食べた後は、この箱根旅行のメインでもある前から泊まってみたかった富士屋ホテルの花御殿にチェックイン。年をとってきた両親との旅行の為、あまり観光に歩き回らずホテルにいること自体が楽しめるような、雰囲気の良いクラシックホテルに泊まろうということで、客室もジュニアスイートにしました。日本を代表するクラッシックホテル 富士屋ホテル富士屋ホテルは明治11年(1878年)創業の日本を代表するクラ...

12

2017

はつ花新館で自然薯せいろそばを―箱根は水曜定休日が多いから気をつけろ!編【アンティークで大正浪漫な箱根旅行記】

先日行ってきたアンティークに浸る親子箱根旅行、1泊2日で限られた時間しかないため行きたいところはあらかじめピックアップ、箱根に着いて一番最初はお昼に「はつ花」のお蕎麦!…と決めて行ってきたはずでしたがなかなか計画通りにいかないのが旅行というものですね。オリエント急行でのティータイムと順番が前後してしまいましたが、やっと出発編からスタート。ロマンスカーで箱根へ箱根は新宿からロマンスカーで約1時間半。まず...

27

2017

富士屋ホテルとオリエント急行でタイムトラベルしてきました【アンティークで大正浪漫な箱根旅行記】

インスタの方ではちょくちょく上げていましたが、5月に両親と箱根旅行に行ってきました。久しぶりの親子旅行、両親ももう年なのでホテルで休む時間を多めに取り、観光地をいろいろ回るよりも、ホテル自体が楽しめるような雰囲気のある良いホテルでのんびりしよう…ということで、まず登録有形文化財で日本のクラシックホテルの代表の一つ、箱根・宮ノ下の富士屋ホテルに泊まることから決定。今回はエースJTBを使用宿が決まったら申...

25

2017

3月沖縄旅行・服装編【沖縄本部・名護・国頭エリア旅行記】

沖縄旅行記の最後は、3月上旬の沖縄で実際に着た服装の記録と感想です。旅行用バッグ、靴バッグは、メインの旅行バッグと街歩きバッグの2つ使用。海外旅行に持っていくバッグの選び方でも載せてるいつものです。まず街歩き用にはこれ↓何だかんだ言ってこのバッグ、文句言いながら旅行にはわりと持って行っている。定番の旅行街歩きバッグと言えばロンシャン。折り畳みができるので、街歩き用のサブバッグサイズなら旅行に持って行...

23

2017

美ら海水族館に混雑をさけてお得に行くなら、道の駅許田で割引チケットを買って午前中に行くべし

沖縄旅行記だというのに、気が付けばアイキャッチ画像が見事に緑一色に。沖縄と言えば青ですよ!ということでようやく青い話題、美ら海水族館です。私はさほど魚に興味がないのと混雑が苦手なのとで、正直行く前はそこまで乗り気でもなく、でも有名だからとりあえず行ってみるかぐらいの気持ちだったのですが、行ってみたらやはりすごかった!感想は記事後半に詳しく書くとして、まずは美ら海水族館の概要とチケットをお得に買う方...

06

2017

わんさか大浦パークでマングローブロード&大浦集落ツアーとご当地おやつ3位のスイーツを!【沖縄本部・名護・国頭エリア旅行記】

沖縄名護市にあるわんさか大浦パークでは、先にアップしたマングローブカヤック体験だけでなく、マングローブロード&大浦集落散策ツアーにも参加してきました。パーク内には「ニッポン全国ご当地おやつランキング」で去年3位を獲得した美味しいマンゴースイーツ「プリン・ス・マンゴー」も売っていたりして、目的だったカヤック以外もなかなかの充実度。このツアーは、カヤックでは密集部分の入り口のちょっとしか入れないマング...

24

2017

3月の沖縄カヤック体験で事前準備していくべきこと【服装・持ち物】―カメラと靴がポイント!

先にカヤック初心者が3月の沖縄でカヤックを体験して年甲斐もなくキャーキャーはしゃいできた記事を書いたのですが、その時に感じた初心者が気を付けるべき服装や持ち物、注意事項をまとめてみました。カヤック体験での持ち物・注意事項カヤックも初めてだし水のアクティビティもほぼ初めてのずぶの素人、何を持って行けばいいのか、そしてそもそもどんな格好をすればいいのか。行くと決めてから慌てて調べてみたところ、押さえる...

11

2017

沖縄のわんさか大浦パークでマングローブカヤック体験してきました【沖縄本部・名護・国頭エリア旅行記】

3月に行った沖縄旅行記、最大の目的はマングローブ林でカヤックに乗る事!これも幻想的で、フクギ並木とはまた違った異世界が見れましたよ~。私はマレーシアのコタキナバルに行った時にマングローブクルーズはしたことがあるものの、カヤックに乗って自分で自由に漕いでというのは初めて。マリンスポーツはほとんどしたことがないし、しかも泳げないのでやる前は少し心配でしたが、結果的に言うとこれまでの旅でここまではしゃい...

21

2017

物語の世界の入り口、備瀬のフクギ並木でサイクリング!【沖縄本部・名護・国頭エリア旅行記】

ちょっと間が開いてしまいましたが、先月行ってきた沖縄旅行記です。沖縄北部には美ら海水族館や古宇利島など見どころがたくさんありますが、特に楽しみにしていたのがマングローブ林でのカヤックとこの備瀬(びせ)のフクギ並木です。マングローブ林が水の異世界なら、こちらは山の異世界。ここは写真を見た瞬間に行きたい!と思った、とても心を打つ情景がひろがっていました。【関連エントリー】沖縄北部で遊んで来ました【沖縄...

28

2017

沖縄北部で遊んで来ました【沖縄本部・名護・国頭エリア旅行記】

用事があって沖縄に行って来ました!10年ぶりぐらいで2度目の沖縄、今回は沖縄北部にある名護に泊まり北部メインで動きました。いやむしろメインと言うか北部のみ、いつもの方向音痴を最大限に発揮したのもあって那覇はほぼ見れずw それでも名護周辺だけでも非常に楽しかった!これまでは北部の方は美ら海水族館に日帰りで行くついでに寄るようなイメージを持っていたのですが、北部のみでじっくり回るのも良いな~。名護・沖縄...

03

2017

伊豆大島のショッピング・お土産編【大島椿×島ガールコラボ伊豆大島の旅】

さて、ずっと書いてきた伊豆大島旅行記、ラストはお土産編。まずは買ったものからです。大島椿スキンケアソープ 36g 500円大島椿 椿油 10mL 500円、30mL 1,500円行く前から買おうと決めていた、大島椿の伊豆大島限定品。椿まつりの会場で買うと消費税がかからない分安くなるので、スキンケアソープと椿油の小さい10mLの方を初日に買いました。しかし冷静になって思い返してもやっぱり良かったので、大きいほう買えば良かった...