旅行鞄にクリスティ

バッグにアガサ・クリスティをつめていく海外旅行を一番のご褒美に、日常の中で手の届く贅沢を愉しむブログです

Top Page > 国内旅行記

05

2020

【Birth the suite】備瀬のフクギ並木で一日一組限定の幻想世界に迷い込むシークレットヴィラに泊まってきました【沖縄女子旅】

写真で見かけてからどうしてもその中に入り込みたくなり、2年前に最初に訪れた沖縄備瀬のフクギ並木。異世界に迷い込んだような幻想的な並木道をサイクリングしながら、ふと小道にそれて生垣の中を覗き込んで見た一瞬で、とても目に焼き付いた建物がありました。それがこのBirth the suite。その時はホテル…?ギャラリー…?と何の建物かはわからなかったものの、ものごくおしゃれで、かつ フクギ並木の中にひっそりと溶け込む佇ま...

01

2019

レトロな旧軽井沢で半日レンタサイクルして洋館巡り【大正浪漫なアンティーク旅】

夏の避暑地の定番、そしてちょっとレトロでお嬢様な気分が味わえる旅行地、軽井沢。だいぶ前の軽井沢レンタサイクリング旅行記がほっぱらかしになっていたので、今更ながらにアップしていきます。私は学生時代、軽井沢にはよく行っていたのですが、冬のスノーボードが目的でしかも泊まっていたのが友人の家の山奥の別荘に雑魚寝というなんの風情もない旅だったので、中心部にはほとんど行かず軽井沢をじっくり散策したことがなく。...

27

2018

パークホテル東京の特別な一室「THANN CASA」で都会と自然が混ざり合ったタンの世界感を堪能する@汐留

大好きなボディケアブランドTHANN(タン)、タイの高級ナチュラルホームスパコスメであり、リラックスできる中にちょっとオリエンタルな所を忍ばせたアロマの香りと、ナチュラルかつ都会的で、ちょっとひねりの効きつつ基本はシンプルなパッケージが特徴的な、独特の世界観のあるブランドです。使うと少し非日常な気分が味わえながらも、日常の生活の中もすっきりとマッチする使いやすさとパッケージのお洒落さが好きなんですよね...

24

2018

5・6月の箱根旅行の気候・ファッションについて ― 富士屋ホテルのドレスコードと実際の宿泊者の服装は?【アンティークで大正浪漫な箱根旅行記】

箱根旅行記、ラストは5月末6月頭の箱根旅行で実際に着ていった服装編です。今回は、私も悩んだ宮ノ下の富士屋ホテルに泊まる際のドレスコードなども踏まえて、詳しく書いていきます。私は旅行は基本スニーカーで動きやすさ優先の恰好をしていくのですが、今回は両親との旅行で体力を考えあまり歩き回らないようにしたこと、そして念願の富士屋ホテル花御殿のジュニアスイート宿泊ということで、気分の上がる恰好をしていきたかった...

13

2018

箱根富士屋ホテルの館内ご案内ツアーとホテルの見どころ【アンティークで大正浪漫な箱根旅行記】

さて、大分旅行記が終わったので、今更ながらやっと途中になっていた箱根旅行の続きです。ホテルについてはこれがラスト。宿泊したのはずっと憧れだった宮ノ下の富士屋ホテルの花御殿で、その富士屋ホテルでは、毎日宿泊者限定の館内ツアーを開催しています。この時は両親との旅行で、体力を考えて観光は控えてホテルでゆったり過ごすことをメインにし1日目は何も予定を入れていなかったため、観光替わりにこの館内ツアーに参加し...

02

2018

【日田半日観光】豆田町商店街で江戸時代の趣きを残す古い街並みを散策-大分・博多旅行記

大分旅行2日目、豆田町商店街観光。これが大分・博多旅行記のラストです。宿泊した奥日田温泉 うめひびきをチェックアウトした後は、送迎の車で日田バスセンターまで行きます。旅のメインは宿ではあるものの、少しは観光もしたい、ということで日田から福岡空港に戻るまでの道すがらどこか良い観光地がないかと探したところ、とても行きやすい場所に白塗りの壁の商家が立ち並ぶ雰囲気のある古い街並みが残っていることがわかりまし...

19

2018

うめひびきに泊まったらここは外せない!梅酒蔵おおやまと、ギャラリーおおやま『進撃の巨人』展【大分旅行記】

大分の山あいの梅の郷にある隠れ家宿奥日田温泉 うめひびきに泊まったなら、この2つは行かねばなりません。観光というほどではありませんが見て回って小一時間ほど過ごせる施設が、うめひびきのすぐそばに、というか敷地内にあるのです。お酒好き、そしてマンガ好きの人は特に要チェックの、どちらも普通の温泉宿にはなかなかない、日田大山ならではの施設。うめひびき宿泊記の2日目、ゆったりお風呂に入ったり朝ご飯を食べたりし...

14

2018

朝もやテラスで絶景独り占め!奥日田温泉うめひびきの朝食【大分旅行記】

さて、奥日田温泉 うめひびきに泊まる大分・博多旅行記2日目、朝6時に起きてまずは大浴場へむかいます。前述の通り翌朝の女湯は「青軸」の方になっていて、寝湯はできず。時間が早いせいか大浴場に人はほとんどおらず独り占め状態。しかし朝日を見ようとしたら山に隠れてなかなかでて来ず、しばらく粘りましたが、のぼせそうなのでもう出ます。部屋のお風呂ももう一度入りたかったけど、後で外の梅酒蔵とギャラリーも見たいしもう...

10

2018

個室で頂く自慢の梅づくし養生膳―奥日田温泉うめひびき「白加賀」の夕食【大分旅行記】

12月に行ってきた奥日田温泉うめひびきの宿泊記の続き、美味しい夕食について。なお、宿泊した露天風呂付客室はこちら、館内はこちら参照。チェックイン時に予約した夕食の時間になったので、レストランへ向かいます。お庭を散歩している時にちょっとお話したスタッフの方に、「ここは食事が美味しいですよ~」ときいていたのでとっても楽しみ。私は和洋中なら和、その中でも梅やお酢など酸っぱい系の味つけが大好きなので、きっと...

02

2018

奥日田温泉うめひびきの館内まるっと探検編―どこを切り取ってもフォトジェニックな宿【大分旅行記】

12月にいった大分 旅行記、 宿泊したのは奥日田温泉うめひびきで、泊まった客室の本館『南高』の様子は既にアップしているので、こちらでは館内全体の施設をご紹介。グランドオープンしたばかりのこの宿はどこも真新しく、歩いているだけで心躍るモダンでおしゃれな内装。特に女性には堪らない、どこを切り取ってもフォトジェニックなお宿でした!...

15

2018

奥日田温泉うめひびき本館の露天風呂付客室「南高」宿泊編【大分旅行記】

12月にいった大分旅行記の続きです。今回の旅の目的は、グランドオープンしたばかりの奥日田温泉うめひびきに宿泊すること。飛行機と車を乗り継いで、大分県日田市大山にある梅の郷にやっと到着です。館内・施設詳細は別記事でアップするので、まずは泊まったお部屋、本館『南高』の様子から!すごい素敵でしたよ~。中ほどにはルームツアー動画も載せました。...

10

2018

都内から大分日田への行き方と、初めて成田第3ターミナルを使う時の注意点【奥日田温泉うめひびきに泊まる大分旅行記】

奥日田温泉うめひびきに泊まる大分旅行記、出発編です。旅行記概要でも書いたように、都内から九州に乗り入れる際は空路にて福岡空港を、そこから日田へはバスを使います。今回私ははじめてジェットスターとLCC専用成田第3ターミナルを利用し、どちらもちょっと癖のあるものだったので、初めて使う場合知っておいた方が良いなと思われる点を、都内から日田への行き方と一緒に書いておきます。...