旅行鞄にクリスティ

物語の世界へ入り込むような旅、心ときめくストーリーのある物を愛でるブログです。バッグにアガサ・クリスティを詰めて行く海外旅行が最大のご褒美。

Top Page > 九州・沖縄

30

2020

【沖縄ワーケーション】亜熱帯の森と海に囲まれたプライベートなヴィラBirthで仕事をしながら暮らすように滞在してきました【長期滞在】

仕事のことはとりあえずおいておいて、本当はどこでどんな暮らしがしてみたい? 大自然で自給自足生活、南の島、思い切って海外に…いややっぱり都会がいい…。きっと誰しも一度はそんな想像したことがあると思います。でもそれはあくまで仮定の話で、自分とは縁遠い夢物語に過ぎない。…そんな考え方がこのコロナでリモートワークの普及が一気に進んだことで、ガラッと変わりはじめました。通勤する頻度が減るならもっと好きなところ...

21

2020

11月の沖縄旅行の気温と女子旅的写真に映える服装・ファッションについて【女性向け】

11月に備瀬を中心とした沖縄旅行に行って来た時の、服装・ファッションについてまとめました。沖縄といえどいくら何でも11月、ジャケットは必要でしょう… いや、でも気温的には夏、半袖いけそうだ…。でもさすがに麦わら帽子は季節外れ…?でも冬に入りかけた都内から、いったいどんな格好をして行けばいいのか。以前冬に南国へ海外旅行に行く時の服装についての記事を書きましたが、国内でも冬に暑い場所に行く旅行はとにかく服装が...

13

2020

【那覇】車なしモノレールのみでノスタルジックな那覇を観光してきました【沖縄女子旅】

さて、先に備瀬でのステイについて書き始めていた沖縄旅行、旅程をまきもどって到着日に1泊した那覇での観光について書いていきます。当初はレンタカーで沖縄を回るつもりだったものの、この旅行の前に足を少し痛めており、高速運転中に痛みが振り返すと危ないので、車なしで公共交通機関のみで回ることになってしまいました。しかし公共交通機関といっても、バスは本数が少なく短い滞在で使うのは難しい。となるとモノレールのみ...

29

2019

【沖縄旅行記】備瀬のフクギ並木の早朝散歩とBirth the suiteの朝食バスケットで理想の朝を迎える【1日1組限定ヴィラ】

物語の中に入り込んだような備瀬のフクギ並木、その幻想的な雰囲気が味わえる一番の時間帯は、きっと早朝ではないでしょうか。ということで、備瀬のフクギ並木の中にある憧れの一日一組限定のシークレットヴィラBirth the suiteに宿泊した旅行記2日目は、備瀬に泊まった特権で早朝の備瀬のフクギ並木を夜明けとともにお散歩。そして映画に出てきそうな見るからにフレッシュな理想の朝食を頂き、海で遊び、名残惜しくチェックアウト...

15

2019

【Birth the suite宿泊記お風呂編】美しいバスルームで沖縄ハーブバス、そして夜の備瀬のフクギ並木【沖縄女子旅】

沖縄備瀬のフクギ並木の中にある一日一組限定の憧れのシークレットヴィラBirth the suite、そこに泊まることを決めて一番楽しみにしていたのがお風呂です!とにかく美しい。そして大迫力。真横に迫ったフクギの木を見ながら、重厚な大きなバスタブに朝摘みの無農薬沖縄ハーブを浮かべて入るバスタイムはまるで南国の王族気分。そして私はサンセットアペリティフの後に入ったのですが、夜のバスルームは朝とは全く雰囲気が変わるん...

12

2019

【Birth the suite宿泊記夕食編】インルームダイニングでフクギと波音に囲まれたサンセットアペリティフ & フレンチディナーを頂く【沖縄女子旅】

沖縄旅行で泊まった一日一組限定の憧れのシークレットヴィラBirth the suite。夕食もこの場所でしか味わえない、とっても素敵なものでした!私たちはBirthの「インルームダイニング」という、一流シェフによる沖縄食材のフレンチのコースをヴィラ内で頂けるプランを利用。これならチェックイン後はずっとヴィラにこもって、どこにも出ずに自分たちのペースで過ごせるのです。私は本当に備瀬のフクギ並木の中に、そしてBirthに泊ま...

05

2019

【Birth the suite宿泊記】備瀬のフクギ並木に泊まれる一日一組限定シークレットヴィラにて幻想世界に迷い込んできました【沖縄ホテル・ヴィラ】

写真で見かけてからどうしてもその中に入り込みたくなり、2年前に最初に訪れた沖縄備瀬のフクギ並木。異世界に迷い込んだような幻想的な並木道をサイクリングしながら、ふと小道にそれて生垣の中を覗き込んで見た一瞬で、とても目に焼き付いた建物がありました。それがこのBirth the suite。その時はホテル…?ギャラリー…?と何の建物かはわからなかったものの、ものごくおしゃれで、かつ フクギ並木の中にひっそりと溶け込む佇ま...

02

2018

【日田半日観光】豆田町商店街で江戸時代の趣きを残す古い街並みを散策-大分・博多旅行記

大分旅行2日目、豆田町商店街観光。これが大分・博多旅行記のラストです。宿泊した奥日田温泉 うめひびきをチェックアウトした後は、送迎の車で日田バスセンターまで行きます。旅のメインは宿ではあるものの、少しは観光もしたい、ということで日田から福岡空港に戻るまでの道すがらどこか良い観光地がないかと探したところ、とても行きやすい場所に白塗りの壁の商家が立ち並ぶ雰囲気のある古い街並みが残っていることがわかりまし...

19

2018

うめひびきに泊まったらここは外せない!梅酒蔵おおやまと、ギャラリーおおやま『進撃の巨人』展【大分旅行記】

大分の山あいの梅の郷にある隠れ家宿奥日田温泉 うめひびきに泊まったなら、この2つは行かねばなりません。観光というほどではありませんが見て回って小一時間ほど過ごせる施設が、うめひびきのすぐそばに、というか敷地内にあるのです。お酒好き、そしてマンガ好きの人は特に要チェックの、どちらも普通の温泉宿にはなかなかない、日田大山ならではの施設。うめひびき宿泊記の2日目、ゆったりお風呂に入ったり朝ご飯を食べたりし...

14

2018

朝もやテラスで絶景独り占め!奥日田温泉うめひびきの朝食【大分旅行記】

さて、奥日田温泉 うめひびきに泊まる大分・博多旅行記2日目、朝6時に起きてまずは大浴場へむかいます。前述の通り翌朝の女湯は「青軸」の方になっていて、寝湯はできず。時間が早いせいか大浴場に人はほとんどおらず独り占め状態。しかし朝日を見ようとしたら山に隠れてなかなかでて来ず、しばらく粘りましたが、のぼせそうなのでもう出ます。部屋のお風呂ももう一度入りたかったけど、後で外の梅酒蔵とギャラリーも見たいしもう...

10

2018

個室で頂く自慢の梅づくし養生膳―奥日田温泉うめひびき「白加賀」の夕食【大分旅行記】

12月に行ってきた奥日田温泉うめひびきの宿泊記の続き、美味しい夕食について。なお、宿泊した露天風呂付客室はこちら、館内はこちら参照。チェックイン時に予約した夕食の時間になったので、レストランへ向かいます。お庭を散歩している時にちょっとお話したスタッフの方に、「ここは食事が美味しいですよ~」ときいていたのでとっても楽しみ。私は和洋中なら和、その中でも梅やお酢など酸っぱい系の味つけが大好きなので、きっと...

02

2018

奥日田温泉うめひびきの館内まるっと探検編―どこを切り取ってもフォトジェニックな宿【大分旅行記】

12月にいった大分 旅行記、 宿泊したのは奥日田温泉うめひびきで、泊まった客室の本館『南高』の様子は既にアップしているので、こちらでは館内全体の施設をご紹介。グランドオープンしたばかりのこの宿はどこも真新しく、歩いているだけで心躍るモダンでおしゃれな内装。特に女性には堪らない、どこを切り取ってもフォトジェニックなお宿でした!...