旅行鞄にクリスティ

日々のあれこれを忘れ、手の届く贅沢で自分を甘やかし明日への活力を養うブログです。バッグにアガサ・クリスティを詰めて行く海外旅行が最大のご褒美。


星野リゾート 界 津軽で津軽三味線生演奏、館内散策編【青森 弘前・津軽旅行記】


9月6日その5 星野リゾート 界 津軽 津軽三味線生演奏 

夕食と温泉の後は、お待ちかねの津軽三味線生演奏タイム。ロビーの日本画の前には椅子が並べられていました。満月のところに光があてられているんだろうか、光って見える。

星野リゾート 界 津軽ロビー

まだちょっと時間があるので、ロビーの横にある売店を覗いたりして待つ。


ワンランク上の旅行を【一休.com】

津軽三味線を生で聞くのは初めて。津軽三味線の全国大会で最高位をとった先生の演奏が聴けるという。曲目は、津軽よされ節、津軽小原節、津軽あいや節、津軽じょんから節だったかな。あと1曲あったかも…。聴いている時はすっかり忘れていたけれど、一人で演奏しているんだよな。1個の楽器のみというのを忘れるぐらい迫力のある音、迫力のある演奏。

星野リゾート 界 津軽 津軽三味線星野リゾート 界 津軽 津軽三味線

後半は従業員の方2名も交えての演奏。お仕事の合間に従業員の方も先生にお稽古を付けて頂いているとのこと。うらやましい。

この後、ちょっと休憩を挟んで、「あどはだり」のお時間。楽器のお話や「サクラサクラ」の弾き方を習ったり、あっという間の30分でした。あいや節が華やかで一番気に入った。和の楽器っていいな。

ロビーのコーヒーを持って部屋に帰り、明日の予定を考えたりしてから就寝。おやすみなさい。


9月7日 朝風呂、館内散策

翌朝は、5時半におきて朝一でお風呂へ。大浴場は朝は5時から開いています。先にお一人入っている方がいましたが、その後はまた貸切状態。朝のお風呂は、光が入って夜とはまた違った雰囲気。

星野リゾート 界 津軽 大浴場

濡れ縁へ出て外を見てみると、離れた林の中をとことこと歩く大きな鳥が…!サギか何かが2羽いたのですが、すぐに引っ込んでしまった。また出てこないかなと見張っていたけれど、その後は見れず。お風呂上りにはまたまたリンゴ酢。やはり美味しい。

 ⇒お風呂詳細は 星野リゾート 界 津軽 館内編 参照

その後はロビーに行って朝のコーヒータイム。朝のロビーはとても爽やか。

星野リゾート 界 津軽

コーヒーマシンでコーヒーを入れて、新聞をチェック。ついでに時間もあるので、あたりを探検してみます。

ロビーの奥には、浮船という名前のライブラリーがあって、和菓子の本を見てみたり。美味しそう。読書スペースのソファもふかふか。飾ってあったこの子は、お風呂にいたりんごちゃん。ヒバりんごと言うらしい。かわいい。

星野リゾート 界 津軽星野リゾート 界 津軽

昨日着いたときはよく見なかったエントランスを見てみたり。ガラスに「界 津軽」と彫られていました。着いた時はテンションが上がっていたせいか気付かなかったけど(こんなに大きいのに)、入り口にはパンパスグラスと百合と椰子の大きな生け花があった。

星野リゾート 界 津軽 エントランス星野リゾート 界 津軽 エントランス

この旅館はいろんなところにガラスがふんだんに使われていているので、明るくて透明感がある。そうこうしているうちに7時になり、朝食の準備が整いましたとのお知らせがあったので、ついでに朝食に行ってしまおう。


星野リゾート 界 津軽はこちら


ワンランク上の旅行を【一休.com】

 


《楽天トラベル 高級ホテル/旅館ランキング》

 
       
 
         
関連記事

 青森,