旅行鞄にクリスティ

日々のあれこれを忘れ、手の届く贅沢で自分を甘やかし明日への活力を養うブログです。バッグにアガサ・クリスティを詰めて行く海外旅行が最大のご褒美。


星野リゾート 界 津軽 朝食と朝風呂編【青森 弘前・津軽旅行記】


9月7日その2 星野リゾート 界 津軽 朝食と朝風呂 

星野リゾート 界 津軽 朝食

ちょうどロビーにいた時に朝食の準備ができたと従業員の方が知らせに来たので、朝食会場には一番乗りで、そのおかげかまた窓際の席に座れました。目の前に広がるのは、見てこの景色↑!こんな景色を見ながら朝食が食べられるなんて、なんてすがすがしいんだ。


ワンランク上の旅行を【一休.com】

お食事処や大浴場から見える景色は、夏の今は迫力の緑ですが、きっと秋は紅葉したり冬には雪景色になって季節ごとに違う風景なんだろう。他の季節ににも来たくなるな。

星野リゾート 界 津軽 朝食

朝一はまずはリンゴジュース。果肉が入っていて美味しい。意外とさっぱりです。朝ご飯にはこれぐらいがちょうどいいよね。

星野リゾート 界 津軽 朝食

夜のとは異なり、絵が入って遊び心のあるお品書き。ご飯とお味噌汁はおかわりできます。

星野リゾート 界 津軽 朝食

朝ごはん、じゃ~ん!頂きます!

大鯵の干物はパリパリで香ばしく、炊き合わせの長芋も温泉卵も梅昆布も全部美味しかった。残さず全部食べましたよ!残さずどころか、とっても美味しかったので、私も姉もご飯2回もおかわりしてしまった…。2回とも同じ人におかわり頼んだのでちょっと恥ずかしかった。

星野リゾート 界 津軽 朝食 星野リゾート 界 津軽 渡り廊下

写真左は、お食事処「折鶴」を出たところにあった生け花。菊とレザーファンと石化柳かなぁ。いろんなところにお花が飾られていて、中でもこの生け花が渋くてかつ華があって一番好きだった。写真右の渡り廊下の休憩スペースには、薄に栗の生け花に、お月見団子が飾られていました。今年の十五夜は9月8日、明日です。リンゴもお供えされているのが青森らしい。お団子美味しそう…。

星野リゾート 界 津軽

お部屋前の廊下。廊下にも日の光が差し込むので朝はとても爽やかです。そういえば客室よりもっと向こうにある廊下の真ん中に階段があったわ…と思って降りていってみる。こぎん刺しの飾られた、ソファーのある休憩スペースになっていた。

星野リゾート 界 津軽

今日は三内丸山遺跡か青森美術館に行く予定でしたが、お宿があんまり快適なので予定を変更しぎりぎりまでここにいることにする。

気になっていた売店を覗きに、お財布を持って再びロビーへ。リンゴのかわいい箸置を買う。1個570円で6個買いました。こぎん刺しの布は買い忘れちゃった…。他にも食べ物系のお土産や、津軽びいどろ等があった。

お部屋でちょっと休んで朝食が消化されてきたら、またお風呂へ行きます。今度も誰もいなく貸切状態。手前の丸い子がヒバりんごのひばりちゃん。

星野リゾート 界 津軽 大浴場

淵に置いたり、お湯に放したり、心おきなく遊びます。かわいい。

星野リゾート 界 津軽 大浴場

お風呂上りに布団でごろごろしたり、ベランダに出て鳥を探したり。葉が生い茂っているので姿はよく見えず、大浴場で見れた鳥と同じ種類かどうかはわかりませんが、ここにも鳥が沢山いるようです。ガサッという音と鳴き声と、確かにいるのですが、目をこらしてもなかなか見えず。どうにか見つけたのがこれ。見難いですが中央の庇の間にいます。

星野リゾート 界 津軽星野リゾート 界 津軽

外の木にはもみじもあったので、きっと秋は紅葉が綺麗なんだろうな。

そうこうしていると、あっという間にチェックアウトの時間。名残惜しいですが、もう出発しなくてはなりません。チェックアウトを済ませロビーに座りふと横を見ると、天井が綺麗だった。建物の周りの池が光を反射して、天井で光が網目状にゆらゆら揺れて光っているのをコーヒーを飲みながらボーっと見ていた。

星野リゾート 界 津軽ロビー

送迎の車が来て、綺麗なお宿とももうお別れ。でも東京に帰る前に、お昼とお土産を買いに青森市内に少し寄っていきます。

星野リゾート 界 津軽


ワンランク上の旅行を【一休.com】

 


《楽天トラベル 高級ホテル/旅館ランキング》

 
       
 
         
関連記事

 青森,