旅行鞄にクリスティ

日々のあれこれを忘れ、手の届く贅沢で自分を甘やかし明日への活力を養うブログです。バッグにアガサ・クリスティを詰めて行く海外旅行が最大のご褒美。


コントワー・デ・コトニエ2017年秋冬展示会に行ってきました―トレンチ、マドプリュがグレードアップ、そしてSLASH販売終了


コントワーデコトニエ2017秋冬展示会

先に非常に可愛いプリントアイテムをピックアップして紹介してしまいましたが、先月大好きなブランドのコントワー・デ・コトニエ(Comptoir des Cotonniers)iconの2017F/Wコレクションの展示会に行ってきました。

コントワー・デ・コトニエiconは、1995年にフランスで誕生したブランド。自然体かつ女らしいファッション、そしてブランドコンセプトに「母と娘」を掲げていることからもわかるように世代の枠にとらわれないワードロープが特徴です。”これちょっと若すぎ?” とか "自分の年代らしい服装とは" とか考えず、普通にこの服好き・このデザインが着たいと感性だけで選んで大丈夫。そんな安心感と自由さがあるところが魅力です。それに何よりとにかく好みに合うんですよね。

コントワーデコトニエ

そんな感じで大好きなブランドの展示会とあって、完全に浮かれ切って行って参りました!どのぐらい浮かれていたかといえば、あまりに舞い上がり過ぎて、気が付けば試着するのを全く忘れるぐらい。無念。

そんなことはさておき、まずは秋冬シーズン全体の特徴をチェックしていきます。


コントワー・デ・コトニエ Fall / Winter 2017-18 Collection


この秋冬は、コントワー・デ・コトニエのこれまでの定番6アイテムが、さらにグレードアップして登場。なんと本場ロサンゼルスに専門施設を開設して研究・開発したジーンズに、メリノウール、カシミヤ、ライトダウンシリーズのマドモアゼル・プリュム、そしてコトニエと言えばのトレンチコート。

コントワーデコトニエ2017秋冬展示会

その中のいくつかをピックアップしてご紹介。


ホールガーメントニット


まずは一番上の写真の右のマネキンも着ているのがホールガーメントニット。通常のニットより、なんとなくすっきりして見える気がしません?

コントワーデコトニエ ホールガーメント
ホールガーメントコットンクルーネックニットicon

これ、縫い目が一切なく、編み機から直接立体的に縫い上げたニットなのです。通常縫い目の厚みは数ミリ程度だどおもうのですが、それがないだけでなんか全体的にすっきりして見える。縫い目に引っかからないので側面のもたつきがないのかな。いろいろ考えられますが一言でいってとにかくシルエットが綺麗なニットです。

コントワーデコトニエ ホールガーメントニット

縫い目のように見えるところは、編み方が変わっているだけ。なのでタグも生地の平面についてる状態。

コントワーデコトニエ ホールガーメント
(スカート)ビスコースカラフルミディプリーツスカート
icon

編み目も細かすぎずザックリしすぎず。なんか程よくしっとりしてて、手触りも良かったですよ。これはすごい人気でそう…と思ったら、先日すでに発売になり、マネキンの着ているVネックバージョンのホールガーメントコットンVネックニットiconの方がやはり今週の人気アイテム1位に。メルマガによると実際に着てみるとサイド部分が二の腕を程よくカバーしてくれるとのことで着やせ効果も人気の秘訣のようです。


畳めるリバーシブルライトダウン:マドモアゼル・プリュム


マドモアゼル・プリュム
マドモアゼルプリュムベーシックダウンジャケットicon

「マドモアゼル・プリュム」と言うのは、コトニエでずっと人気のライトダウンシリーズの名称。元はパリジェンヌには着ぶくれして見えるダウンは好まれずほとんど着られていなかったそうですが、コトニエですっきりシルエットのダウン「マドモアゼル・プリュム」を出したところそれが当たり、パリジェンヌにダウンが受け入れられるきっかけとなったそうです。私も実はあまりダウンが好きではなく、とりあえず実用的な物は持ってはいるのでコトニエではダウンは全くチェックしておらず、こんなのがあったとは気が付きませんでした。

以前からあったボックスシェイプタイプのダウンに、この秋冬はロングダウンが仲間入りしたそう。しかし私はこのボックスシェイプが気になり。

マドモアゼル・プリュム

これの良いところは―

  • パリジェンヌも認めるすっきりしたシルエット
  • リバーシブルで着れる
  • 片面にはパイピングが施され、パイピングのない面も袖口等から反対面の差し色がチラリズム
  • 畳んで巾着にコンパクトに収納できる

マドモアゼル・プリュム

畳むとこんなに小さく。なにこの高機能おされダウンは!

こういうのは畳むのが難しいのかと思ったのですが、簡単にできるというので巾着に収めるまでを動画で撮ってみました。突然の動画撮影にも動揺することなく、畳み始めてから収納し終わるまで実時間でわずか40秒足らずで終えるコトニエの方。実際にプライベートでも着用しているとおっしゃってましたが、これは相当愛用されている…?スタッフ愛用品だと、なおさら欲しくなりますね。早送りにした10秒動画がこれ↓
 


以前、旅行で飛行機内に持ち込めるようコンパクトになるダウンが欲しいと書いた覚えがありますが、これまで見てきた畳めるダウンはどうしても簡易的で実用的な見た目が好みじゃなくて買うには至らず。でもこれなら買いたい、これならというかこれが買いたい。よく見ると両面でダウンの縫い方が違うところもまた良い。

新たに3色が発売予定のようです。たしか9月か10月発売予定のコーナーにあった気がする。10月に長めの旅行に行く予定なので間に合えば持ってきたいな。オンラインショップ見張ってないと。

マドモアゼル・プリュム

今のところ私は展示会会場にあったネイビー×ピンクを買おうかなと思っている。ネイビーメインで着て袖口からピンクをチラリズムしたいです。

マドモアゼルプリュムベーシックダウンジャケットicon

※追記 ダウン買いました!カシミヤニットドレスの記事に写真アップしています⇒コントワー・デ・コトニエの女性らしさ5割増しカシミヤニットドレス



トレンチコート


この調子で書いているといつまでたっても終わらないので、ちょっとサクサクいきますよ。秋冬のコントワー・デ・コトニエ・と言えば、トレンチ!

コントワーデコトニエ トレンチコート

コトニエのトレンチは佇まいが素敵。この春のトロッとした生地のトレンチと違って、秋冬はハリ感のある生地に。

コントワーデコトニエ トレンチコート

着丈も長いので恰好よい感じですね。ちょっと光沢のある生地で、平織りのトレンチと違ってしわになりにくいのだそう。


カシミヤニット


コントワーデコトニエ カシミヤニット

しっとり柔らかなカシミアニットは、冬の定番ベーシックアイテム。

カシミヤ

しかししかし異素材を使ったりリボンがあったりとニットの後ろ姿にも小技の効かせるコトニエの秋冬のカシミヤニットは、ただのベーシックではなく―

コントワーデコトニエ カシミヤ

カシミヤ Vネックカーディガンicon

2ウェイデザイン!前後両方で着られるできる子。カシミヤは高いから、1枚で2パターン着れるのはとても嬉しいw それに私は袖のリブの所が長いだけでおしゃれ感が3割増しになると思いこんでいるので、こういうデザインは大好きです。




旅の相棒:スラッシュの販売終了


グレードアップする定番もあれば、去っていく定番もあり。なんと私の大好きな大好きな旅の相棒スニーカーslashが販売終了に。

コントワーデコトニエ slash スラッシュ スニーカー


それを聞いて、まだしばらく履けるけど念のため予備でもう一足買おうかと思ったら、もう白のレザーは売り切れ。おーまいがー。色違い素材違いならSALEiconページにほんの少しだけあるので、もしスラッシュスニーカーを買おうと思っている人がいたら、これがラストチャンスです。

ちなみに、レザーじゃないけど斜めのシューホールがちょっと似たデザインのキャンバススニーカーはまだ売っていて―



【COMPTOIR DES COTONNIERS】キャンバススニーカー

また秋冬には新しいレザーの白スニーカー↓も出るようです。

コトニエ スニーカー 2017

レザースニーカーicon

こちらもぽっくりしたシルエットが可愛い。でもやっぱりスラッシュが…。


その他気になったもの


その他まだまだ気になったものもあるのですが、全部はもう紹介しきれず。たとえば、なかなか他ブランドでは見ない毛足の長いモヘア。

コントワーデコトニエ モヘア

コトニエの方曰く、「女子の永遠の憧れフワフワモヘア」…確かに!毛足の長いフワフワのモヘア、そして前の記事で書いたニットの袖からちらっと覗く手は幾つになっても惹かれる、女子のお手本スタイルですね。

コントワーデコトニエ モヘア 袖チラ

コットンレオンメッセージTシャツicon

そしてコトニエのマスコット犬、レオン君Tシャツや(今期はずいぶん控えめになってシルエットに)―

レオン君Tシャツ

こっくり色のプリーツ

コントワーデコトニエ 2017秋冬

先に紹介したプリントアイテム等々、コトニエの2017秋冬新作は好みな物ばかり。ここは天国ですかね?一体何時間居座ったんだろう、と思うぐらい満喫しましたわ。プリントトップスに、メリノリブボーダーニットに、マドモアゼル・プリュムに、買いたいものが沢山。発売されるのが待ち遠しいです。

なお、ホールガーメントニットやBUBBLEプリントなど早いものはもう発売になっていて、オンラインショップでは早くも在庫なし表示になってしまっているものもあり。コトニエでは特に小さいサイズは売り切れが早い印象があり、でも在庫復活も不定期であるので、オンラインショップiconはちょくちょくこまめに覗くのがおすすめです!

コントワー・デ・コトニエ公式通販サイトicon

コントワーデコトニエ2017秋冬展示会

ブランド詳細
ブランド名Comptoir des Cotonniers(コントワー・デ・コトニエ)
創業1995年(フランス)
日本上陸2006年
公式サイトコントワー・デ・コトニエ 公式通販サイトicon

 
       
 
         
関連記事

 コントワー・デ・コトニエ,スニーカー,