旅行鞄にクリスティ

日々のあれこれを忘れ、手の届く贅沢で自分を甘やかし明日への活力を養うブログです。バッグにアガサ・クリスティを詰めて行く海外旅行が最大のご褒美。


今年はリンツティディにガールフレンドが!リンツ(Lindt)の可愛いクリスマスチョコレートが届きました



Instagramでアンバサダーをしているリンツから、クリスマスのチョコレートが届きました。リンツのお店が最も華やぐのがクリスマスのシーズン、ということで、もう見ているだけでもウキウキしてくる可愛いチョコレートたちをご紹介します!



リンツはどんなブランド?


ブログで何度も紹介しているリンツですが、検索から来てこのページから初めて読む方もいるので一応毎回説明を。

リンツ(Lindt)は、スイスで1845 年に創業、現在では世界120 カ国以上で愛されているプレミアムチョコレートブランドです。

ブランド名となっているリンツは、今ではあたりまえとなっているチョコレートのなめらかな口どけを初めて可能にした「コンチング・マシン」を発明、スイスをチョコレート立国たらしめた、ロドルフ・リンツ氏の名に由来します。

口に入れた途端にとろける、コロンと丸いリンドールが特に有名ですね。美味しい美味しいチョコレートです。


リンツのクリスマスチョコレート


さて、そんなリンツの今年のクリスマスチョコ、今年はどんなものがあるかな―?


可愛いリンツテディ&リンツテディガール


まずボーンと目入ってきたのは、手のひらから溢れるほどの大きなティディベアチョコ。リンツのクリスマスのシンボル、リンツテディです。

これは幼いころの幸せな記憶の象徴であるティディベアを、高品質のミルクチョコレートでかたどって愛情をこめて作り上げたもの。

リンツテディ リンツテディガール クリスマス

(右)リンツテディ 880円
(左)リンツテディガール 880円
クリスマスツリー:日比谷花壇

…?!  2人います!リンツテディガールです。今年はなんとリンツテディにガールフレンドができました。ということでクリスマスデートのリア充写真を撮りました。

むぎさん(@mugi_mugi333)がシェアした投稿 -



プレゼントにリンドールを持ってやってきたリンツティディガールと、後ろ手にそれ以上のリンドールを隠し持って待ってるリンツテディ的な写真です。リンツティディガールの表情がほんと可愛い。ちなみに、後ろの背景は、後半で紹介するアドベントカレンダーです。

これは可愛くてとても食べられないので、まだしばらくは飾っておきます。


オーナメントになるミニリンツテディ&ミニスノーマン


ミニリンツテディ ミニスノーマン

ミニリンツテディ5x10g 750円
ミニスノーマン5x10g 750円

そんなリンツティディと、スノーマンがミニサイズになった5連チョコレートがこちら。こちらはガールフレンドはいないようです。

ミニリンツテディ

リンツティディが100gなので、約1/10のミニミニサイズ。

ミニスノーマン

5連なのですが、今年から台紙が切り離せるようになっています。なので台紙に紐を通してツリーに飾ったりもできるんですよ!

ミニリンツテディ

こっちも可愛くって、いろんなところに飾っているので食べられないw


人気のアドベントカレンダー


クリスマスグッズとして、日本でもすっかり定着してきたアドベントカレンダー。日付の記された24 個の窓を、12 月1 日から毎日1 つずつ開けて行くという、クリスマスの日をカウントダウンをしながら心待ちにするカレンダーです。

リンツのアドベントカレンダーは、窓の中に入っているのはもちろんチョコレート。

リンツテディアドベントカレンダー クリスマス

リンツテディ アドベントカレンダー 2017 2,280円
ランチョンマット:ASA ( アザ )
ストール:ロキャロン ラムズウール100%厚手大判ストール

リンツの2017 年のアドベントカレンダーは2 種類あって、このリンツテディが顔を出す「リンツテディ アドベントカレンダー」の他に、毎日1 つリンドールをいただく小さな贅沢が楽しめる「リンドール スノーマン アドベントカレンダー」があるそうです。

アドベントカレンダーというだけで、なんだかワクワクして心が温まるのに、さらに中に入っているのがリンツとなると、これはもう非常に幸せなクリスマスグッズですね。

12/1から開けて行くものなので、これもまだ食べずに(開けずに)飾っています。リンツおあずけ状態!


定番ギフトボックス


最後は、みんな大好きリンドール。

リンドールクラシックギフトボックス

リンドール クラシック ギフト ボックス 28個入り 3,500円

しっかりした箱に入った、高級感あるエレガントなギフトボックス。

リンドールクラシックギフトボックス

蓋を開けてもとっても華やか。ミルク、ホワイト、ダークフレーバーのリンドールがバランス良く入っています。なんだか、このままツリーに吊るして飾りたいぐらい。

リンドールクラシックギフトボックス
お皿:ARABIA Paratiisi

いやいや、飾ってばっかだと食べられないし!ということで、これはちょっとずつつまんでもうなくなりかけ。とろけるリンドール、至福の味です。


リンツではいろいろなクリスマスキャンペーン中


ということで、もう可愛くて食べるのが惜しいチョコレートばっかりでした!おまけ写真↓

ミニスノーマン ミニリンツテディ

リンドールの偽物がいる気配が…?と雪だるま会議を開くスノーマンたちと、リンドールのプールに飛び込み恍惚の表情を浮かべるリンツテディ、的な写真。

ミニスノーマン ミニリンツテディ

全体図。

もう、写真撮りながらついつい遊びたくなる可愛いリンツのチョコたち。写真を撮るのがかなり楽しかったですね。そしてクリスマスがきたら、やっと食べる楽しみが…。あぁ、食べられるかな。食べてしまうのがほんともったいない。

なおこの他にも、リンツではまだまだたくさんクリスマス限定のチョコレートが出ているので、お店の方もぜひチェックしてみてください。

ちなみに、12 月25 日(月)までの期間中、リンツの店舗にて(アウトレット店を除く)、税込8,500 円以上の購入で背中にLindt の刺繍がほどこされたトナカイのぬいぐるみ(数量限定)のプレゼントがあるそう。大量買いの予定のある人は、実店舗へGO!

スイスのプレミアムチョコレートブランド「Lindt リンツ」


 
       
 
         
関連記事

 リンツ公式インスタアンバサダー,